FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

トラジマビキニではありません

第二次世界大戦が始まり、英国とドイツが戦うことになったことで、英連邦の一国であるカナダはいやおうなく戦争に巻き込まれることになりました。
とはいえ、戦場は遥かに遠く大西洋の反対側。
カナダは兵力の供給と軍事物資の生産という形で英国に協力することになりました。

1940年にはフランスのダンケルクにおいて英軍が撤退。
武器のほとんどを放棄して英本国に逃げ帰ります。
以後英国は何よりもまず戦力の回復に努めることになりました。

カナダも英国の求めに応じて軍事物資の生産に尽力しますが、その中核となったのはやはり戦車です。
英国で開発された「バレンタイン」戦車の図面がカナダに届けられ、カナダの工場で作りやすいように各部を改めたのち生産が開始されたのが1940年の夏ごろでした。

カナダでは自国でも戦車師団を創設し、英国とともにドイツと戦うつもりでしたが、英国から戦車をもらうことになっていた約束はご破算となり、それどころか英国のために戦車生産をすることになってしまいました。
しかも、できあがったバレンタイン戦車は全て持っていかれるため、自国で生産した戦車すら自国の戦車師団では使えなかったのです。

そこでカナダは新たな戦車をアメリカの協力の下で生産することにしました。
英連邦の一国とはいえ、地理的要因からもカナダはアメリカと技術的交流が深かったのです。

1940年当時、アメリカはまだ第二次世界大戦には参加しておりませんでした。
この時点でのアメリカの主力となっていた戦車は、車体の脇に75ミリ砲を備え、37ミリ砲を搭載した砲塔を別に備えたM3中戦車でした。
カナダはこのM3中戦車を自国の戦車として生産するかの検討を始めました。
M3中戦車をそのままライセンス生産できれば、新たに一から作るよりは遥かに手っ取り早いからです。

機械の信頼性や工場での生産面などでは問題のなかった米国製M3中戦車でしたが、装甲面や火力の面でドイツ戦車に対し見劣りするというのがカナダの結論でした。
75ミリ砲は強力ではありましたが、車体に搭載されているために運用上に難があり、さらにその上に砲塔が乗っかっているため背が高いことも問題だったのです。
ほかにも無線機の装備位置などカナダ軍としてはこのままM3中戦車を生産するのは不適当とされ、M3中戦車をカナダで生産するという案は却下されたのです。

とはいえ、やはり一から戦車を作るのは時間がかかります。
そこで足回りそのものはM3中戦車のものを流用し、車体を改設計して主砲を大型砲塔に積むというアイディアが出されました。
これならばそれほど時間はかかりません。

こうしてカナダはM3中戦車のコンポーネントを流用した新型戦車を開発することになりました。
この新型戦車には「ラム(Ram)」と名付けられ、試験結果も良好で生産が開始されることになります
(ちなみにRamは雄羊のことだそうで、ジンギスカンなどに使われる子羊肉のラム:Lambとは違うとのことです)

ラム戦車は、足回りはM3中戦車そのまま使用しており、車体は装甲を強化した鋳造車体を載せ、M3中戦車より大型になった砲塔に6ポンド砲(57ミリ砲)を搭載しておりました。
ただし、6ポンド砲が間に合わなかった初期の50両のみは2ポンド砲(40ミリ砲)を搭載して完成しています。

主砲の口径そのものは小さくなりましたが、砲塔に搭載された6ポンド砲は運用上は遥かに使い勝手がよく、ラムはM3中戦車よりも完成した戦車としてカナダ軍に納品されました。
おそらくバレンタイン戦車よりも優秀だったことでしょう。

しかし、ラム戦車の優秀性は実戦では発揮されませんでした。
総数1900両あまりも作られたラム戦車は一両も実戦に参加することはなかったのです。

ラム戦車はアメリカの参戦に伴い大量に供給され始めたM4中戦車にその座を奪われたのでした。
M4中戦車は75ミリ砲を砲塔に搭載しており、ラム戦車に勝っていた上、アメリカの巨大な生産力で英軍と米軍の主要装備に収まることになったのです。

大量に生産されたラム戦車は、その一部が訓練用として使われることになりました。
もともとM3中戦車のコンポーネントを使っていたため、ラム戦車とM4中戦車はいわば兄弟のようなものであり、操縦などの訓練をラム戦車で行なってM4に乗り換えても問題なかったのです。

そして砲塔を取り外した車体は、戦車回収車や兵員輸送車として使われることになり、いくつかの派生車両を生み出します。

こうしてラム戦車は実戦を経験することなく終わりました。
しかし、カナダ軍及び英軍にとっては、アメリカ製戦車の取り扱いの基礎をもたらしてくれた車両と言ってよく、その後のM4を中核とした機甲師団運用に影響を与えたのではないでしょうか。

それではまた。
  1. 2009/01/02(金) 19:08:44|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア