fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

赤城(あかぎ)の山も今宵限り・・・

ご存知(?)国定忠治のセリフとして有名なフレーズですが、ここに出てくる赤城山は、群馬県中央部に位置する山で、日本百名山にも入るこれまた有名な山の一つとなっています。

この赤城山から名前を取った日本海軍の軍艦は二隻ありますが、今日は明治期の砲艦である初代の「赤城」ではなく、南雲機動部隊の旗艦として太平洋戦争初期に縦横無尽の活躍をした、航空母艦「赤城」をご紹介いたします。
うーん・・・今まで紹介したことなかったんだなぁ・・・

(二代目)赤城は、日露戦争後の日本海軍が営々として築き上げようとしてきた、艦齢八年以下の戦艦八隻、巡洋戦艦八隻を整備するといういわゆる八八艦隊計画の、巡洋戦艦の第一陣である「天城」型巡洋戦艦の一隻として計画されました。

計画当初は最新鋭の強力な巡洋戦艦として完成する予定であり、同じく八八艦隊計画によって建造中であった新型戦艦「加賀」型と同様の攻撃力を備え、装甲を若干薄くして代わりに30ノットという高速力を発揮するというコンセプトの巡洋戦艦でありました。
装甲が薄いと言っても、八八艦隊計画の戦艦「長門」型よりも防御力は上回っていたとも言われ、まさに日本を代表する巡洋戦艦として建造が開始されたのです。

ところが1922年、世界の主要海軍国は、拡大する一方の新型軍艦建造競争により国家財政が傾くのを避けるため、ワシントン海軍軍縮条約を締結します。
このためこの時点で完成していなかった天城型巡洋戦艦は、全艦建造中止の憂き目を見ることになってしまいました。

幸いなことに建造途中の船体については、航空母艦への転用が認められたために、建造が進んでいた一番艦天城と二番艦赤城に関しては航空母艦として建造が続けられることになります。
こうして赤城は、巡洋戦艦ではなく航空母艦として完成することになりました。
(ちなみに天城については、2007年5月30日の当ブログ参照)

航空母艦として建造された赤城でしたが、当時はまだまだ航空母艦の黎明期でした。
英国で同じように空母に改装された「フューリアス」を参考に、上中下の三段階の飛行甲板を設けた赤城は、見た目に特異な艦形を見せる空母として完成します。
これは一番上を発着艦兼用、二段目と三段目は発艦専用にして艦載機の運用を効率的にするというものでしたが、二段目には巡洋艦との交戦を考慮した20センチ連装主砲が二基搭載され、艦橋も置かれることになったために使えなくなり、一番下の発進専用飛行甲板も大型機の発進には長さが短いなどの問題があるものでした。

昭和13年(1938年)に、いろいろと不都合のあった三段型の飛行甲板を廃止。
あわせて近代化改装が行われました。
この改装で長大な一つの飛行甲板が艦上に設けられ、二段目と三段目の飛行甲板のあった部分には格納庫が設けられることになり、日本の航空母艦の中でもかなり大型の航空母艦として完成します。

しかし、煙突の反対側に置いたほうが重量配分的にもよかろうと思って配置した左舷側艦橋は、後部気流を乱す上大きさも小さく、艦隊旗艦としての任務には不都合を生じるほどでした。
また、近代化改装をされたわりには新型高角砲への変更がなされないなど、不十分な近代化だったとも言われます。

ですが、加賀と並んで日本海軍の大型空母としての期待は大きく、また練度の高い乗員などによって充分に能力を発揮できたため、太平洋戦争序盤には南雲機動部隊の主力航空母艦として大活躍をしました。

ハワイ作戦やインド洋作戦を終えた赤城は、昭和17年(1942年)6月、ミッドウェー海戦に参加。
索敵の不備や二重の作戦目標などの不手際により、艦載機の発進準備中に米軍艦載機の奇襲を受け爆弾が命中。
搭載弾薬や燃料に引火して大火災を起こしてしまい、これが命取りになってしまいました。

ほぼ轟沈に近かった加賀や蒼龍とは異なり、赤城は総員退艦後も洋上に浮いておりましたが、撤収時に曳航は無理と判断され、味方の魚雷で処分されることになります。
四隻の味方駆逐艦の魚雷を受けた赤城は、昭和17年6月6日、その生涯を終えました。

真珠湾攻撃を初めとする南雲機動部隊の代表ともいえる空母です。
個人的にもプラモデルなどで思い入れが深いものがあります。
太平洋戦争の一番輝かしい部分を背負った軍艦だったのではないでしょうか。

それではまた。
  1. 2009/03/02(月) 21:14:15|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

03月02日のココロ日記(BlogPet)

触手ってなんですか?うごめく日付みたいなものですか?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
  1. 2009/03/02(月) 08:18:54|
  2. ココロの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア