FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

うーん・・・旧作の良さが・・・

毎週テレビの前に張り付いているという感じで見ている「宇宙戦艦ヤマト2199」ですが、今日はついに七色星団の戦いが行なわれましたね。

実はもう劇場で見ているので、いまさら驚きはなかったんですが、改めて見てもなかなかよかったですよねー。

ただ、これは劇場で見ていたときから感じていたことなんですが、個人的には旧作の緊迫感が失われてしまったように思えて残念でなりません。
それというのも、次元潜航艇を駆使したユリーシャ(実は森雪)拉致捕獲作戦が、余計なことに思えて仕方ないのです。

旧作では、戦闘機隊による攻撃でヤマト艦載機をひきつけ、手薄になったヤマトに対して艦爆隊を瞬間物質移送機で移送。
艦爆隊による攻撃に続いて息つく間もなく雷撃機隊が殺到し、舷側に魚雷を撃ち込んでいく。
最後にこれでもかとばかりに重爆撃機によるドリルミサイル攻撃。
もうね、見ているだけでこれだけの波状攻撃はすごいとうならされたものです。

ですが、今作ではユリーシャならぬ森雪捕獲作戦が入ったために、「まだ沈んでもらっては困る」と言わしめてしまうやや手を抜いた攻撃があり、そのまま攻撃するどころか一旦休憩といわんばかりに攻撃の間が開きます。

もちろんその間ヤマト艦内での戦いがあるのですが、もし捕獲作戦が長引いたらどうするつもりだったんでしょう?
ドリルミサイル爆発までに捕獲できなかったときはどうするのか?
時間を与えることでドリルミサイル対処が行なわれるとは思わなかったのか?
(これは実際旧作でも対処されているのでやむをえない面はありますが・・・)
どうにも総統のこのむちゃな命令がドメルを敗北に導いたような気がしてなりません。
(物語上ヤマトが勝たないとならないためはわかるんですが・・・)

まあ、とはいえ、いろいろと迫力ある話だったのは間違いないですね。
三段空母や戦闘空母の勇姿も見られましたし。

いよいよ来週末には最終第7章の劇場公開も始まります。
見に行かねばー。

それではまた。
  1. 2013/08/18(日) 21:10:36|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア