FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

日清戦争をソロプレイ

今日はゲームジャーナル誌21号付録の「日清戦争」をソロプレイいたしました。

ゲームジャーナル21
ゲームジャーナル誌21号の表紙。
この号にはゲームが三種類も付録で付いており、お買い得な号となってました。

「日清戦争」は、明治の日本が当時のアジアの大国清に対して挑んだ戦争で、ゲームでも兵力的には日本軍が劣勢です。
しかし、このゲームでは何をするにも「弾薬ポイント」が必要であり、部隊編成や移動にも戦闘にもこの弾薬ポイントを消費しなくてはなりません。
弾薬ポイントとは言うものの、言ってしまえば人員を含めあらゆる物資の補充能力を数値化したものと言えるでしょう。
この弾薬ポイントは、一ターンに四ラウンドある各ラウンドごとにダイスで決められますが、日本軍がダイス一個分のポイントを得られるのに対し、清軍はダイスを二個振って、そのうちの低い方の目の分しか得られません。
なので、やや日本軍に有利ではあるのですが、今回は清軍がかなりダイス目に恵まれました。
日本軍が1や2を出したときに、56とか45とか出してくることが多かったという。

19081403.jpg
こちらが初期配置。
日本軍(白地に赤)は動員ボックスを含めても二ユニットしかありません。
個々の戦闘力は日本軍がサイコロ5個振れるのに対し清軍は4個と日本軍が有利なのではありますが、何せ数がない。

とはいえ、弾薬ポイントの獲得状況次第では、清軍は弾薬ポイントが欠乏して反撃すらできないような状況も起こるのですが、今回は何せ清軍のダイス目がよく、弾薬ポイントも終始日本軍を上回るような状況。
こうなると日本軍は数の少なさがつらくなります。

19081404.jpg
それでも日本軍は部隊を進めていきますが、この4ターン終了時点ですでに三個ユニット(三個旅団)を失っており、勝利条件達成はもはや望み薄状態。

19081405.jpg
6ターン終了時にはここまで進むも、この後さらに日本軍は一個ユニットを失い、もはやここまでということで清軍と講和を結んでゲーム終了。
東洋の小国が大国に無謀にも挑んで予想通りに敗北したということになり、おそらくこの後半島権益も失っていくことになるのでしょう。

このゲームはユニット数も少なく、1ラウンドあたりもサクサクと進むのではありますが、実質4倍のターン数となるので、やや時間はかかりそうです。
でも、日清戦争のゲームというのはほかにあんまり記憶になく貴重なゲームと言えそうですし、プレイしても面白いことは面白いゲームだと思います。
ゲームジャーナル誌21号自体はとっくの昔に絶版ではありますが、中国でこのゲームがライセンス生産されているので、中国版は手に入れることは可能らしいですね。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/08/14(水) 19:00:51|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア