FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

シニャウィノ高地

昨晩はセンパー様と「装甲擲弾兵」シリーズの続編である「東部戦線」を初対戦いたしました。
b06.jpg

先日来「装甲擲弾兵」で経験を積みましたので、「東部戦線」にもスムーズに入ることができました。
(もちろんまだまだあやふやではありますが)

初対戦ということでシナリオ1の「シニャウィノ高地」を対戦。
私がソ連軍を、センパー様が独軍を担当しました。

このシナリオは盤上の三ヶ所の町のうち二ヶ所を占領しているほうが勝利というもの。
最初の時点ではソ連軍が盤を支配しているため、独軍が二ヶ所取りにいかなくてはなりません。

双方とも序盤の主力は歩兵と砲兵器。
対戦車砲と迫撃砲です。
いずれも移動力が低いので、撃破されやすい行軍隊形を取らなくてはならず、移動時には不利になることは否めません。

独軍は町一つを確保したものの、迫撃砲で兵力を減らされ、また増援でやってくるティーガーも一ユニットしかなく十ユニットもあるソ連軍の増援のT-34/76に対抗するにはあまりにも数が足りません。

結局二つ目の町を確保することができずに町を守りきったソ連軍の勝利となりました。

ちょっとドイツ軍は厳しいねという話をしたあと、入れ替え戦をやってみることに。
今度は私が独軍です。

独軍は牽引されて盤上に入ってくる88ミリ高射砲の使い方が肝とは思うのですが、どうにも移動時の防御力のなさに相手に肉薄させるのが難しく、自走砲のありがたさをとても感じました。
頼みのティーガーも三号戦車二ユニットとスタックさせたものの、ソ連軍のT-34/76五個ユニットスタックとの勝負はやはり厳しく、混乱させられたうえで撃破となり万事休す。
結局私も二つ目の町を取ることができませんでした。
シニャウィノ高地3

うーん・・・どうなんでしょう?
結構このシナリオは独軍が厳しい感じが・・・
それとも慣れてくると違ってくるんでしょうかね。

とはいえ楽しい対戦でした。
センパー様、次回もよろしくお願いいたします。
  1. 2012/02/18(土) 21:00:00|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア