FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

少女戦闘員(後編)

今日はショッカーゆう様の「少女戦闘員」の後編です。
楽しんでいただけると思います。


改造素体名
東ひろ子(13)中学二年生
改造組織名
秘密結社Yショッカー
理由 : 健康的な美少女、Yショッカーに目を付けられ誘拐されて少女戦闘員になる。


『 新たにYショッカーの一員に加わった。
二人の制服少女戦闘員 彩と麻衣!首領の元に出でよ!』

「「イーッ!」」

二人の少女戦闘員が現れ、直立不動で腕をクロスさせ敬礼する。
『さあ!栄光あるYショッカーに忠誠を誓うのだ!』

「「偉大なるYショッカーに身も心も捧げ忠誠を誓います。イーッ!」」

二人は、Yショッカーの首領に忠誠を誓った。

『うん宜しい!これから、十分に組織の為に働いてもらう!早速だが、お前たち二人は、ある少女を誘拐してもらう!この制服美少女をよく知っておるだろう?』壁のモニターに、一人の美少女の写真が、映し出された。
それを見る、少女戦闘員の二人。
「はい!私のクラスメイトの東ひろ子ですイーッ!」「はい!私の先輩の東ひろ子ですイーッ!」二人は、そう答えた。

『そうだ!お前たちがよく知っている、東ひろ子だ!お前たち二人は、この美少女を誘拐して、我々の仲間にするのだ!毎日、一緒に同じバスで通学している、お前たちなら、何の疑いもなく、この美少女を誘拐できる。この東ひろ子をうまく、誘き出しそこでうまく誘拐するのだ!』 「「イーッ!かしこまりました。必ずやこの東ひろ子を誘拐して参ります。」」二人は一緒に答える。

『よし!それでは、おい!アレを用意しろ!』首領が言うと、女幹部のヘドリアン仁美が、あるものを二人に手渡した。 それは、青いアイシャドーであった。

『これは、普通の化粧品ではない!我々が開発した。アイシャドータイプの洗脳薬なのだ!この薬を塗られた普通の人間は、直ぐ我々の僕になり命令に従うようになるのだ!このアイシャドーを東ひろ子の顔に塗り、僕にしたところを誘拐して来るのだ!』
「「イーッ!かしこまりました。必ずや東ひろ子を誘拐して参ります。イーッ!」」


その日の夕方、部活を終え一人で下校中の東ひろ子は終点でバスを降りる。彼女は、バレー部に所属する。学校1のエースアタッカーなのだ!今日の練習も厳しかった。まあ、今度の大会も近いから仕方ない。「頑張ろ!」彼女はそう自分に言い聞かせた。
そんな事を考えながら歩いて居ると、目の前に同じ制服を着た少女が、現れた。 後輩の高野麻衣だった。
ひろ子は、驚いて立ち止まる。
「あれ?貴女、一年生の麻衣ちゃんよね?どうしたの、青いアイシャドーなんか引いて?」少し笑みを見せて話しかける東ひろ子。
「先輩も引いてみませんか? 私より先輩は美人ですし、私先輩のお化粧した顔を見てみたいです。 私!綺麗なひろ子先輩を見てみたいです。お願いします。」そう言いながら頭を下げる。
後輩に、そんなにまで言われると少し照れるけど、嬉しく思うひろ子だった。

「そう?じゃあ、ちょっとお化粧遊びしちゃおかな。私だって綺麗に成りたいし、女の子は誰でもそうだし。じゃあ、塗って!綺麗にしてね!」
東ひろ子は、そう言ってしまった。

アイシャドーを麻衣に塗ってもらっている時、彩が偶然を装い現れた。

「ひろ子!綺麗だよもっと、化粧すれば綺麗になれるよ。」

その言葉に、東ひろ子は、化粧されて綺麗な美少女になる事に、誇りをもっていた。

゛もっと綺麗になりたい!"

東ひろ子は、そう思っていた。

麻衣が、ひろ子のお化粧が塗り終わると、ひろ子先輩!綺麗になりましたよ!そう東ひろ子に伝えた。

「そうありがとう!」

ひろ子は後輩の麻衣に伝えると、急に頭がおかしくなり始めた。

「うっ!何これ?頭がおかしくなる!アーッ!」 東ひろ子が頭を抱えて、その場でしゃがみ込んだ。
ひろ子は、何かに引っ張られそうになる自分を耐えていた、しかし、それも限界があった。 自分の心が何かに呑まれてしまった。
その光景を見て苦笑いする二人の少女戦闘員、そして彩が「東ひろ子!お前は選ばれたのだ!我々が行う改造手術を受けて、我々の仲間になるのだ!」

すると、それまで頭を抱えて苦しんでいた東ひろ子が、ゆっくり立ち上がり「はい、喜んで入団します。」
そう答えていた。

そして、彩と麻衣に連れられて、闇の中に消えて行った。

アジトに連行された、東ひろ子は、直ちに改造手術が開始された。


制服姿のまま、黒い椅子に座り、手足と胸周りに拘束具に固定され、頭にヘルメット型のヘッドギヤが乗せられた。

Yショッカーの科学戦闘員の一人が、スイッチを入れると、機械が動き始めた。
『グオングオングオングオングオン』

東ひろ子の本改造手術が開始された。
この改造手術が成功すれば、彼女はYショッカーの美少女戦闘員になるのだ!
「アーッ、ウウッアッ! アーッ…」
東ひろ子は、左右に首を振りながらもがいていた。
心の中でひろ子は、必死にもがいていた。
『苦しい~止めて、頭がおかしくなっていく~でも抵抗が出来ない、ア~ッ、段々気持ち良くなっていく、あの二人みたく悪い女の子になっていく、えっ?なに言っているの私、駄目よそんなの、良いじゃないひろ子、貴女は栄光あるYショッカーの一員に選ばれたのよ!何をためらって居るの貴女はYショッカーレディよ!えっ?私はYショッカーレディ!フフフ…。』
心の中のひろ子がそう叫ぶと、瞼の青いアイシャドーがキラリと光り、東ひろ子が目を覚ました。
「イーッ!」
元気良く奇声を挙げた。 改造手術は成功し、手足の拘束具が外され、立ち上がると直立不動の姿勢になり腕をクロスさせもう一度奇声を挙げた。
「イーッ!」
すると、待機していた二人の少女戦闘員が、ひろ子の両腕を掴み、別の部屋に連れていく、その部屋には新しい少女戦闘員の黒いレオタードと網タイツに黒いブーツなどの制服一式が用意されていた。 ひろ子は、今まで着ていた学校の制服を脱ぎ、少女戦闘員の制服に身を包んだ、ここに新たな美少女戦闘員が完成した。

「出でよ!新たにYショッカーに選ばれた東ひろ子!」「イーッ!」

美少女戦闘員となった東ひろ子が現れた!

彼女をスカウトした斉藤美紀がひろ子の事を紹介する。

「この度、栄光あるYショッカーの美少女戦闘員になった東ひろ子です。」そう紹介され首領の前に現れるひろ子「イーッ!偉大なるYショッカーの為に!首領様と組織に忠誠を誓います。イーッ!」『よろしい!期待して居るぞ!さて、早速だが、お前には新たな任務が待っておる、我々は、お前達が通っている、学校に興味がある、そこでだ!お前達三人で、協力しあいお前達の学校の優秀な女子生徒を一人づつ誘拐し、我々の仲間にするのだ!』「イーッ!かしこまりました。必ずや実行致します。」

東ひろ子が答えると、誘拐された時と同じ学校の制服姿に戻り、他の二人の少女戦闘員と共に、新たな少女達を誘拐しに出ていった。

そして、三人の少女戦闘員は手分けをしながら、各自一人ずつクラスメートの女子生徒を誘拐していった。
その時、誘拐される少女達の顔には、東ひろ子と同じ様に青いアイシャドーが引かれていた。 そして、半年間で校内の女子生徒全員が、Yショッカーの少女戦闘員になった。

がり勉娘の少女達は、Yショッカーに物凄く貢献していった。

「「イーッ!」」

         終わり


以上です。
ショッカーゆう様投稿ありがとうございました。
拍手感想などありましたらお寄せくださいませ。
私のほうからお伝えさせていただきます。
  1. 2008/09/27(土) 20:25:40|
  2. 投稿作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア