FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

車輪付きだけど・・・

機関銃が連続射撃するときに問題となる点の一つが銃身の加熱であることは以前お話いたしました。
発砲時の火薬の燃焼熱で金属の銃身が熱を持ち、それによってゆがみが生じてしまうのです。

そのため、機関銃にはそれぞれ工夫を凝らした銃身冷却機能が備えられることになったのですが、結局大別して二つの方法が取られます。
一つは銃身のまわりに放熱フィンなどを取り付ける空冷式、そしてもう一つは水などの液体を銃身のまわりに通す水冷式です。

それぞれに一長一短があり、軽量で運用しやすいが冷却能力に劣る空冷式と、重くてかさばるが冷却能力に長けた水冷式の二種類を軽重機関銃として組み合わせて運用することが第二次世界大戦ごろは一般的でした。

第二次世界大戦前のソビエト連邦でも、水冷重機関銃は重要な歩兵火力の一つであり、1910年に実用化されたマキシム機関銃がその優秀性もあって使用し続けられておりました。
もちろん第一次世界大戦(1914-1918)の前に採用された機関銃ですので、細かな修正はいくつもされていたのですが、基本はまったく変更されずに使われ続けていたのです。

映画などでも見かけることがあると思うのですが、このソ連の水冷重機関銃はPM1910というナンバーで呼ばれ、一番の特徴として両側に車輪の付いた二輪タイプの銃座によって運用されたことでしょう。
昔のタミヤのプラモにも、車輪付きのこのPM1910を引っ張っている歩兵の人形が付いたものがありました。

この二輪式銃座は、アレクサンドル・アレクセイヴィッチ・ソコロフという人が開発したもので、「ソコロフマウント」と呼ばれるものでした。
水冷重機関銃はどうしても重量が重くなるために、少しでも動かしやすいようにとの配慮だったのでしょう。

しかし、PM1910はもともと水冷機関銃であるために機関銃本体だけでも約28kg.も重さがありました。
そこへさらに二輪式とはいえ機関銃本体よりも重いソコロフマウントを付けると約63kg.にもなり、固い地面であればごろごろと引っ張っていけますが、あの悪名高いロシアの泥濘だとほとんど意味がなくなってしまったのではないでしょうか。

さらにソ連軍は、陣地固定して射撃することの多い重機関銃であるため、射手が狙われてしまうことも考慮してこのPM1910にさらに重くなる防盾をつけたのです。
これでPM1910は約70kg.にもなりました。
しかもこの防盾は、実戦で使ってみるとほとんど役に立たないことが判明し、ただ重量だけを増やす役にしか立たなかったのです。

ソ連人だって少しでも軽いほうがいいと思うのは人情で、結局この防盾はほとんどの場合取り外されて使用されることが多かったようです。
しかし、ソコロフマウントと機関銃本体の重さだけはどうしようもなく、より軽量の空冷式重機関銃をソ連は開発することになりました。

とはいえいつのことになるかわからないし、ドイツ軍の侵攻が始まってしまった1941年以後は、使えるものはなんでも使わないといけなかったしで、PM1910重機関銃はソ連軍の重機関銃の主力として使われていきます。
また小改修も順次行なわれていき、水冷用の水を補給しやすくするための大型キャップが水冷カバーの上に付けられます。
このキャップはなんとトラクターのラジエーター用のキャップを流用したものだそうで、開口部が大きくなったため水の補給がやりやすくなったほか、冬は雪や氷をがさっと入れることもできたため非常に使い勝手はよくなったそうです。

独ソ戦初期にはドイツ軍にもかなりの数が捕獲され、sMG216(r)のナンバーを付けられて使用されました。
重たいことを除けば充分実用性の高い重機関銃だったのでしょう。

どのくらいの数が作られたのかは定かではありませんが、1943年に生産終了になった後もソ連軍は使い続け、1945年の終戦まで使われています。
それどころかその後も各地の戦場に姿を見せ、ベトナム戦争でも北ベトナム軍が使用したと言う話です。
息の長い兵器だったんですね。

それではまた。
  1. 2008/11/25(火) 20:56:41|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア