FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

べ、別にあんたのために作る気はないんだからね!

第二次世界大戦が始まる前の1930年代、地中海に海軍力を展開するイタリア海軍は、艦隊にも航空支援が必要と考えて航空母艦の建造を模索しておりました。

ワシントン海軍軍縮条約でイタリア海軍は空母の保有は認められていたので、あとは建造するだけという状態ではありましたが、どのような艦形の空母にするべきか、予算はどのくらい必要なのか等海軍内でもまとまりを欠く上、肝心の航空機(艦載機)を空軍が陸上機優先のため開発を後回しにするなど計画は一向に進みませんでした。

それでも第二次世界大戦が始まると、海軍はやはり空母の必要性を感じたため空母を建造しようという動きが本格化します。
そこで手っ取り早く空母を完成させるために、大西洋航路に就航していた豪華客船「ローマ」を接収し、その船体を空母に改装することとなります。

もともとローマは兵員輸送船に改装される予定だったのですが、船体の大きさが空母に改装するのにちょうどよかったということもあり、空母に改装されることになったのです。

イタリア海軍では最初ローマを補助空母として改装する予定だったといいますが、途中から本格的な艦隊空母に改装することに流れが変わりました。
ところがローマは最大速力が21ノット程度しか出ないものだったため、艦隊空母としては遅すぎます。
そこで建造中の巡洋艦の機関部分を流用し、最高速力を30ノットまで引き上げることに成功しました。

空母への改装は1941年の末から開始され、42年には空母「アキラ」(アキーラ、アクイラとも。鷲を意味する言葉)と命名され、優先建造が行われます。
しかし、1943年9月にムッソリーニ率いるイタリアは連合国に対し降伏。
この時点ではまだアキラは完成しておりませんでした。

アキラの改装はジェノヴァのアンサルド社で行われていたので、イタリア降伏に伴い北部を占領したドイツ軍がアキラを接収します。
ドイツ軍はアキラを自軍の空母として完成させようと工事を続行させましたが、工場のイタリア人たちは「ドイツのために作るつもりはない」とばかりにサボタージュを行い工事は遅々として進みませんでした。

そうこうしているうちにアキラの建造ドックが英軍の空襲を受けアキラは損傷。
ここにいたりドイツ軍もアキラの完成をあきらめます。
あきら (完成直前だったアキラ)

アキラは最後は連合軍側についたイタリア軍の破壊工作によってさらに損傷し、ドイツ軍によって自沈処分されてしまいます。
戦後アキラは引き上げられますが、結局はスクラップにされました。

ある意味悲運の空母といえると思います。
1942年ごろに完成していたら、それなりの活躍はできたのではないでしょうか。
英国海軍と地中海で空母戦が起こっていたかもしれません。
でも、そうはなりませんでした。

ドイツもイタリアも空軍の立場が強かったため、海軍航空がなかなか自己主張できなかったのかもしれませんね。
その点英国は世界初の空軍誕生国のわりに海軍航空の自立も早く、航空母艦もまた世界で最初に作った国になりました。
その国その国の違いが、こういう面でも現れるということでしょうか。

それではまた。
  1. 2011/09/27(火) 21:48:28|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア