fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

これまた数奇な運命

世界がきな臭くなってきていた1935年4月。
ドイツのブレーメンの造船所で一隻の客船が完成しました。
船名は「シャルンホルスト」
翌年完成するドイツ海軍の巡洋戦艦と同名でありましたが、こちらは戦闘艦ではなく客船です。

完成した「シャルンホルスト」は、姉妹船「ポツダム」「グナイゼナウ」とともに東洋航路に就航。
欧州と東洋の間の交流に一役買っておりました。

1939年、航海の途中で日本に立ち寄っていたシャルンホルストは、神戸港を出港しマニラ経由でシンガポールに向かっておりました。
ところがその途中にドイツはポーランドとの戦争を開始。
英仏が参戦したことで第二次世界大戦が始まってしまいます。
シャルンホルストは英国支配下のシンガポールには行けなくなってしまいました。

やむなくシャルンホルストは友好国日本へ舞い戻ります。
そして乗組員はソ連経由でドイツへ帰国し、船だけが神戸港に残されることになったのです。

やがて1941年には日本も太平洋戦争を開始。
翌1942年6月にはミッドウェー海戦で大型空母四隻を一挙に失うなどの損害を受けたことから、日本海軍は民間の大型船を空母に改造して隻数を確保しようといたしました。

係留されたままのシャルンホルストも空母改造の候補に挙がり、ドイツ大使館との交渉の結果、シャルンホルストは日本へと売却されてしまいます。

売却されたシャルンホルストは、1942年9月には呉で空母への改造工事が始まります。
改造には翌年いっぱいかかり、シャルンホルストが航空母艦として生まれ変わったのは、1943年(昭和18年)12月のことでした。

改造を終えたシャルンホルストは、日本海軍の軍艦となり「神鷹(しんよう)」と名付けられました。
神鷹は元が大型の客船だったこともあり、船体の大きさ的には中型空母並の大きさを持つものでした。

全長は198.34メートル。
最大幅は25.64メートルもあり、基準排水量の17500トンは正規空母「飛龍」に匹敵するものだったのです。

ただ、やはり改造空母であるがゆえに航空機の搭載量は少なく、戦闘機9機プラス攻撃機18機の27機しかなく、それに予備機がそれぞれ3機ずつの最大33機というものでしかなかったのです。

さらに神鷹の機関は、ドイツ製の高圧ワグナーボイラーで、これにより24ノットの速力を発揮することができたのですが、このワグナーボイラーを当時の日本は扱いきれませんでした。
そのため、機関を日本製のボイラーに交換することになり、この換装にまた時間が取られます。

換装が終了し艦隊に配備されたのは1944年(昭和19年)の6月でした。
そのころには日本はすでに空母の運用が難しくなっているありさまでした。

しかも、機関を換装したことにより、神鷹は最高速力が低下しておりました。
最大でも21ノットしかでなくなってしまったのです。

当時の日本には空母用の蒸気カタパルトはありませんでした。
米軍は小型の護衛空母でも、カタパルトで無理やり航空機を飛ばせたのですが、日本は空母が最大速力で走り、航空機が自力滑走してその合成風力で飛び立つしかなく、速度が遅いと新鋭の彗星艦爆や天山艦攻は重くて飛ぶことができなかったのです。
結局神鷹は船団護衛用の護衛空母としてしか使えないものでした。

1944年(昭和19年)11月、マニラ及びシンガポール行きの輸送船団の護衛に付いた神鷹は、船団とともに中国沿岸を目指していましたが、11月17日にアメリカ潜水艦の攻撃を受け魚雷四本が命中。
この爆発で航空機用燃料に引火した神鷹は、もはや手の施しようがなく、わずか三十分ほどで波間に没します。
生存者はわずかに六十名ほど。
改造終了後わずかに半年に満たない生涯でした。

何隻もの商船を航空母艦に改造した日本海軍でしたが、空母用の蒸気カタパルトを持たない日本は改造空母を有効に運用することができませんでした。
やはりここにも技術力の差が大きくモノを言うことになるのです。
生産力だけじゃない総合国力の差がやはり大きかったということなのでしょうね。

それではまた。
  1. 2009/03/03(火) 21:06:29|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア