fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

装甲をかぶったトラック

第一次大戦での敗北によりヴェルサイユ条約を押し付けられたドイツは、装甲車両の保有を制限されておりました。
ですが、近い将来に再軍備をしていくにあたり、戦車と同様に偵察用装甲車の必要性も感じていたドイツ軍は、ダイムラー・ベンツ、マギルス、ビュッシング・NAGの三社に偵察用装甲車の開発を命じます。

軍の開発命令を受けた三社は、それぞれ新型装甲車の試作車を作りますが、この時要求された能力はわりと高めのものだったようで、オフロード性能などを満たすために各社は八輪、もしくは十輪ものタイヤを持つ試作車を作ります。
この中で十輪タイプのビュッシング・NAG社の試作車は問題ありとしてはずされたものの、残り二社の八輪タイプは試験の続行を認めました。

ところがここで予想外のことが起こります。
1929年にアメリカで発生した世界恐慌です。
世界的不況に陥るなか、連合国への賠償金に追われていたドイツには、高性能の装甲車を開発する金銭的余裕がなくなってしまいました。

そこで高性能の装甲車はひとまずあきらめ、廉価の装甲車を開発することにいたします。
廉価で開発するには、今あるものを活用するのが一番であり、ドイツ軍はトラックのシャーシを利用した装甲車の開発をあらためて三社に命じました。

三社はそれぞれ自社で開発した前二輪後四輪(正確には後ろはダブルタイヤなので八輪ですが)の六輪トラックのシャーシを使い、それに装甲車体を乗せる形で装甲車を作ることにいたします。
この装甲車体は厚さ八ミリの装甲板を溶接したもので、断面をひし形になるようにして車内容積を大きくしています。
シャーシにも改良が行われ、後ろ側にも操縦装置を付けることで、バックも前進と同様に行なうことができ、敵に接触したときにすばやく後退できるようになりました。

ところがこのシャーシが、三社それぞれのシャーシを使ったために長さやホイールベースがまちまちになってしまいました。
一番短いマギルス社のシャーシは、前輪と後輪の間が2.5メートルだったのに対し、一番長いダイムラー・ベンツ社のシャーシは3メートルもありました。

ですが、このシャーシの長さの違いが問題になった様子はなく、ほぼ同じ形の装甲車体を乗せて新型装甲車は完成します。
武装としては、車体上部に20ミリ機関砲と7.92ミリ機関銃を装備した砲塔を載せました。

こうして完成した新型装甲車はSdKfz231と番号が割り振られ、ドイツ軍に正式採用されました。
6輪 img8f5fa5a1zikdzj.jpg

SdKfz231はその遠距離無線機搭載型SdKfz232とともに、再軍備後のドイツ軍の偵察車両として使われました。
しかし、廉価に開発したことで使用したトラックベースのシャーシでは、やはりオフロード走行能力は低く、機動性に難のあるものとなってしまいました。
そのため、ドイツ軍最初の電撃戦であるポーランド戦で使われたのち、フランス戦あたりまでは使われましたが、より高性能の八輪装甲車が使用されるに伴い前線から引き揚げられて行きました。

120輌ほどしか作られなかった六輪装甲車SdKfz231ですが、それでも初期のドイツ軍には貴重な偵察車両でありました。
初期電撃戦の華々しさには、この車両の果たした役割も決して小さいものではなかったでしょう。

それではまた。
  1. 2009/12/18(金) 21:52:27|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア