FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

いよいよ米軍参加

先日に引き続いてTOMO様とスコードーリーダーをプレイしました。

今日はシナリオ6及び7をプレイです。

シナリオ6は、いよいよ夜間シナリオとなります。
勝ち戦のどんちゃん騒ぎに酔いしれているソ連軍が待ち構える中、指揮官数名に率いられた独軍の5個分隊が、盤外に3個分隊を脱出させれば勝利となります。

いつものごとく独軍はTOMO様が、私がソ連軍を担当しました。
ソ連軍は夜間視認距離内の独軍が見えないと動けないので、初期配置が重要となってきます。

私は独軍の盤外突破を阻止するために、第二盤と第三盤に部隊をばら撒きます。
独軍がどこからやってきても、どれかの部隊が阻止できるだろうとふんでのことでした。

夜間シナリオは見える距離が限られるため、その距離を越えた外側を移動していると、ソ連軍はまったく気がつくことができません。
TOMO様率いる独軍は、盤の上下端ぎりぎりのところをこそこそと駆け抜けて行きました。
6・20(1)

盤中央部のソ連軍は、独軍の通過に気がつきもしません。
みすみす何もできずに無意味な存在と成り果てる部隊が出てきます。

指揮官が照明弾を打ち上げて独軍ユニットを照らし出すものの、照らし出された部隊はダミーだったという状況が続きます。
それでも、盤端に近いソ連軍部隊がかろうじて行った射撃が1個分隊を失わせ、独軍の残りは4個となりました。

終盤、ソ連軍は突破されまいと必死に追いすがりますが、独軍の2個分隊が盤端に到達。
残り1個を突破させれば独軍の勝利と言う状況にまで追い込まれます。

ここで乾坤一擲のソ連軍の射撃が、ピンゾロで開豁地を移動中の独軍分隊を指揮官ごと除去。
2個目の損害となってしまい、残る1個分隊が脱出できるかどうかに勝利の行方はかかります。

TOMO様の独軍の残り1個分隊は、ソ連軍を迂回しつつゆっくりと移動しておりました。
ことここにいたり、独軍は指揮官とスタックしての盤外突破を図ります。
しかし、無常にも残りターン数では移動力が足りないことが判明。
最後の分隊は脱出できないことがはっきりしたため、独軍の敗北となりました。

危ない勝利でした。
最後のピンゾロがなければ、おそらく突破されていたでしょう。
お互いに緊迫した一戦でした。

その後、引き続きシナリオ7をプレイしました。
このシナリオからいよいよ米軍の登場です。
米軍は射撃を受けるともろい反面、回復は早いので、部隊が極端に損害を受けなければ、回復させながら地保を確保できそうです。

シナリオ7は双方が不用意に接触したという状況のシナリオで、お互いに10個ユニットの損害を受けた時点で“退却”となり、退却したほうが敗北というものです。
TOMO様が独軍を、私が米軍を担当いたしました。

序盤、TOMO様の独軍の接近に対し、米軍の防御射撃が効果を発揮。
独軍の最初の攻撃を頓挫させます。

しかし、独軍の反撃を受けた米軍はやはりもろく、2個分隊が早々に失われてしまいました。
独軍は優秀な指揮官が後方で回復を担当し、分隊がすぐに回復してきます。
その速さは独軍と米軍が入れ替わったのではないかとすら思われました。

中盤、米軍頼みの綱の武装ハーフトラックがパンツァーファーストの餌食となって破壊され、一挙に2個分隊の損失と数えられてしまいます。
さらには白兵戦に巻き込まれた指揮官が失われ、失ったユニットは計5個。
独軍は計3個と有利にゲームを進めます。

6・20(3)

このままでは勝負に負けると判断した米軍(私)は、独軍を半包囲するべく部隊を森に進めます。
さらにはハーフトラックの残骸を盾にして、2個分隊が独軍の前に立ちはだかりました。

これに対しTOMO様の射撃が効果を発揮。
なんとピンゾロでハーフトラックの陰にいた2個分隊が除去。
さらには単独で後方待機していた指揮官がまたもや白兵戦に巻き込まれて除去されるという事態に。
米軍はなんと8個のユニットを失いました。

最後は独軍に隣接して放った大火力の射撃がスカ。
白兵戦と射撃で残りの2個分隊も除去されて米軍の敗北となりました。

一勝一敗でしたが、今日も状況(サイコロの目)次第ではどちらに勝利が転んでもおかしくない戦いでした。
これでシナリオ7まで行きましたので、次回はシナリオ8からです。
TOMO様、またお相手よろしくお願いいたします。

うーん・・・面白かったよー。
それではまた。
  1. 2008/06/20(金) 20:12:04|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア