FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

こういうシチュって好きじゃないですか?

なんか今日は書くネタがないので、こういうシチュが好きですーというようなものを。
45分ぐらいででっち上げたものです。(笑)

ズーギャット化したナイトブルー

「いやっ! いやだぁ! 魔物になんかなるものかぁっ!」
両手を鎖につながれ、柱に吊るされている一人の女性。
その躰はボロボロになった衣装に包まれており、皮膚にもいくつかのミミズ腫れが走っている。
その衣装はつい先ほどまでは彼女の躰を守り抜いていた青いバトルスーツであったものの、今はもうただの布切れと化していた。

「ククククク・・・魔物ではない、魔獣だ」
ケージに入った黒い毛むくじゃらの動物を持ってくる魔将軍。
さんざん手を焼かせてきたこのナイトブルーを、この魔獣と合成し、彼のペットとしてやるのだ。

「どっちでもいやっ!」
罠とも知らずに踏み込んだ結果がこのざまということにナイトブルーは後悔したが、決して屈するつもりはない。
何とか時間を稼いでいれば、パートナーであるナイトレッドが助けに来てくれるはず。
それまでは・・・
とはいうものの、まさか拷問や尋問ではなく魔獣と合成しようとなどされるとは思いもしなかった。
合成されてしまえばどうなってしまうのか・・・
想像するだけでも恐ろしい。

「ククククク・・・心配はいらん。こいつはズーギャットと言って、どう猛だが主人にはよく懐く。お前もすぐに俺に懐くようになる」
「ふざけないで! どんなことになってもだれがあなたになど!」
ガチャガチャと鎖を鳴らして身をよじるナイトブルー。
だが、しっかりと手首を固定され、どうにも外れそうにない。

「ギシャァァァ!」
ケージの中で黄色い目を光らせてナイトブルーをにらみつけているズーギャット。
地球の猫のような生き物のようだが、こんなものと融合されるというのだろうか?

「ククククク・・・」
ケージの中からズーギャットを取り出す魔将軍。
ゴロゴロと喉を鳴らし甘えてくるそのズーギャットを、魔将軍は脇にある機械に放り込む。
そしてスイッチを入れると、機械はグオングオンと音をたて、同時にズーギャットの断末魔の悲鳴のような鳴き声が響いた。
「な、なんてことを!」
思わず目をそらすナイトブルー。
まさかあの生き物を機械で殺したというの?

やがて機械から液体が流れ出し、下に置かれたグラスに注がれる。
青黒いその液体はグラスに満ち、あふれんばかりとなったところで、流れが止まる。
「ククククク・・・」
そのグラスを手に取る魔将軍。
「特殊な薬剤とズーギャットの体液のカクテルだ。これをお前に飲ませれば。ククククク・・・」
「そんな・・・」
あれを飲まされるというの?

必死に口を閉じて抵抗するナイトブルー。
だが、鼻をつままれ、呼吸せざるを得なくさせられてしまい、ついに口を開けてしまったところにグラスから液体が流し込まれる。
「ガッ! ガハッ!」
喉を滑り降りていく液体を何とか吐き出そうとしたものの、液体はすでに彼女の胃の中へと流し込まれてしまっていた。

「ククククク・・・またあとで来てやろう。お前の生まれ変わった姿を見るのが楽しみだ」
全身が焼けるように熱く、苦悶の表情を浮かべるナイトブルーをその場に残し、魔将軍は姿を消した。

                   ******

椅子に座る魔将軍。
その足元には黒い毛におおわれた女性型の魔獣が躰を摺り寄せていた。
胴体と両手両足を黒い毛で覆い、むき出しの二の腕と太もも、それに顔は青黒い肌になっている。
爪は鋭く、歯もギザギザで犬歯が鋭い牙になっている。
目は黄色く、らんらんと輝いていた。
お尻からはふさふさの毛で覆われた尻尾が伸び、ゆらゆらと揺れている。
それはまさにズーギャットとナイトブルーの融合した姿だった。

「ククククク・・・かわいい奴め」
「ギニャア・・・嬉しいですぅ。私はご主人様のもの。ご主人様のためなら何でも致しますぅ」
頭を撫でられ、幸せそうに身を寄せるズーギャット化したナイトブルー。
「もうすぐナイトレッドがここに来るだろう。そうしたらどうする?」
「ギニャア・・・ご主人様に歯向かうものは私がこの爪と牙で引き裂いてやります。ご主人様の敵は私の敵ですぅ。ギニャア」
鋭い爪を振りかざす彼女。
「いい子だ。楽しみにしているぞ」
「はい、ご主人様。ギニャア」
満足そうな魔将軍の顔を見て、彼女は幸せそうに躰を摺り寄せた。

END

こういうのいいですよねー。
このあとは彼女の変貌に戸惑うレッドとのご対面ですよね。
むふふふふ・・・

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/11/25(月) 19:27:20|
  2. 改造・機械化系SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア