FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

西南戦争(17)

官軍は参軍の山県有朋や川村純義、鹿児島征討総督の有栖川宮熾仁(たるひと)親王も博多に到着し、三浦梧楼少将の第三旅団も博多に上陸するなど着々と兵力の増強を図っておりました。

一方官軍の増強に呼応するように、薩軍もまた兵力の集中と防御陣地の構築を行ないます。
この防御陣地は官軍の主攻方向に対するために、北から味取山、金比羅山、田原、七本、轟、横平山、耳取、原倉、吉次、三ノ岳、大多尾、野出と長大な範囲に広がり、有明海にまでいたろうという長さのものでありました。

兵力は薩軍と党薩諸隊合わせて約七千名であり、その主力は田原に置かれておりました。
田原は高瀬から植木にいたる途中にある丘陵で、その高さは100メートルほどに過ぎないといいますが、この丘陵の中をくねくねと曲がりくねった切り通しの坂が通っており、これが田原坂と呼ばれます。

この田原坂は加藤清正が熊本城築城に合わせて北側の守りとして切り開かれたともいわれ、切り通しの峠道を左右の土手状の高所から攻撃できるため、守りやすく攻めづらい絶好の防御拠点となっておりました。

攻撃側には難所と思われる田原坂のことは、おそらく官軍とてわかっていたことでしょう。
しかし、官軍はここを通る必要がありました。

当時はまだ各地の道路が整備されていたわけではありませんでした。
街道といえども多くは道幅が狭く、軍勢の通行には適しておりませんでした。
特に攻撃力の中核となる大砲は、その移動に道幅の広い道路が必要でした。
博多方面から熊本にいたる道のりで、大砲を問題なく通すことのできる道幅がある道路は、この田原坂を通るものしかなかったといいます。
官軍はここを通るしかなかったのです。

明治10年(1877年)3月4日。
官軍はこの田原方面において、主力による攻撃を開始します。
田原坂に対する攻撃を主攻、吉次峠に対する攻撃を助攻とした一大攻撃でした。

官軍の参加兵力はおよそ一万五千とも言われます。
まさに官軍の全力と言ってもいい戦力でした。

しかし、攻撃三倍の原則から考えると、防御拠点に篭る薩軍七千に対しては不足といわざるを得ません。
事実、官軍は以後この地において非常なる苦戦を強いられることになるのです。

田原坂方面では、近衛第一連隊第一大隊を中核とする主隊が、豊岡、平原に位置する薩軍右翼を攻撃。
しかし、側面からの薩軍の攻撃を受け、大きな損害を出して敗退します。
田原坂を攻め上った第十四連隊の一部も一の坂で釘付けとなり、損害ばかりが増えて行きました。

攻撃が進捗しないことに危機感を覚えた第一旅団長の野津少将は、自ら部下の督戦に出向き、前線付近で兵に酒を振舞うなどしましたが、兵のがんばりにもかかわらず、薩軍の防備を抜くことはできませんでした。

午後遅く、戦場には激しい雨が降り始めます。
先込め銃が主である薩軍は、この雨で火力が減衰し、防御力が弱まりました。
野津少将はここがチャンスとばかりに各部隊に突撃を命じます。
突撃ラッパの鳴り響く中、官軍はいっせいに薩軍目がけて飛び出しましたが、薩軍もこれに応戦。
火力の減衰を薩軍自慢の白兵斬り込みで補い、官軍を斬り捨てて行きました。

結局この突撃も撃退され、官軍のこの日の攻撃は失敗に終わります。
かろうじて田原丘陵の向かいに位置する二股台地を占領し、成果が何もないという事態だけはまぬがれました。

一方官軍の助攻である吉次峠の戦いでは、薩軍にも手痛い損害が出ることになりました。

官軍は第一旅団長の野津少将の弟である野津道貫大佐が、二個大隊を率いて朝の濃霧を利用して吉次峠に接近して行きました。
そして吉次峠のとなりにある半高山に攻め上り、これをほぼ占領というところまで行きます。

この官軍の行動を察知した薩軍は、篠原国幹と村田新八が部隊を率いて反撃に出ました。
薩軍は篠原が左翼、村田が右翼からと言う感じでちょうど官軍を挟撃する形になり、官軍はここでも損害が続出します。
官軍は左に対すれば右から、右に対すれば左から攻撃を受けると言ったありさまで、苦戦を強いられますが、このとき、官軍の江田国通少佐が薩軍内に一人の人物を認めました。

その人物は緋色の外套を羽織り、銀で飾られた刀を持っているという非常に目立つ格好をしていたといい、薩摩出身であった江田少佐には、その人物が誰なのかよく知っておりました。
その人物こそ、薩軍一番大隊長篠原国幹だったのです。

江田少佐は部下の中から射撃の名手を呼び寄せると、篠原の狙撃を命じます。
戦場に数発の銃声が響き、篠原は倒れました。

部下が目立つ格好をした篠原を必死に止め、何とか前線から下がってもらうよう進言したといいますが、篠原は死を覚悟していたのか聞き入れなかったといいます。
享年41歳でした。

篠原の戦死は薩軍に衝撃を与えました。
しかし、篠原の敵討ちとばかりに官軍に対する攻撃は強まり、指揮を取っていた野津大佐は負傷、江田少佐は戦死します。
午後三時ごろ、官軍はついに後退。
吉次峠でも官軍の攻撃は失敗に終わりました。

田原坂、吉次峠での官軍の損害は大きく、消費弾薬も当初予想の数倍に及ぶものでした。
たった一日の戦いでしたが、官軍にとっては悪夢の日でした。
一方の薩軍も、篠原国幹という指揮官を失い、戦いの前途に暗雲を感じました。
そして、田原坂を巡る戦いは、まだ始まったばかりでした。

(18)へ
  1. 2009/08/05(水) 21:14:41|
  2. 西南戦争
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア