fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

確かに成型炸薬はね。

私の好きなマンガの一つに園田健一作の「GUN SMITH CATS」と言うマンガがあります。

連載再開して「GUN SMITH CATS BURST」としてコミックスも出ているんですが、最新の3巻目ではRPG-7が出てくるんですよね。

最近は映画などでも使われたりするために、結構知名度が上がった携帯型兵器だと思うんですが、対戦車用の成型炸薬弾頭を撃ち出す兵器です。

無反動型のロケットランチャータイプなので、いわゆるバズーカに近いものと思っていただければいいんですが、弾頭の破壊力が大きく、戦車も装甲車も対成型炸薬弾対策を余儀なくされることになりました。

発射時に後方に発射炎が出るので、後方に燃えるものや壁などがあると射手はひどい目に遭っちゃうわけですが、映画などでは平気で車内などから撃っていたりして結構笑えちゃいます。

その点さすがに園田さんはマニアックな方でもあり、きちんとRPG-7の発射を紙上で見せてくれますね。

しかも、成型炸薬弾の特徴であるジェット噴流による内部破壊という面もしっかり生かしてあり、車外に向けてジェット噴流を逃がすことで車内の人間の被害がほとんど無いという状況まで見せてくれるんですよね。

まあ、実際にはRPG-7には対人及び軟目標向けの榴弾弾頭もあるとのことなので、マンガ内のような状況ですとそちらを使ったほうがいいんでしょうけど、対戦車兵器で撃たれたらひとたまりも無いですよね。

もともとはドイツ軍が第二次世界大戦中に使ったパンツァーファウストがベースであり、旧ソ連軍が、使い捨てだったパンツァーファウストの弾頭をはめ込み直せるようにしたものというのがRPG-7と思ってもらっていいのかな。

安価で手っ取り早く強力な対戦車火力が手に入るので、テロリスト御用達みたいなところもあり、映画などでは悪役が使うことが多いですよね。

旧ソ連製兵器の安価でそこそこの性能という特徴をまさに具現したような兵器であり、AK-47アサルトライフルとともに世界の紛争には顔を出す兵器ではないでしょうか。

それではまた。
  1. 2006/10/03(火) 21:33:36|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<負けたー | ホーム | ライセンス生産なんかしなくても>>

コメント

うーん、ミリヲタってアクション映画とか見てても
「こんなことあるわけないじゃん!」
とかって突っ込みいれちゃうんですよね。
まあでも舞方さんのおっしゃっる通り、ちゃちな映画だと軟目標と装甲目標での弾頭の使い分けすらしてないグリーンベレー上がりの元軍人とかが平気で出てきますからね(笑)。
シュワちゃんはガトリング砲片手で打ってますし(笑)

で思うんですが、RPG7なんかの歩兵携行型火砲の登場って、ある意味火薬や銃器や航空機の登場と同じぐらいの
「戦争の革命」
ですよね。
21世紀の戦争である
「ゲリラ戦」
を語る上では欠かせない兵器ですし、
成型炸薬弾とあわせた運用は、陸の王者であった戦車の威を色あせさせてしまいましたし。

大戦時のベルリン攻略時にソ連軍が最も被害を受けたのは、地雷と廃墟と化した建造物の影からの銃器・携行火砲の攻撃だったそうですが、その時のソ連がこうむった被害の大きさは、今に至る対テロ戦争の現状を暗示するものだったのかもしれないですね。
  1. 2006/10/04(水) 00:49:05 |
  2. URL |
  3. 空風鈴ハイパー #-
  4. [ 編集]

革命的兵器

 おひさです。
 ガンスミスキャッツバースト3巻、私も買いましたよー。相変わらず無駄にマニアでステキにB級してますね。ロードバスターなら何をやっても許されるというか……(笑

 RPGはパンツァーファウストの系譜…と世間では言われていますが、わたしゃこの手のドイツ起源論には納得いかないものがあるんですよね。
 「成型炸薬弾投射兵器」というならバズーカやPIATだってありますし、ドクトリン的には、パンツァーファウストみたいな敗者の泥縄兵器ではなく、ソ連お得意の対戦車ライフルから分かれた枝だと思うのです。

 歴史的影響についてはハイパーさんが触れてますね。
 機関銃の出現が先進国と後進地域(国ではない)の軍事的な非対称性を拡大し、植民地の維持・拡大にいかに有効に機能したかということが『機関銃の社会史』という本に示されていますが、AK-47とRPGのコンビは、その先進国の優位をある程度相殺することに成功したと思うのです。
 ただし、それが列強諸国からの解放を意味するかというとそうではなく――
 米ソの代理戦争の鉄砲玉にされたり、どうでもいいような鉱山や水源地やメンツをかけたどつき合いでバタバタ人が死んでいったりするあたり、なんつーかどうにもならないものですな。
  1. 2006/10/04(水) 23:30:51 |
  2. URL |
  3. FX_MC #-
  4. [ 編集]

>>空風鈴ハイパー様
おっしゃるとおり詰まらないことに固執するといわれても仕方ないですねー。(笑)
確かに歩兵の戦闘力が格段に上昇しましたよね。
歩兵は戦場の女王ですが、陸戦の王戦車もたじたじですからね。
戦場に変化が現れたのは確かですね。

>>FX_MC様
なるほどー。
ソ連は対戦車ライフルの国ですからねー。
おっしゃることは良くわかります。
中東はまさに代理戦争でしたよね。
米ソの兵器が実戦で使えるかどうかの実験場でもありましたしね。
これからの実験場はどこになるやら。
  1. 2006/10/05(木) 00:05:03 |
  2. URL |
  3. 舞方雅人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masatomaikata.blog55.fc2.com/tb.php/109-9f28ad0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア