FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

三突(4)

ソ連との戦いでT-34及びKV-1などという強力な敵戦車と出合ったことで、もともと進められてきた三号突撃砲の長砲身化が大きく進みました。
はじめ43口径長75ミリ砲を搭載したF型は、その途中から48口径長75ミリ砲を搭載するようになり、車台の変更でF/8型へと進化したのち、決定版とも言うべきG型へと発展して行きました。

このことは三号突撃砲が移動歩兵砲から移動対戦車砲へと性格を大きく変えることになりました。
ソ連軍の繰り出す大量のT-34などの戦車に対し、三号突撃砲は常に対戦車戦闘に駆り出されることになったのです。
そうなると歩兵の支援にあたるはずだった三号突撃砲は、その任務に当たることが難しくなってきます。
対戦車戦闘で手一杯になってしまうからです。
歩兵にとっては頼もしい反面残念なことでもありました。

そこでドイツ軍は、三号突撃砲を二種類生産してこの問題を解決しようと試みました。
一つは今までの流れで生産されていく長砲身75ミリ砲搭載の対戦車任務に当たる三号突撃砲。
もう一つは歩兵支援を主任務とする榴弾砲を搭載する三号突撃榴弾砲です。

1941年半ばごろにはこの考えは実行に移され、搭載する主砲には75ミリ砲よりも威力のある105ミリ榴弾砲を搭載しようということになりました。
105ミリ榴弾砲は、ドイツ軍にあっては歩兵師団の主力火砲であり、歩兵にとっては馴染み深い砲でもありました。

しかし105ミリ榴弾砲の三号突撃砲搭載仕様への変更は若干手間取ってしまい、試作車の完成は1942年の3月へとずれ込んでしまいました。
その後各種の修正を行い10月になって陸軍の審査を受けましたが、ヒトラー総統はこの三号突撃榴弾砲をとても気に入り、すぐに量産に入るよう指示したと言います。

先行量産車はまだ短砲身型のE型をベースにしたものや、前線から修理のために引き揚げられたF型やF/8型をベースにしたものなど合計12両が作られ、1942年11月のヴェルキエ・ルキ戦区での戦いに投入されました。
その後三号突撃砲の生産をおこなっていたアルケット社には月産12両の三号突撃榴弾砲生産の指示が出されましたが、アルケット社は三号突撃砲の生産で手一杯であり、生産は遅々として進みませんでした。
それでもG型の生産が軌道に乗り始めると、ようやく突撃榴弾砲の方も生産が進むことになります。
この時点では突撃榴弾砲もG型車体と同じものを使っており、違いは主砲の太さぐらいと言ってもいいほどでした。

三号突撃榴弾砲は、成型炸薬弾(HEAT弾)を使うことで対戦車戦闘もおこなうことができましたが、あくまでも105ミリ榴弾砲による歩兵支援をおこなうための車両でした。
生産数は約1300両にも及び、前線で歩兵たちに強力な大口径砲の威力で支援をおこなっていったのです。

三号突撃砲と三号突撃榴弾砲は、最後までドイツ軍歩兵たちの頼もしい味方でした。
戦車に対しては三号突撃砲が、敵の火力に対しては三号突撃榴弾砲が適切な対処をおこなってくれました。
どこにいるかわからない装甲師団のパンターや重戦車大隊のティーガーなんかよりも、常にそばにいてくれる三号突撃砲や三号突撃榴弾砲はよほど頼りになる存在だったことでしょう。

しかし、いくら優秀な車両で砲塔がないことで生産がしやすいからと言って、三号突撃砲が装甲師団に戦車の代わりに配備されるということは、ドイツの生産力の乏しさを示すものでもありました。
この三号突撃砲に頼らなくてはならなかったことが、ドイツの限界をも表していたのでしょう。

それではまた。
  1. 2010/06/08(火) 21:47:41|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア