fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

二つの電撃戦

毎号購入しております「歴史群像」の新刊です。


こちらが表紙。

今号は第一特集が「マレー進攻作戦」
太平洋戦争初頭の日本軍の英領マレー半島での進撃の特集です。
マレー半島での日本陸軍の進撃は、まさに電撃戦と言ってもいいもので、英連邦軍の供えが充分でなかったとはいえ、日本陸軍の最良の瞬間の一つだと思います。
今回改めて、日本陸海軍が航空戦を重視していたことを知り、日本も戦術面では決して劣るものではなかったと思いました。

第二特集は「下克上! 長尾為景」
聞きなれない人物名で、どんな方だかさっぱり知りませんでしたが、長尾景虎、のちの上杉謙信の父だったのですね。
その長尾為景がいかに越後で実験を握り、勢力を伸ばしていったか、また、その限界とその後は・・・という記事であり、普段よく知る戦国期の武将の父の世代というあまり知る機会のない人物たちが出てきて面白いです。
歴史って続いているものなのに、ある時点から切り取られたりしてしまうので、戦国期に入る直前(もしくは入った直後)というあまりスポットライトを浴びない時期って抜け落ちちゃうんですよね。

第三特集は「ポーランド戦史」
第一次世界大戦後に独立したポーランドが、1939年のドイツ軍のポーランド侵攻によって再び地図上から消え去り、戦後の再独立とさらにその後という記事ですが、まだ読んでいる途中です。
東欧の一大軍事強国と目されていたポーランドが、実は兵員数はともかく軍事費に投入できる経済力の差がドイツとは圧倒的に違ったために、軍の近代化を行ないきれなかったというのはなるほどと思いました。
軍事力は金食い虫ですので、経済力がないと戦力の充実は望めませんものね。

他にも楽しそうな記事がいつものように多いです。
付録の「アメリカ陸海軍戦闘機ガイド」もありがたい資料です。

奇しくも東西の電撃戦を二つ取り扱いました今号の歴史群像。
残りの記事もじっくり楽しみたいと思います。

それではまた。
  1. 2010/01/19(火) 21:33:27|
  2. 本&マンガなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア