FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

四号よりsd・kfz222が本物っぽくてよかったなぁ。

昨日はレンタルショップでDVDを借りてきまして、トム・クルーズ主演の映画「ワルキューレ」を拝見いたしました。

4.jpg
こちらがパッケージ

この映画は第二次大戦中のドイツにおいておこなわれたヒトラー暗殺計画の実話に基づいたもので、トム・クルーズはその実行犯であるシュタウフェンベルク大佐を演じています。
シュタウフェンベルク大佐はアフリカ戦線で勤務していたときに負傷し、左目、右腕、左手の指二本を失っていましたので、きっと演じるには大変だったでしょうね。

暗殺計画はさまざまな要因から失敗しヒトラー総統は生き延びるわけですが、総統を狙った爆弾自体は爆発しており、一時は生死不明となったことで、暗殺とそれに続くクーデターは成功するかに思われました。
ですが、総統の無事が確認されるに従い、混乱は急速に収まってクーデターも失敗。
シュタウフェンベルク大佐は捕らえられ銃殺されることになりますが、そこまでの一連の流れをしっかり見せてくれました。

歴史的事実として失敗することがわかっている事件なので、これからどうなるんだろうというドキドキ感はありませんけど、歴史を追体験させてくれる意味でおもしろい映画でした。
一人の独裁者の生死が国家を揺るがすというのも独裁国家ならではかもしれませんね。

マニアとしてはこういう戦争映画には当時の兵器が出るのか、はたまた似せたものが出るのか等、気になるわけですが、この映画では冒頭のアフリカ戦での一コマに四号戦車長砲身型が出てきました。
よく似せて作られておりましたが、残念なことに履帯の幅が異様に広く、画竜点睛を欠く感じでした。
でも、パッと見はよく似ている四号戦車でした。

他には20ミリ対空機関砲のおそらく実物と思われるものや、四輪装甲車sd・kfz222に似せた車両がでてきましたが、この装甲車もとてもよく似ており、砲塔も回ってくれてうれしかったです。

戦争映画的な派手なシーンはほとんどありませんが、楽しめる作品だと思いました。
それではまた。
  1. 2010/05/31(月) 21:27:32|
  2. 映画&TVなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア