FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

突撃一番

タイトルでニヤッとされた方がいらっしゃるかなぁ。

古今東西、軍の戦闘部隊を構成する人員の大半が男性というのは、間違いのない事実です。
しかも、およそ若い男性が中心となるのが軍隊と言ってよく、その若い男性に付き物なのが、性に対する欲求でした。

この性に対する欲求というものはなかなか侮りがたく、この欲求をうまくコントロールしてやらなければ、部隊の戦闘力そのものが損なわれる危険性がありました。

性に対する欲求を無造作に発揮させてしまえば、それは不特定多数との乱れた性交渉となる可能性が高く、その場合にまた付き物となるのが性行為による感染症、いわゆる性病でした。

この性病が部隊に蔓延した場合、当然戦闘に携われる兵員数が減少するため、部隊の戦闘力が低下します。
軍にとってはそれは看過できることではなく、やはり兵士の性欲をうまくコントロールして、性病の蔓延を抑えつつ性欲を発散させてやることが必要でした。

日本陸軍にとってもそれは例外ではなく、シベリア出兵のときなど約二万人もの梅毒患者を出してしまったことなどからも、性病予防のためにいろいろな策を講じることになります。

性病予防として一番用いられたのは、やはりコンドームでした。
日本でコンドームが使われるようになったのは江戸時代のことだそうで、オランダからの輸入品の品目の中に当時のコンドームが入っていたそうです。

その当時は魚の浮き袋や動物の皮でできた袋などが使われていたそうで、フランス語の「ルーデ(陰茎)サック」という言葉がそのまま使われ、明治期になっても「サック」と呼ばれていたそうです。

明治から大正期になると、素材もゴムとなり現代のコンドームに近いものとなりますが、手作りに近い製造方式だったため、薄さや耐久性もまちまちだったといいます。
ですが、性病予防の必需品として、兵士が兵営から外出するときは、それがたとえ娼館などにいくものでなくても必ずコンドームを持たされたとのことです。

この兵士一人一人に渡されたコンドームの名称が「突撃一番」でした。
突撃のときに頭にヘルメットをかぶるように、行為に及ぶときにはかぶせなさいという意味合いだったそうです。

昭和になって日中戦争などが始まるころには、コンドームのほかに軟膏状の殺菌剤も支給されるようになったそうですが、国外で戦闘に従事する兵士の数が増えるにつれ、性病もまた多く発生するようになったといいます。

太平洋戦争ではコンドームは性病予防のほかにも、ゴム製品であることを利用していろいろに使われたといいます。
一例としては、船舶輸送されるときに撃沈され海に放り出されたときのために、貴重品を入れて防水袋として身につけたり、高温多湿のジャングルでは機材の湿気保護のためのカバーとして使われたりしたそうです。

軍の部隊が人間の集団である以上、衣食住のほかにもこうした性欲をコントロールすることもまた重要なことだったんですね。
それではまた。
  1. 2009/01/14(水) 20:20:59|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア