fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

今日は超超ショートなストーリーを二本

今日はブログネタもないことですし、pixivやX(旧Twitter)では投下しづらくなってしまったAIイラストを使って超超ショートなビフォーアフターストーリーを二本投下します。

楽しんでいただければ嬉しいです。
(*´ω`)


JKロボ

 「ねえ先生、なんか用なの? アタシこれからサチと遊びに行くんだけど」
 「できれば手短かにお願いします、先生」
 露骨に不満げな表情でこちらを見てくる二人。
 ポケットに手を入れて、いかにもイラついているという感じだ。

女子高生4

 この二人、もともと頭は悪い方じゃない。
 成績だって中くらいだ。
 だが、どうにも勉強をしようという気が無いうえ周囲を見下すところがあり、他の生徒たちとは折り合いが悪い。
 このように教師にも舐めた態度で接してくる。
 親が実力者のためか、誰からも文句は言われないと思っているのだろう。
 全く困った二人だ。
 だから……
 ふふふ……

 「あ? 何笑ってんのさ先生?」
 「先生がそういう態度じゃ困りますけど?」
 そうだな。
 それじゃ……
 俺はポケットからスプレー缶を出してガスを吹き付ける。
 「えっ? あっ……」
 「な? ああ……」
 ガスを吸って意識を失う二人。
 悪く思うな。
 これはお前たちを素直ないい子にしてやるためなんだからな……

                   ******

 「で、次は何をすればいいの、先生?」
 「JK03、ここにはほかに人はいないのだから、先生ではなくマスターとお呼びすべきよ」
 「あ、そうだった。マスター」
 「私の両親には事故に遭ってもらいました。次のご命令をどうぞ、マスター」
 ふふふ……
 JK03とJK04。
 すっかり俺のいうことを聞くようになったな。
 えらいぞ。
 これで俺のクラスから問題児はいなくなったわけだ。
 ついでにうるさく言ってきそうな親も。
 ふふふ……

女子高生ロボットペア3

 「ねえ、マスター、次は何を?」
 「私たちはマスターの忠実なロボットです。何なりとご命令を」
 さて、こいつらに何をやらせようか……
 ふふふ……



怪盗ロボ

 「怪盗『X(えっくす)』が姿を現すという酒場はここね。なんとしても奴の正体を暴いてやるわ」
 私は情報屋から伝え聞いた一軒の酒場のドアを開く。
 中は落ち着いた雰囲気のよさそうな酒場だ。
 なるほど、ここならおいしいお酒が飲めそうではあるわね。

 私はテーブルについてカクテルをオーダーする。
 酒場に来て何も注文しないというわけにもいくまい。
 酔わない程度に少しずつ飲みながら、誰が『X』なのか観察しようというわけだ。
 すでにここにいるのか?
 それともこれから現れるのか?
 靴跡の大きさや監視カメラに映った姿から男だというのはわかってはいるものの、顔は常に仮面をつけているためにわかっていない。
 だから誰が『X』なのかは正直わからないのだけど、刑事としての私の感覚が何かを感じるかもしれないわ。
 ともかく、何かを掴んでは帰りたいところね。

 「ん……」
 おかしいわ……
 まだカクテルを一杯しか飲んでいないはずなのに、急に眠気が……
 あ……
 まさか薬を?
 私が来ることは知られて……
 まずい……
 寝ては……
 いけ……な……

眠る女

                    ******

 「ふふ……」
 ごく普通の施錠など私にはたやすくこじ開けられる。
 監視カメラはあそこね。
 私は強烈な電波を出してカメラを焼き切り、先へと進む。
 マスターのお望みの物を奪うのだ。
 なんて楽しいのだろう。
 獲物を盗み取ることがこんなに楽しいことだとは知らなかったわ。
 いけないいけない。
 楽しんでいるだけではだめ。
 私のプログラムが興奮と同時に冷静さも呼び起こす。
 マスターのためにしっかり働かなくては……

スパイロボット3

 酒場で眠ってしまった私は、怪盗『X』様、今では私のマスターであるラジット様によってロボットに作り変えていただいた。
 刑事などという愚かな存在だった過去の私は消え、私はラジット様のために働くロボットになったのだ。
 今では私が怪盗『X』としてラジット様のお望みの獲物を盗んでくる。
 そのために作られた躰は最高。
 どうして今まで人間なんかだったのかわからないくらい。
 ロボットは最高だわ。

 私はプログラムの命じるまま、ラジット様のために獲物を求めて深夜のビル内を進むのだった。


いかがでしたか?
いずれも「SeaArt」君に作っていただいたイラストです。
JKの方は首から下だけを変更してもらったもので、怪盗ロボの方は別々に出したものをビフォーアフター風にまとめました。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2023/11/21(火) 18:52:10|
  2. AIイラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー

10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア