fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

アドミラル・シェーアの航海(2)

北大西洋上にでてすぐに、「アドミラル・シェーア」は活動を開始します。
艦内の無線傍受及び暗号解読班がキャッチした情報により、カナダのハリファクス港より英国に向けて出港した輸送船団HX83、HX84の二つが近場を航行中であることが「アドミラル・シェーア」にはすでにわかっておりました。
艦長のクランケ大佐は、情報を精査した末にタイミングの合いそうなHX84船団を攻撃することに決定。
「アドミラル・シェーア」はHX84船団へと向かいました。

HX84船団に向かって索敵のために水上機を飛ばしたのち、途中で独航船(船団を組まずに単独で航行する商船のこと:船団だと狙われやすいと思い、単独で航行する商船も少なくなかった)の英国商船「モパン」を偶然にも発見。
停船させて撃沈したのち、さらに船団へと向かいました。

索敵機がHX84船団を発見しその進路を知らせてきていたため、「アドミラル・シェーア」は11月4日16時30分に難なく船団を捕捉します。
当時の英国海軍は護衛艦艇の数が足りず、このHX84船団にも護衛艦艇は正規の軍艦はついておりませんでした。
わずかに通常の商船に武装を施しただけの武装商船「ジャービス・ベイ」が護衛についているだけだったのです。

「アドミラル・シェーア」に発見されたHX84船団は、ただちに被害を最小限にするべく蜘蛛の子を散らすように散開します。
また護衛についていた武装商船「ジャービス・ベイ」が、必死に船団の退避時間を稼ごうと「アドミラル・シェーア」に対して砲門を開きます。

しかし、単なる商船に武装を施しただけの「ジャービス・ベイ」では勝負にならないことは火を見るよりも明らかでした。
「アドミラル・シェーア」はさほど時間をかけることなく果敢に立ち向かってきた「ジャービス・ベイ」を砲撃で撃沈。
「ジャービス・ベイ」は艦長以下約200名の乗員とともに波間に没しました。

その後HX84船団の商船たちは「アドミラル・シェーア」によって狩り出され、三十八隻の商船のうち五隻が撃沈されました。
またそのほかにも損傷を受けた商船があり、英国は大損害を受けたのです。
これ以後、英国海軍は輸送船団の護衛に旧式戦艦を充てることにするほどの衝撃でした。

HX84船団への攻撃を成功させた「アドミラル・シェーア」は、誇らしげに戦果を報告し現場を離脱します。
ですが、この攻撃により弾薬の三分の一ほどを消費したため、補給を受ける必要がありました。
そこで前もって決めてあった会合点に向かい、そこで補給船と合流するすることにします。

11月14日、補給船「ノルトマルク」と無事に合流し、食料や弾薬の補給を受けました。
ここでクランケ艦長は「アドミラル・シェーア」を一度カリブ海近くのサルガッソ海へ向け、英国海軍の目をくらませることにします。
「アドミラル・シェーア」は西へ向かい、11月24日にはサルガッソ海で英国商船「ポートホバート」を撃沈。
しかも「ポートホバート」は通商破壊艦に襲撃されたという無電を発信していたため、英国海軍の目をサルガッソ海に引きつけるという目的も果たすことができました。

そこで「アドミラル・シェーア」は再び東へ向かってアフリカ沿岸へと向かいます。
12月1日にはカナリア諸島の南で英国商船「トライブズマン」を撃沈。
ここからさらに南下して赤道を越えました。

12月18日、「アドミラル・シェーア」に少し早いクリスマスプレゼントが手に入ります。
英国商船「デュケサ」を捕獲したのです。
この船は冷蔵船で、9000トンもの肉と果物に加え、900トンもの卵を積載しておりました。
これにより「アドミラル・シェーア」は外洋で不足する食料の心配がなくなったのです。

「アドミラル・シェーア」はこの「デュケサ」をつれてドイツ海軍の南大西洋での合流点の一つであるアンダルシア会合点に向かいました。
この一連の「アドミラル・シェーア」の行動に英国海軍は翻弄され続け、ただむなしく捜索を続けるだけでした。

(3)へ
  1. 2009/12/27(日) 21:27:38|
  2. シェーアの航海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア