fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

小さく作ったのに大きくしちゃった

今日は艦艇の話を一つ。

大正期、日本は海軍戦力を充実させるべく列強諸国との間に建艦競争を繰り広げておりました。
そんななか、日本だけではなく米英など列強諸国も、加熱する一方の建艦競争に経済が立ち行かなくなることを懸念し、条約によって制限しようという動きが生まれます。
この動きはワシントン海軍軍縮条約として結実し、主力たる戦艦の建造に歯止めがかけられることになりました。

このワシントン条約は、補助艦の一部にも制限が課せられますが、補助艦と言っても補給艦や輸送艦などではなく航空母艦や巡洋艦を指し、日本は航空母艦については合計の基準排水量で八万一千トンを越えないことと定められてしまいます。
ちなみに巡洋艦は排水量での制限はありませんが、一隻あたりの排水量が一万トン以下と定められ、この制限内で建造された巡洋艦を条約型巡洋艦と呼ぶようになります。

日本はこのときすでに「赤城」や「加賀」などで排水量の上限に近づいてしまっており、新たな空母を作るうえで障害となっておりました。
そこで条約では規定外とされた排水量一万トン未満の軍艦として小型空母を建造しようと目論見ます。
一万トン未満の軍艦はワシントン条約では制限されなかったので、小型空母を一万トン未満で造れば条約の制限外なので、いくらでも(国家の能力が許せば)建造ができるのです。

そこで日本海軍は、旧式化した水上機母艦の代艦として造る予定だった新型水上機母艦を空母として建造することに決定。
基準排水量を九千八百トンに抑えた小型空母「龍驤」として昭和四年に建造を始めます。

この時点での龍驤は、排水量に見合った搭載機数として24機が予定され、格納庫も一段しかなく、速力も30ノットというものでした。
このまま完成していれば、龍驤はバランスの取れた小型空母だったかもしれません。

しかし、この予定は変わってしまいます。
ワシントン条約のあと、補助艦艇でしのぎを削り始めた各国に対し、補助艦艇にも制限を設けようということでロンドン軍縮会議が行なわれ、そこでロンドン海軍軍縮条約が締結されてしまいます。

このロンドン条約により空母が一万トン未満で造るメリットはなくなりました。
一万トン以上だろうが未満だろうが制限があるのですから。
それならば、無理して小型にせずに大きくして、搭載機も増やしたほうがいいだろうと海軍は考えます。
龍驤はここで大きく設計変更されることになりました。

ですが、すでに船体そのものはある程度形になってしまっておりました。
そのため、この設計変更はある種無理やりという面がありました。
格納庫を一段から二段にして搭載機数を36機にし、さらに補用機(予備や分解状態で搭載される艦上機)を12機も搭載することにしたために、船体そのものに比して上部構造物がとても大きくなってしまったのです。
上部構造物が大きいと、その分船全体の重心が上に行ってしまいます。
重心が上に行くと、船は安定が失われ、ひっくり返りやすくなります。
それを防ぐために、今度は船体の両脇に「バルジ」と呼ばれるふくらみを付け、何とかバランスを取ろうとしました。
すると、今度は船体も上部構造物も大きくなってしまったので、排水量が増大し速度が29ノットしか出なくなってしまいます。
もっともこれは、船体が大きくなっただけではなく、機関を計画の半分にしてしまったことが原因とも言われます。

こうして途中から無理やりな設計変更を行なった龍驤は、いびつなバランスの悪い空母として完成しました。
基準排水量は一万トンを越え一万六百トンとなり、もともと小さな船体だったために艦首が低くすぐ後ろに位置する艦橋が波をかぶりやすくなっておりました。
飛行甲板はその艦橋の真上から後方へと延びており、構造物が何もないまっ平らな甲板でした。

完成した龍驤は、昭和八年に就役します。
しかしその直後から復元力の悪さを指摘され、左右への回頭を行なったときなど遠心力のために相当に傾き、転覆するのではないかと思われたそうです。

はたして日本海軍はその後、小さな船体にたくさん武装を積んで復元力を失わせてしまった水雷艇「友鶴」が転覆事故を起こし、各艦艇の復元力の見直しが行なわれます。
龍驤も就役したばかりだというのに、昭和九年には復元力改善工事が行なわれ、やっとそれが終わったと思ったら、今度は台風によって船体を損傷する艦艇が続出した「第四艦隊事件」で、艦橋や飛行甲板を損傷してしまいます。
結局この修理が昭和十一年に行なわれ、龍驤はようやく戦力となったのでした。

太平洋戦争では、赤城や加賀などの大型空母が真珠湾攻撃で華々しい活躍を見せる中、南方攻略作戦の支援として活躍し、小型空母ながらもその存在感を見せ付けました。
また、ミッドウェー作戦の支作戦として行なわれたアリューシャン作戦にも参加。
ダッチハーバーを空襲するなど成果を挙げてます。

ミッドウェー作戦で主力空母四隻を失った日本にとって、龍驤は小型とはいえ貴重な空母でした。
昭和十七年には「翔鶴」「瑞鶴」とともに第二次ソロモン海戦に参加。
ガダルカナル島に搭載艦上機による攻撃を成功させるものの、米空母「サラトガ」攻撃隊の攻撃を受け損傷。
昭和十七年八月七日、龍驤は南の海にその姿を没しました。

建造途中の計画変更によりいろいろ不都合の多い空母だったようですが、太平洋戦争初期の貴重な空母戦力として貢献した小型空母だったと思います。
私はその特異な艦形から結構好きな空母でした。
それにしても難しい漢字ですよね~。

それではまた。
  1. 2009/09/23(水) 21:18:23|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア