FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

韋駄天

陽炎型駆逐艦で一応の完成を見た日本海軍の艦隊型駆逐艦でしたが、仮想敵国として日に日に戦力を充実させて来る米国に対し、いずれは戦力不足となるであろうことが予想されました。

特にアメリカが建造しようとしている新型戦艦の速度が、約28ノットに達するという情報があり(のちのサウスダコタ級)、35ノットがでる陽炎型といえども速度面での優越さはそれほど発揮できなくなることが懸念されました。

そこで駆逐艦の更なる速度向上を目指すべく、昭和14年(1939年)の計画で建造されたのが、高速駆逐艦「島風」でした。

52000馬力の陽炎型に対し、島風はなんと75000馬力に達する機関を搭載。
高温高圧のボイラーでタービンを回し、最高速力は39ノットを計画します。

太平洋戦争が始まり、じょじょに戦局が苦しくなってきた昭和18年(1943年)5月10日、島風は竣工します。
すでに前年ミッドウェーで機動部隊を失い、2月にはガダルカナルでの激戦が日本の負けに終わり、4月には山本五十六連合艦隊司令が戦死しておりました。
そんな中で、島風は期待の最新鋭艦として完成したのです。

島風は高速と同時に重武装の駆逐艦として建造されました。
基準排水量2560トンの船体は、全長約130メートル、水線幅11.2メートルの大きさでした。
この船体に島風は、12.7センチ連装砲塔三基は陽炎型と同じですが、魚雷発射管は61センチ5連装発射管をなんと三基も搭載したのです。
つまり一隻の駆逐艦が魚雷15本をいっせいに発射できるのです。
これは世界駆逐艦史上でも最高の発射門数でした。

島風はこの重武装の船体を持ちながら、39ノットの高速を発揮させるつもりでした。
そして島風は試験において、軽荷状態だったとはいえ、見事に40.9ノットという高速を発揮します。
これは日本駆逐艦史上最高速でした。

高速性と重武装を両立させた島風は、太平洋戦争前の昭和14年の計画時において望んだ最高の駆逐艦の姿でした。
しかし、太平洋戦争三年目の昭和18年において、島風はもはや海軍の望む駆逐艦ではありませんでした。
高速を発揮する75000馬力の機関は製造が難しく量産ができるものではありません。
また、いかに高速で重武装であろうとも、戦いの主役は航空機に移っており、水上魚雷戦自体が起こりにくくなっていたのです。
海軍が望む駆逐艦は、量産ができ防空能力を持つ対空護衛艦へと変わっていたのです。

16隻の量産が予定されていた島風型駆逐艦は、結局島風一隻が作られたのみでした。
以後の駆逐艦は量産に適した「松」型と、防空力の高い「秋月」型へと移っていったのです。

島風はキスカ島撤退作戦、マリアナ沖海戦、レイテ沖海戦などに参加。
しかし、その雷撃力や高速を発揮するような場面にはめぐり合えませんでした。

そして昭和19年(1944年)11月11日、オルモック湾で米軍機の空襲により沈没。
いかに高速といえども、水上艦艇では航空機の攻撃には対抗し得ないことを身を持って証明し沈んだのです。

優秀といわれる日本の駆逐艦でしたが、その優秀性を発揮できる戦場ではなかったんですよね。
時代の移り変わりとはいえ、無念だったのではないでしょうか。

それではまた。
  1. 2009/01/27(火) 20:47:14|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア