fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

今年もまた

年末の風物詩ともいえる、12月14日の「討ち入り」が迫ってきましたね。
「元禄赤穂事件」、いわゆる「忠臣蔵」です。

もういまさら何も言うことはないほど、皆様ご存知のお話ですが、大まかなあらすじとしては、江戸時代中期に差し掛かる元禄14年、朝廷からの勅使を幕府がお迎えすることになり、その勅使供応役として赤穂浅野家当主浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)が指名されたことが発端となります。

浅野内匠頭には、その指南役として高家吉良家当主吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしひさ)が充てられますが、この吉良上野介と浅野内匠頭との間に行き違いが生じたものか、勅使を迎えた当日に浅野内匠頭が吉良上野介に刃傷を負わせるという事件が起きました。
いわゆる「松の廊下の刃傷」です。

浅野内匠頭はすぐに取り押さえられ、事情聴取のうえ即日切腹。
吉良上野介は抵抗しなかったとしてお咎めなし。
この片やお咎め無しの裁定が禍根を残す要因となりました。

この事件により赤穂浅野家は取り潰され、家臣は家禄を失うことになりました。
家老大石内蔵助良雄(おおいしくらのすけよしたか)は、一方的な幕府の裁定に異を唱えるべく亡き主君の仇討ちを計画。
一年半にも及ぶ準備期間の末に、四十六人の同士とともに吉良上野介の邸宅に討ち入り、見事に吉良上野介を討ち果たします。
そして、幕府の切腹の沙汰に従い、大石内蔵助ら四十七人は切腹をして果てました。

この事件は「仮名手本忠臣蔵」として歌舞伎の題材となり、圧倒的な人気となりました。
客が入らないときには忠臣蔵を演目に入れるといいとまでされました。
そして映画やテレビの題材として、毎年討ち入り日の12月14日近辺に上映されたり放映されたりいたしました。

正確には討ち入り日は旧暦の12月14日なので、新暦では1月30日になるそうなのですが、今でも年末の12月14日を討ち入り日とすることが多いようです。

個人的には大石内蔵助役は日本テレビの年末時代劇の「忠臣蔵」での里見浩太郎さんが、吉良上野介役は映画「四十七人の刺客」での西村晃さんがお気に入りです。
むむ、黄門様と助さんですかね。(笑)
「四十七人の刺客」での大石内蔵助役の高倉健さんやテレビの「大忠臣蔵」の三船敏郎さんは、立派過ぎてなんだか討ち入り前の昼行灯ぽさが無いような気がしますね。

今年は地上波では忠臣蔵関連のドラマとかやらないようですけど、なんと討ち入りをシミュレートしたシミュレーションゲームがでます。

ウォーゲーム日本史第四号「討入忠臣蔵」です。
(クリックでサイトに飛べます)

片や上野介を逃がそうとする吉良側、方や上野介を討ち取ろうとする赤穂浪士。
裏になっている吉良側ユニットに赤穂浪士側は隣接して表にして正体を確かめ、上野介を見つけ出さなくてはならないようです。
はたして上野介を討ち取ることができるのか。

やってみたいですねー。
欲しいけど今お金がないよー。

ですが、こうしてゲームになってしまうというのもすごいですね。
さすが忠臣蔵。

それではまた。
  1. 2009/12/12(土) 21:33:53|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア