FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

妻は若く美しく、その目は金色だった

昨日、作家のレイ・ブラッドベリ氏の訃報がネットで流れてまいりました。

正直驚きました。
白状しますが、ご存命とは思わなかったのです。
とっくに鬼籍に入られていらっしゃるとばかり思っておりました。

私に取りましては、ブラッドベリ氏はロバート・ハインライン氏やアイザック・アシモフ氏と同じほど懐かしい感じのする名前であり、二者と同じくお亡くなりになっているとばかり思っていたのです。

ブラッドベリ氏の作品、意識して読んだのは少ないかもしれません。
ですが、私にとりまして思い出深い作品といいますか、人生に影響を与えた作品とも言える作品がございます。

それは短編「金色の目」です。

もうかなり昔に読みましたので、記憶が定かでない可能性もありますが、あの作品には本当にお世話になりました。
エロい作品ではまったくないのですが、若いころの私はこの作品で何度も抜かせていただいた気がします。

地球上で戦争が起こり、ある一家が火星に避難してきます。
彼らは夫、妻、息子、娘の四人家族で、慣れない火星で暮らし始めます。
火星にはほかにも脱出してきた人たちが居て、彼らも暮らしておりましたが、そのうち夫は変なことに気が付きます。
何かが微妙に違うのです。
火星で取れた作物は彼らの食欲を満たしてくれましたが、それらも地球上で取れた作物と微妙に違うようなのです。

やがて夫は、妻の目に金色の斑点があることに気が付きます。
妻に聞いても前からあったといいます。

そのうち娘がへんな言葉を使います。
調べてみると火星語らしいのです。
地球からの人間はだれも火星人の言葉など知らないはずなのに、なぜか娘は火星語をしゃべったのです。

夫は地球に戻ろうとしますが、妻も娘も息子も拒否します。
異常だと感じているのは夫だけだというのです。
夫はあきらめ、ここで暮らすことを受け入れました。

しばらくして、丘の上にたたずむ一家の姿がありました。
彼らは地球人たちがなぜか居なくなってしまった町を見下ろしておりました。
妻は若く美しく金色の目をしていました。
夫も若くたくましく金色の目をしていました。
息子も娘も火星語でしか話しません。
彼らはなぜ地球人がいなくなったのか不思議でした。
なぜなら彼らは火星人だったからです。

こんな話だった気がします。

もうね、異形化SF好きとしてはたまりませんでした。
今に通じる私の異形化好きの原点の一つといえると思います。
当時はいろいろと妄想を繰り広げたものでした。
SSも書いたような気がします。

ブラッドベリ氏にあらためて感謝するとともに、ご冥福をお祈りいたします。
  1. 2012/06/07(木) 21:00:01|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア