FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

首筋に牙が・・・

五月最初のSSは「帝都奇譚」です。
今回もちょっとだけで申し訳ありません。
次回あたりで月子とヴォルコフの戦いにもけりがつくと思います。

ではどうぞ。

27、
奇妙なものを使う・・・
ヴォルコフの第一印象はそれだった。
先ほどまで使用していた分銅鎖といい、よほど長いものが使い慣れているのか?
それにしても重さも長さもまるで違うものを二種類使うとは・・・
退魔師というがこの女、忍者ではないのか?

呪符をを刻んだこのリボン。
普段使うことはめったにない。
どちらかというと最後の隠し武器といってもいいものであり、これを出すということ自体が容易ならない相手であることを物語っている。
もちろん月子はそれを充分に承知しており、できるなら出したくなかったなどとは思わない。
ヴォルコフの力量から言っても、いずれは出さざるを得なかったであろうし、早いか遅いかの違いだろう。
もっともその前に決着がついたのであれば、それに越したことはなかったのだが。

リボンを手にした月子を前に、一歩を踏み出せないヴォルコフ。
たかが人間にこれほど手間取るとは誰が考えたであろう。
だが、それもここまで。
鋭い爪をかざし、ヴォルコフは月子に向かって飛び掛った。

来た!
月子の躰に緊張が走る。
魔物のくせに伯爵などと名乗るからには相当にプライドも高いだろう。
後ろから飛び掛るなどということは考えないとは思ったが、こうも正面から飛び掛ってこられると、月子は一瞬苦笑が口元に浮かぶのを止められなかった。
鋭い爪での斬撃。
それに続く牙の一撃は、これまで数多くの西洋のハンターを倒して来たに違いない。
でも・・・
私はそう簡単にはやられない。
月子はすっと身を沈め、ヴォルコフの繰り出してくる爪の斬撃に備える。

唸りを上げて襲い来るヴォルコフの爪の一撃。
月子はそれを紙一重でかわしつつ、左手でリボンを扱いヴォルコフの繰り出された右手に絡ませる。
そのまま躰を回転させるようにして、左手のリボンで大きくヴォルコフの右手を振り回す。
そしてヴォルコフに背を向けるような形になると、右ひじを顔面に叩きつけた。
ガキッという感触が走り、月子に手ごたえを感じさせる。
まさに一撃が決まったといってよかった。

「えっ?」
だが、それもつかの間、月子はヴォルコフに背を向けてしまったことを悔いる羽目になる。
ヴォルコフはリボンに絡みつかれた右手が月子の前側に回りこんでいるのをいいことに、顔面への肘鉄をものともせず、月子を両腕で抱きかかえる形に持ってきたのだ。
「し、しまった」
月子は臍をかむ。
正面から来ることで相手の動きを理解した気になっていたのだ。
顔面への一撃は通常であれば相手の戦意を喪失させるのに充分すぎるもの。
だが、相手は通常ではなかったのだ。
窮地に陥ったのは自分の方だった。

「あぐぅ・・・」
首筋に激痛が走る。
ヴォルコフの牙が食い込んだのだ。
通常言われる吸血鬼とは違い、ヴォルコフは“新たな世界に生きる者”であり、牙を突きたてて血を飲むことはめったにない。
通常は相手とキスをかわし、その舌で相手の喉の奥からエキスを吸い取るのが普通である。
だが、今回ヴォルコフはあえて牙を突きたてた。
これはさんざん翻弄してくれた女退魔師に対する怒りの現れであり、痛みを与えることで罰を与えているといえるのだった。

「ククク・・・お前の血を残らず吸い取ってしもべにしてくれる。そのあとでさんざんいたぶってやるとしよう」
すでに動きが止まった女退魔師。
あとは血を吸い尽くしてしもべにするだけ。
てこずらせてくれたものの、これはこれでいい手駒になるに違いない。
ヴォルコフの口元に笑みが浮かぶ。
紅葉を失った代償としては釣りが来るというものだ。
先ほどの顔面への一撃は赦してやるとしよう。
そう思い、ヴォルコフは月子の血をたっぷりと口の中に吸い込んだ。
月子の口元になぜか笑みが浮かんだのも知らず。
  1. 2008/05/02(金) 20:01:41|
  2. 帝都奇譚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア