fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

空母に載せるはずが・・・

第二次世界大戦中、ドイツ空軍の主力戦闘機として終戦まで使用された戦闘機がメッサーシュミットBf109でした。
機種番号についてはメッサーシュミットであるためにMe109とかかれることもありますが、メッサーシュミット社が吸収する前のバイエルン航空機製だったためにBf109と表記されることが多いようです。
液冷エンジンを搭載したスマートな外観は日本でもファンが多いと思われ、零戦のプラモデルと造り比べてみた人も多いのではないでしょうか。

このメッサーシュミットBf109は初期量産型のE型に始まり、F型、最多量産数のG型、最終量産型のK型へと進化して行くのですが、その進化の過程において、一風変わった形式の機体も作られることになりました。
ドイツ海軍航空母艦グラーフ・ツェッペリンに搭載する艦載機型Bf109です。

ドイツ海軍はドイツ再軍備開始にあたり、戦艦や空母を建造する計画を立てました。
戦艦はあの有名なビスマルク。
そして空母がこのグラーフ・ツェッペリンでした。

しかし、当時のドイツには航空母艦のノウハウはありません。
結局グラーフ・ツェッペリンは進水までしたものの未完成に終わります。

航空母艦は船体だけできればいいというものではありません。
搭載する艦載機がセットになって初めて有効な戦力となります。
その艦載機のうち、艦上戦闘機に選ばれたのが当時の新鋭戦闘機Bf109-E型でした。

もちろん陸上での運用を前提としたBf109をそのまま空母で運用することはできません。
どこぞのできの悪い仮想戦記のようには行かないのです。
(以前読んだ小説でニミッツ級空母からF-15が発進したときは、その場で本を叩きつけたくなりました)

そこでメッサーシュミット社では、基本的な部分はBf109-E3型を踏襲し、カタパルト発進用の装備や着艦フック、狭い艦内に多数を収容するための翼の折りたたみ機構などを増設。
さらに空母への離着艦がしやすいよう短距離離着陸性能をアップするための主翼の延長やフラップの拡大などの改修が行われました。

こうして完成したBf109の艦上戦闘機型はBf109-T型として採用されるに充分な性能を示したのです。
しかし、すでに述べましたように、ドイツ海軍期待の航空母艦グラーフ・ツェッペリンは完成の目処がなくなっておりました。
せっかく完成した艦上戦闘機型Bf109-Tも試作機として埋もれてしまう運命かと思われました。

ですが、ドイツ空軍はBf109-T型を見捨てませんでした。
離着艦が容易なようにと施された短距離離着陸性能は、長大な滑走路を地形制約上作れない場所での防空戦闘機として使用するにはもってこいと踏んだのです。

フィヨルドの国ノルウェーやヘルゴランド諸島のような島などの短い滑走路では通常のBf109は使用困難でした。
そのため、そういった地域に配備するためにBf109-T型はわずかですが量産されることになりました。
約50機ほど生産されたBf109-T型は、短い滑走路をものともせずに、ノルウェーやヘルゴランド諸島で活躍。
1944年まで防空の任務についていたそうです。
きちんと作られたものは、多少目的が違っても運用ができるということなのかもしれませんね。
それではまた。
  1. 2008/04/18(金) 20:18:05|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア