FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

スペイン内戦(1)

スペインと聞いて皆様は何を思い浮かべますでしょうか?
食べ物に興味のある方でしたら、ガスパチョやパエリアといった美味しいスペイン料理でしょうか。
スポーツに興味のある方なら、数日後に開催されるサッカーワールドカップでも強豪といわれるスペインサッカーでしょうか。
それとも情熱的な踊りフラメンコでしょうか。
はたまた絵画に興味のある方は、スペイン生まれの画家パブロ・ピカソ氏を思い出されますでしょうか。

その画家パブロ・ピカソ氏の代表作の一つに大作「ゲルニカ」があります。
ゲルニカ

白と黒で描かれたこの作品は、縦3.5メートル、横7.8メートルもある大きな作品ですが、とてもインパクトのある作品であり、皆様も一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
タイトルの「ゲルニカ」とは、スペイン北部バスク地方の一小都市の名前であります。
この絵はそのゲルニカという小都市に対しておこなわれた都市爆撃の悲惨さを描いたものなのです。
見ようによっては不気味ともいえるこの「ゲルニカ」は、その都市爆撃の酷さ悲惨さに怒りを込めてピカソ氏が描いたものだったのです。
なぜゲルニカは爆撃されたのでしょう。
それは、スペインが有名な無敵艦隊の敗北後、数限りなく繰り返してきた国内の権力争いを主因とする内乱がおこなわれたからでした。
世に言う「スペイン内戦」です。

スペイン内戦の勃発は、第一次世界大戦後の世界恐慌に端を発したファシズムが欧州を席巻し、アドルフ・ヒトラー率いるドイツがヴェルサイユ条約を無視してラインラントへと軍を進め、また一大セレモニーであるベルリンオリンピックを間近に控えた1936年7月17日のことでした。
この日、スペインとはジブラルタル海峡をはさんで対岸にあるモロッコにおいて、スペイン軍の叛乱が起こったのです。
足掛け四年の長きに渡るスペイン内戦が始まったのでした。

第一次世界大戦が終わり、世界が20世紀という時代に慣れてきた頃になっても、スペインではまだ中世期からの影響が色濃く残っておりました。
国王が国の頂点に位置してはいましたが、国民の支持を受けることはできず、代わりにカトリック教会が国民に対して物心両面で強い影響力を持っておりました。
20世紀初頭のスペインにおいては、カトリック教会が最大の地主でありまた各分野に出資する資本家であったのです。
また農業においても大土地を所有する地主が、農奴さながらに農民を搾取するのも当たり前のような状況でした。

ですが、こんな状況も1920年代に入るとじょじょに変革しようという動きが現れます。
1923年にはミゲル・プリモ・デ・リベラ将軍がクーデターにより政権を掌握。
軍事独裁制を敷いて政治をおこないますが、これに国内の学生や知識人層が反発し、1930年にはついに政権を打倒してしまいます。
しかし、このことが国内における旧勢力の勢力維持に努めようとする教会や軍部などの右派勢力と、共和制を目指し国内を変えていこうとする学生や知識人層などの左派勢力との間に、強い対立感情を生み出してしまいました。

1931年にスペインでおこなわれた地方選挙には、共和党や社会党、急進党などの左派勢力が王制から共和制への移行を掲げて出馬し、圧倒的勝利を収めます。
これにより国王アルフォンソ十三世はフランスへ亡命、スペイン第二共和制が始まりました。
(第一共和制は1873年に始まったものの、1874年には王政復古がおこなわれました)

しかし、新生スペイン共和国は国内の対立を解消することはできませんでした。
ドン・マヌエル・アサーニャを首班とする政府は、軍隊改革や土地改革などをおこなおうとしたものの、いずれも右派勢力によって妨害され、実効を上げることができなかったのです。

1932年、ホセ・サンフルホ将軍がクーデター未遂事件を起こすと、政府は国内の引き締めにかかり軍部や警察による民衆への圧力が強まります。
すると今度は、それに対抗するように右派勢力の教会や軍部右派の影響を受けたファシスト団体が次々と作られ、スペイン国内は混沌とした状況になって行きました。

こういった状況は選挙にも影響を及ぼし、1933年10月の総選挙では今度は右派勢力が勝利して政権を奪います。
右派勢力は前政権のおこなった改革をつぶしてしまったので、再び農民や労働者にとってはつらい状況に追い込まれてしまいますが、彼らはアナーキスト(無政府主義者)たちの指導の下デモやストライキなどで政府に対抗していきます。

この民衆の動きを見た左派勢力は、アナーキストや共産主義者たちとも連携を取っていくことを考えました。
そして1936年1月、左派勢力は左翼共和党、社会党、共産党、共和同盟など多くの勢力の取りまとめに成功し、連合協定「人民戦線」を成立させます。
人民戦線は翌月2月の選挙で再び過半数を獲得。
右派政権は倒れました。
しかし、混迷はこれで終わりではありませんでした。

(2)へ
  1. 2010/06/10(木) 21:48:52|
  2. スペイン内戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア