FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

コードネームはジャック(Jack)

航空母艦を発着する艦上機ばかりでなく、陸上基地を発着する陸上攻撃機などを整備していた日本海軍は、その陸上基地の防空も考えなくてはなりませんでした。
通常状況が許すのであれば、本来は陸軍航空隊や空軍の防空戦闘機や迎撃機を共通機種として導入するのがいいのでしょうが、何につけ陸軍装備の導入に反対してきた海軍は、ここでも自前の防空戦闘機の開発に着手します。
この防空戦闘機のことを、陸上基地周辺の局限された地域しか守らないという建前から、海軍では局地戦闘機と呼びました。

昭和14年(1939年)、海軍はこの新型局地戦闘機の開発を零戦を開発した三菱に依頼します。
三菱では零戦の生みの親である堀越技師を中心にこの新型局地戦闘機の開発に取り掛かりました。

局地戦闘機は述べたとおり防空戦闘機です。
その任務は、味方航空基地を襲撃に来る敵爆撃機の迎撃です。
そのため、敵爆撃機の飛ぶ高度にすぐに到達する上昇力、敵爆撃機の速度に追いつける速度性能、敵爆撃機を短時間で撃墜できる大火力が重要でした。

このうち速度性能と上昇力を満たすには、小型軽量で大馬力のエンジンが必要でした。
しかし、当時の日本にはそのような小型で大馬力のエンジンはありませんでした。

そこで三菱は、自社の一式陸上攻撃機で使用している大型大馬力エンジン「火星」を使ってこの問題を解決しようと考えます。
ですが、火星エンジンは大馬力ではあるものの大型で、戦闘機の機首に据えつけるには太すぎました。

堀越技師らは、この問題をエンジン位置の変更で解決しようと試みます。
なんと、この火星エンジンを胴体中心近くに持っていき、その前後を細くする紡錘系で機体を作ることにしたのです。

胴体全長のうち、前から約40%ほども中心に寄った位置、そこが火星エンジンの置き場所でした。
当然機首先端でプロペラを回すためには、エンジンの回転を伝えるシャフトを伸ばさなくてはなりません。
また空気抵抗を考えて先端を絞ったため、先端から入ってくるエンジン冷却のために必要な空気も量が少なくなることが予想されたので、強制冷却ファンも取り付けることになりました。

こうして完成した試作機は、十四試局戦としてテストを受けましたが、残念ながら海軍の要求を満たすことはできませんでした。
三菱はエンジン出力のさらなる向上のために水エタノール噴射装置を導入するなどして改良に努めます。

太平洋戦争が始まった翌年の昭和17年(1942年)10月には、改良された十四試局戦改が試験に望みます。
ここでようやく海軍の要求をほぼ満たすことができましたが、機体そのものに振動が起きるなどまだまだ改良が必要でした。

結局さまざまな問題が噴出し、それらが一応の解決を見たのは昭和18年になってからでした。
太平洋戦争も三年目に入っていたのです。

ようやく量産が開始された十四試局戦は、正式名称「雷電」と名付けられました。
雷電は初期型で20ミリ機銃2丁と7.7ミリ機銃2丁を装備しておりましたが、その後20ミリ機銃4丁へと武装を強化されます。

海軍はこの新型局地戦闘機に大いに期待しておりました。
零戦に変わる主力戦闘機として大量生産を行い、零戦は順次生産を終了する計画ですらありました。
しかし、前線に配備された雷電は、エンジン位置によるコクピットからの前下方視界の悪さなどから、パイロットには不評でした。
また、実用化までに多くの月日を使ってしまい、海軍は雷電に主力戦闘機を任せることはできなくなっておりました。

結局雷電は同じ局地戦闘機の「紫電改」の補助としての役割しか与えられず、約600機ほどの少数生産にとどまりました。

ですが、昭和20年(1945年)の本土防空戦においては、防空戦闘機として開発された能力を発揮し、B-29迎撃に大いに奮闘いたしました。
防空戦闘機としての能力は決して低くはなかったのです。

日本軍軍用機の宿命としてエンジンさえ恵まれればとはよく聞く話ですが、この雷電もまたエンジンに泣かされた戦闘機だったのかもしれません。

それではまた。
  1. 2009/11/20(金) 21:28:01|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア