FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

悪の歌

14周年記念シチュのみ超短編SSの二本目です。
タイトルは「悪の歌」です。
これも短い作品ではありますが、お楽しみいただけましたら幸いです。

それではどうぞ。


悪の歌

『またしてもトライデントファイターにしてやられたではないか! 愚か者め! 恥を知れ!』
「ハ、ハハァッ!」
壁に掲げられた奇妙な文様から流れ出る重々しい声に、思わず平伏する男。
その巨体をトゲだらけの鎧に収め、兜から覗く眼光は鋭いものの、その背中には冷たい汗が流れている。
大王様のお怒りはごもっともなのだ。
これまで何度となく魔獣を繰り出し地球制圧を目論んできたものの、そのすべてはトライデントファイターに倒されてしまっている。
戦闘員たちなどは数えることすらバカバカしくなる数だ。
これ以上の失態は彼自身の命すら危うくするだろう。
なんとしてもこの地球を大王様に献上せねば・・・
邪空結社ジャドーガンの地球制圧部隊長として派遣された彼、ドリーゴンとしての立場がないというもの。
何とかせねば・・・

「ふう・・・」
とりあえずそれ以上の叱責は免れたようで、ホッとして大王の前から下がってきたドリーゴン。
だが、これ以上何をどうすればいいのか、彼にも妙案があるわけではない。
強力な魔獣はこれまでも何回も送り出してきた。
中にはオメガ星を滅ぼした魔獣すらいたのだ。
だが、トライデントファイター連中を追い詰めはしたものの、結局は倒されるという結果に終わり、ドリーゴンを驚愕させた。
力だけでは奴らを倒すのは難しい。
そのことはドリーゴンとしても認めざるを得なかった。
ではどうすれば・・・

「お困りのようですなぁ、ドリーゴン閣下」
「むっ?」
苦悩の表情を浮かべていたドリーゴンが、声をかけてきた方へと振り返る。
そこには、胴体部分に四角いテレビモニターを備え、顔の部分が巨大なスピーカーの形をした頭部を持ち、右手の先にはマイクが付いているという奇妙な姿をした人物が立っていた。
「なんだ、誰かと思えばカラオーケンではないか。今は忙しいのだ。お前の歌など聞くような場合ではない」
ふんとばかりにカラオーケンから視線を外すドリーゴン。
ジャドーガンの宴会部長などと言われているカラオーケンごときが口を出すような問題ではないのだ。

「いやいや、ドリーゴン閣下。ちょっと我輩にアイディアがあるのですが」
いつもならへらへらと笑ってすぐに退散するであろうカラオーケンが、いつになく食い下がる。
アイディアだと?
「ふむ。よかろう。言ってみろ」
「ハハァッ。閣下もご存じとは思いますが、我輩の能力は他人に歌を歌わせること。我輩のモニターに歌詞を流し、我輩がマイクを向ければ、そのものは思わず歌ってしまうのです」
「そんなことはわかっている」
だからこそ、ジャドーガンの宴会部長などと言われ、歌いたくないものにも無理やり歌わせることで場を盛り上げさせることができるのだ。
「ですがそれだけではありません。我輩の能力は歌に合わせて歌った者の意識に刷り込みを行い、歌詞に合わせた行動をさせることもできるのです」
「なんだと?」
「例えばモニターに映る歌詞が『あなただけについていく』などというものだったらどうでしょう? その歌を歌った者は、我輩の後をついて歩くようになるのです」
「なんだと? なぜそんな能力があることを今まで黙っていたのだ!」
思わず声に力が入るドリーゴン。
「はあ、聞かれませんでしたので・・・」
確かにカラオーケンにお前の能力はどんなものだとは聞いてはいない。
だが・・・だからと言って・・・

「むう・・・まあいい。よし。やってみろ。お前の力でトライデントファイターを倒してみろ」
とりあえずやらせてみることにするドリーゴン。
「ハハァッ! ご期待あれ」
ドリーゴンに一礼してその場を去っていくカラオーケン。
その後ろ姿を見て、これはもしやひょっとすればひょっとするかもしれんとドリーゴンは思うのであった。

                   ******

「お疲れ様でしたー」
司令室を後にして、セキュリティチェックを抜け、地下駐車場に出る。
商業ビルの地下が地球を守るために拠点となっているとは、さすがにジャドーガンと言えども気付かないだろう。
とはいえ、油断は禁物。
あくまでも勤務を終えて自宅へ帰るように見せかけなくては。
トライデントイエローこと伊江路紗友里(いえじ さゆり)は目立たない一般的な軽自動車に乗り込み、地下駐車場を後にした。

トライデントファイターは三人のチームである。
それぞれ赤・青・黄色の三色のバトルスーツに身を包み、謎の侵略者ジャドーガン一味と戦っているのだ。
バトルスーツは特殊な布で作られており、装着者の身を守ると同時にその力を強化してくれる。
そのため、彼女のような女性であってもジャドーガンの魔獣と互角の戦いができるのだ。
また、どういうわけかバトルスーツには適性のようなものがあるらしく、スーツの能力を極限まで発揮させることができるのは女性に限られていた。
男性が着用しても、女性が着用するほどの能力強化とはならず、かえって女性が着用するより劣ってしまうため、現状トライデントファイターの三人は全員女性という状況だった。

「そうだ。帰る前に買い物していかなきゃ」
紗友里は車を総合スーパーに向ける。
食事は本部の食堂でも摂ることができるが、彼女とて女性。
スイーツの一つ二つは常備しておきたいものなのだ。
この総合スーパーには贔屓のスイーツ店がある。
自分へのお土産に買っていくとしよう。

「ふんふんふーん」
総合スーパーの駐車場に車を止め、鼻歌交じりで車を降りる。
時間も遅いせいか、駐車場はがらんとしてほかに車も数台しか止まっていない。
いつもなら閉店が近づくこの時間帯だと、値引きをされた売り切り商品を目当ての買い物客もいるのだが、ほかの客の姿もない。
何となく変だとは思いつつも、紗友里はスーパーへの入口へと向かう。
まあ、おそらく店内に入ればいつもと同じように客もいるのだろうと思いながら。

「ケヒヒヒヒ・・・お待ちしておりましたよ。トライデントイエロー」
駐車場の柱の陰からヌッと姿を現す人影。
いや、それは人間ではなく、異形の存在だった。
ぱっと見は太めの人間のようだったものの、胴体部分には四角いテレビモニターがあり、頭部も顔の部分が大きなスピーカーになっている。
右手の先はマイクになっており、それを彼女の方へと差し出していた。
「なっ! ジャドーガン!」
すぐさま飛びのいて身構える紗友里。
まさかこんなところで待ち伏せされるとは・・・

「おおっと、そんなに身構えることはありませんよ。我輩はただ単にあなたにカラオケを歌ってもらおうと思ったまでなのですから」
「か、カラオケぇ?」
紗友里は一瞬あっけにとられる。
カラオケを歌ってもらおうとはいったい何の冗談なのか?
確かにこいつは今まで見たこともないやつだ。
これまでの魔獣とは全く違う。
それに言われてみれば、確かにカラオケの機械のような姿もしている。
だからと言って・・・

「我輩はジャドーガンのカラオーケンと申す者。見ての通りカラオケが大好きな者でしてな。ぜひ一度、トライデントファイターの歌声を聞いてみたかったのですよ」
両手を広げるようにして敵意はないと言いたげなポーズをとるカラオーケン。
だが、油断はできない。
相手はジャドーガンの一員なのだ。
これも相手の作戦かもしれない。
そう思った紗友里は、ひとまずバトルスーツの装着をしようとした。

「おっと、そうはさせませんよぉ。音楽スタート!」
カラオーケンの胴体のモニターが映像を映し出し、顔のスピーカーが音楽を流し出す。
「えっ? なっ!」
その音楽を聴いた途端、紗友里の躰はピタッと止まり、目は自然とモニターの方へと引き寄せられた。
「ど、どうして?」
やがて前奏が終わり、モニターに文字が表示され、その文字が流れるように色が変わっていく。
全く見たこともない文字なのに、紗友里の脳にはその文字が日本語のように見え始めてくる。
「ああ・・・わた・・・しは・・・」
カラオーケンの右手のマイクが口元に差し出され、紗友里の口が勝手に言葉を紡いでいく。
「そうそう。いいですよぉ。しっかり心に染み入るように歌ってくださいねぇ」
「あな・・・たの・・・とりこ・・・そのすがた・・・みるだけで・・・こころがはずむ♪」
だんだんと言葉が歌になっていく。
それと同時に紗友里の目もとろんとうっとりとしたものへと変化する。

「ああーわたしはーあなたのーとりこー♪ あなただけにーみをまかせーすべてささげるー♪」
やがてモニターの文字を目で追いながら大きな声で歌い始める紗友里。
「そうですよぉ。あなたは我輩のとりこなのですよぉ。ウヒヒヒヒ・・・」
一曲歌い終わるころには、もう紗友里はトライデントイエローに変身しようなどとは思わなくなっていた。
もっともっと歌いたい。
彼のカラオケでもっと歌いたい。
そう思うようになっていたのだ。

「どうです? もっと歌いたいですか?」
「はい。歌いたいです」
こくりとうなずく紗友里。
「では、我輩と来るのだ。よいかな?」
「はい・・・私はあなたのとりこ」
うっとりとした表情を浮かべ、カラオーケンに従う紗友里。
二人の姿はやがてかき消すように駐車場から消えていった。

                   ******

「ぜんうちゅうーすべてはだいおうさまにー♪ いだいなーだいおうさまとーわたしはあゆむー♪」
薄暗い一室にスポットライトが輝く中で紗友里の歌声が響く。
その目はモニターに映る文字を見つめ、音楽に合わせて躰を揺らしている。
その歌詞は彼女の心の中に染み込み、彼女の意識を変えていく。
「いい声ですねぇ。歌うのはとても楽しいでしょう?」
「はい、カラオーケン様。すごく楽しいです。なんだか自分が生まれ変わっていくような感じです」
一曲を歌い終え、にこやかにほほ笑む紗友里。
汗を拭き、用意されたドリンクを味わう。
「いいですねぇ。ではもう一曲歌いましょう」
「はい。カラオーケン様」
スッと再びカラオーケンの右手のマイクの前に立ち、モニターの映像とスピーカーからの音楽を待ち望む紗友里。
やがて前奏が流れ出し、人間たちが逃げ惑う映像が流れ出す。
「おろかなーちきゅうじんー♪ かとうなーおまえたーちー♪ われらがだいおうのしはいをうけよー♪ はむかうものはみなごろしー♪」
紗友里は楽しそうに躰を動かし、大声で歌い続ける。
その目はモニターを見つめ、その光景を当然のものと感じるようになっていた。
「わたしはーだいおうさまのしもべー♪ いだいなるーじゃどーがんのーいちいんなのー♪」

いったい何時間歌い続けているのだろう?
もう喉は枯れ、疲れ果ててもいいはずなのに、一向にそんな気配はない。
むしろもっともっと歌いたくなる。
カラオーケン様の歌を歌い、ジャドーガンの一員となる。
もっともっと・・・
いつしか紗友里は衣装を変えていた。
普通のOLのようなタイトスカートのスーツから、黒い躰にぴったりしたレザーのレオタードへ。
両腕には黒革の長手袋をはめ、両脚にはこれも黒革の膝までのロングブーツを履いている。
これはステージ衣装。
ジャドーガンの歌を歌うのにふさわしい衣装なのだ。
それがなんだか紗友里にはうれしかった。

                   ******

「ドリーゴン閣下」
「ん?」
次なる作戦のための新たなる魔獣の生成を命じ終え、ついさっき謁見の間兼司令室に戻ってきたドリーゴンにカラオーケンが声をかける。
その背後には黒革のレオタードを着た紗友里が付き従っていた。
「新たなるジャドーガンのメンバーを連れてまいりました。サユリよ、ドリーゴン閣下にご挨拶を」
「はい、カラオーケン様」
そう言ってうなずき、前に進み出た紗友里は、ドリーゴンの前で片膝をつく。
「ドリーゴン閣下。私はサユリ。偉大なる大王様及び邪空結社ジャドーガンに心から忠誠を誓います」
「こ、これは!」
モニター越しで見ていた憎き敵、トライデントイエローこと伊江路紗友里が彼の足元にひざまずいているではないか。
「クヒヒヒヒ・・・予想以上にうまくいきましたぞ、ドリーゴン閣下。どうやら地球人は精神的な支配には弱いようです。もはやこの者はすっかりジャドーガンの意識に染まりました」
ひざまずくサユリの後ろでスピーカーの形をした顔から笑い声を出すカラオーケン。
「うーむ、まさかこれほどとは・・・サユリよ、本当にお前はジャドーガンに忠誠を誓えるか?」
「はい。もちろんですドリーゴン閣下。私のような愚かで下等な地球人を大王様が取り上げていただいたことに感謝し、これよりはジャドーガンのために誠心誠意働くつもりです」
頭を下げて一礼するサユリに、ドリーゴンも満足する。
「うむ。ならば、ほかのメンバーも同じようにジャドーガンに加わるよう働きかけることはできるか?」
「もちろんです。きっとほかの二人もカラオーケン様とカラオケを歌えば、大王様の偉大さとジャドーガンのすばらしさに気が付くと思います」
顔を上げて目を輝かせるサユリ。
「では行くがよい。トライデントレッドとトライデントブルーの二人を我が下にひざまずかせるのだ」
「かしこまりました、ドリーゴン閣下」
サユリは一礼して立ち上がる。
そしてドリーゴンに背を向けると、カラオーケンとともに部屋を出ていくのだった。

                   ******

「なっ! ジャドーガンの一味?」
自宅に帰ってきたところに突然現れた異形の存在に驚く麻赤恵美(まあか めぐみ)。
まさかジャドーガン一味に自宅を知られているとは思わなかったのだ。
「クヒヒヒヒ・・・一曲歌いませんかぁ、トライデントレッド?」
「ど、どうして?」
相手が自分の正体までも知っていることに恵美は愕然とする。
これはどこかで情報が漏れたに違いない。
なんとしても司令やほかのみんなに知らせなくては。

「くっ」
とにかくこの場を切り抜けるには変身するしかない。
そう思い、ブレスレットに手を伸ばす恵美。
だが、その手をはねのけられてしまう。
「えっ?」
「だめですよ、恵美さん。せっかくカラオーケン様がカラオケにお誘いくださっているんですから、一曲歌いましょうよ。歌えばすぐに恵美さんもジャドーガンのすばらしさ、大王様の偉大さを知ることができますよ」
恵美は目を疑った。
そこにいたのはトライデントイエローの紗友里なのだ。
だが、いつもの紗友里ではない。
つややかな黒革のレオタードのようなぴったりした衣装を着て、太ももまでのロングブーツを履いている。
いつもの紗友里ならこんな衣装は絶対に着ないだろう。

「さ、紗友里?」
「ええ、サユリです。さあ、一曲どうぞ」
ぐっと肩をつかみ、強引に彼女を振り向かせるサユリ。
その目の前にカラオーケンの右手のマイクが差し出される。
「音楽スタート!」
軽妙な前奏がカラオーケンの顔であるスピーカーから流れ始め、その瞬間から恵美はその胴体にあるモニターから目を離せなくなってしまった。
「あ・・・ああ・・・わたしは・・・」
口が勝手に歌詞を紡ぎ始めていく。
そして歌詞がどんどんと恵美の心に浸透する。
「わたしはーあなたのとりこー♪」
やがて恵美は楽しそうに歌を歌い始め、その後彼らとともに姿を消した。


しばらくして、ジャドーガン一味に黒いバトルスーツを着た三人の女たちが現れ、地球人たちを恐怖に陥れた。
しかし、地球を守るべきトライデントファイターは現れてはくれなかった。

END

よろしければ感想コメントなどいただけますと嬉しいです。
今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2019/07/19(金) 21:00:00|
  2. 洗脳・戦闘員化系SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア