fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

これも萌えシナリオ

首の痛いのはややよくなってきましたです。
ご心配をおかけしました。

今日は先日に引き続き、TRPG「Call of Cthulhu(コール・オブ・クトゥルフ)」の萌えシナリオをご紹介。

coc.jpg
ホビージャパン社が最初に出した「Call of Cthulhu」日本語版ボックスタイプには、ルールブックと1920年代の資料集、それにシナリオ集が入っておりました。

このシナリオ集には入門用シナリオが三本、初級シナリオが四本入っているのですが、いくつか悪堕ちや異形化好きにとっての「萌えシナリオ」とも言うべきシナリオが入っています。
そんな中で個人的に一番の萌えシナリオが、初級シナリオの一つ「ロッホ・ファインの謎」です。

「ロッホ・ファインの謎」は、時代こそ1920年代ではありますが、舞台はいつもの合衆国ではなく英国スコットランドになってます。
探索者(プレイヤーキャラのこと)たちは、このスコットランドに現地調査に行ってそこで殺されてしまったギブソン教授のことを調べてほしいという依頼を、教授の娘のエレインから受けるなどでスコットランドに赴くことになりますが・・・

シナリオの詳しい内容はもちろんネタばれになるので書きませんが、このシナリオに探索者たちの邪魔をする側としてでてくるのが、現地のある一族です。

その一族はもちろんすでに正気度が0になってしまっている狂気の一族で、ある邪神(のようなもの)を崇拝している一族です。
彼らは同族結婚を平気で行ってはおりますが、一族を維持するためには外部からの血の導入も行わなくてはなりません。

そこで彼らは目を付けた男女を拉致し、無理やり一族に加えるのです。
目を付けられた若い男性もしくは女性は、一族に監禁され監視の下に置かれます。
そして無理やり強制的に邪神崇拝の儀式に参加させられたり、一族の風習を教え込まれていくのです。
どんなに精神の強い人でも、二十四時間強制的に一族の監視下で暮らさせられ、邪神と一族の影響を受け続けていれば、いつしか精神はゆがんで狂信的な一族の一員になってしまうというわけです。

これはもう、実に萌える設定ではありませんか。

たとえば、以前に自分が淡い恋心を寄せていた女性が、しばらく会わなかったうちに彼女自身が毛嫌いしていたはずの一族の男の妻になっていて、怪しげな邪神に対する崇拝をうっとりとした表情で語るようになっていたとしたら・・・
もう、たまりませんですね。(笑)

シナリオでは教授の娘のエレインが一族に狙われる形にしてもいいとされています。
もしくはプレイヤーキャラの一人が狙われる形でもOKとのこと。

しかし、TRPGのシナリオ的にはプレイヤーキャラたちがその一族のたくらみを打ち破り、危ういところでエレイン(か狙われたキャラ)を救出するというのがいいんでしょうね。
悪堕ち好きとしてはちょっと残念。

こういう一族、いずれどこかでSSのネタにするかもしれません。
そのときは、ああここからぱくったなと笑ってやってくださいませ。

今日はこんなところで。
それではまた。
  1. 2011/02/19(土) 20:31:08|
  2. TRPG系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア