FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

プロローグ・魔女生誕(1)

100万ヒット記念SS、本日もう一つは先日予告しましたとおり、「魔法機動ジャスリオン」2ndシーズンの先行販売DVDとなったストーリー、「プロローグ・魔女生誕」です。

今日明日明後日と三日連続で投下しますので、どうか楽しんでいただければと思います。
皆様、あらためまして100万ヒットありがとうございました。


「魔法機動ジャスリオン2ndシーズンプロローグ・魔女生誕」

いずことも知れぬ闇の中。
その一点にぼんやりとした明かりが現れる。
その数二つ。
薄く黄色く輝くその明かりは、周囲を照らすものではなく、まるで誰かが開けた眼のように切れ長で、闇の中に二つ淡く浮いていた。
『うふ・・・うふふふふ・・・』
どこからか笑い声が漏れてくる。
その笑いが闇の中からのものであることに気が付くのはたやすいこと。
まるで闇そのものが眼を開き、笑みを浮かべているかのようだった。
『おろかですねデスマダー・・・おのれの一部でありながら、それによっておのれを封じられてしまうとは・・・』
闇に篭る声が響く。
それは艶のある女の声。
何者かはわからぬものの、この声の持ち主は女性であるかのようだった。
『まあよい・・・おかげで妾(わらわ)はこうして目覚めることができました。礼を言わねばなりませんね・・・オホホホホホ・・・』
甲高い女の笑い声が周囲を圧する。
闇が震えたように感じたのはその笑いのせいだったかもしれなかった。

                         ******

「おはよー」
「おはよー」
いつもの朝が今日もやってくる。
学生カバンを手にした睦月寿美(むつき かずみ)もいつものように学校へと向かっているところだった。
川霧女学園の校門付近には、今日も女子生徒たちが登校してくる。
また新たなる一日がスタートするのだ。
春の温かい日差しと、ちょっぴり冷たい空気を胸に含んで、寿美は気持ちよい朝を迎えていたのだった。

「おはよう寿美」
「おはようございます、寿美さん」
背後から声をかけられて寿美は振り返る。
そこには温かな笑顔を浮かべた二人の女子高生が立っていた。
「おはよう、珠恵ちゃん、摩子ちゃん」
寿美はにこやかに二人の級友に挨拶を返す。
昨年一緒になったクラスメートだが、三人はとても馬が合うらしく、まるで生まれたときから親友であることを定められたかのようなつながりを感じることもある。

ちょっと背の高い涼風珠恵(すずかぜ たまえ)は運動神経抜群で、体育はいつも上位の成績を誇るが、反面学業がおろそかになりがちで、試験前には二人に勉強を教えてもらうこともしばしば。
長い黒髪をなびかせる吹雪摩子(ふぶき まこ)は正真正銘のお嬢様で、いつも丁寧な物腰を崩さない。
勉強も得意で試験では常に学年上位を保っていた。

そんな二人に囲まれる寿美にはこれと言ってとりえがない。
しいて言えば家事が得意ということになるのだが、そんなのは母の手伝いをしていれば自然とできてしまうものであると寿美は思う。
だから、体育では珠恵に教わり、勉強では摩子に教わりという形になってなんとなく肩身が狭いのだが、そのことを二人に言うと、二人はそろって驚いたような顔をしてこう言うのだ。
「「知ってる? 私たちはすごく寿美に助けられているんだよ。寿美がいるから私たちは私たちでいられるんだよ」」と。
それがどういうことを意味しているのか寿美にはいまいち飲み込めないことであったが、時々寿美が手作りのお菓子を作って持って行くと二人ともすごく喜んでくれるので、それで恩返しになっているのかなと勝手に思うことにしていた。

「英語の宿題やってきましたか?」
カバンを両手で持って歩く姿はまさにお嬢様という感じの摩子が言う。
「う~~~、やろうとは・・・やろうとはしたんだよ。でも・・・でもワィーが、ワィーが私を呼んでいたのさ」
こぶしを握り呼ばれたことを力説する珠恵。
ワィーというのはゲーム機だ。
要はゲームで遊んでしまったということなのだが。
「私も・・・やってはみたんだけど、半分ぐらいしかできなかった」
寿美も肩をすくめる。
英語は苦手だ。
どうして外国の言葉など学ばなくてはいけないのか?
どうせなら英語圏の国に生まれていれば英語に苦労しなくてもいいのに・・・
「摩子~~~。三時間目までによろしく」
珠恵が頭を下げる。
「くすっ、そんなことしなくてもいいですわ。みんなで一緒に休み時間にやりましょう」
「おおー、ありがとう摩子様。あなたは女神様のような人だ」
「あははは、大げさだよ珠恵ちゃん」
三人はいつものように笑いあい、楽しく校門をくぐるのだった。

「う~~~、遅刻遅刻ぅ」
校門に駆け込んでくる活発そうな女子生徒。
玄関のところでは、にこやかに微笑みながら彼女を待つもう一人の生徒が手を振っている。
「えっ、遅刻?」
珠恵が思わず腕時計を見た。
時刻はまだ八時半。
朝礼までにはまだ十分もある。
「あれは三年生の雷(いかづち)先輩ですわね。どうも口癖になっちゃっているのではないでしょうか」
「うんうん。私もそう思う。いっつも走るときに遅刻遅刻ぅって言っているもん」
寿美は先ほどから先輩の姿を眼で追っていた。
昨年、ふとしたことで知り合ってから、雷先輩は寿美の気になる人になっていたのだ。
親友の巻雲先輩や山咲先輩といつも楽しそうに過ごしている雷先輩。
雷なんていういかめしい苗字とは裏腹に、純玲(すみれ)という素敵な名前であることを寿美は知っている。
珠恵や摩子に感じるのとは違う思い。
それが憧れだけなのかどうかは寿美にもわからないが、玄関に入って行く純玲を寿美の眼は最後まで追っていた。

                           ******

「ふう・・・」
お腹すいたなぁ・・・
そう寿美は思う。
時刻は十二時少し前。
四時間目も半ば近くなったころだ。
ふと窓に眼をやると、下に広がるグラウンドでは体育の授業が行われているところだった。
どうやら走り幅跳びの時間らしい。
白い体操着に紺のスパッツ姿の女子生徒たちが次々とジャンプを繰り広げている。

窓際の席であることをいいことに、授業にも飽きてきていた寿美はその様子をなんとなく眺めていた。
その眼が一点に凝集する。
次にスタートに立ったのは、誰あろう雷純玲だったのだ。
教師に右手を上げて報告し、スタートを切る。
カモシカのような引き締まった脚が、ぐんぐんと純玲の体を加速する。
「ふわぁ・・・」
運動神経がいいとは知っていたが、こうしてみるとすごく素敵だ。
珠恵ちゃんとどっちが速いかななどとも考えてしまう。
純玲はその加速のピークで踏み切り板を踏むと、ぐんと高くジャンプしてそのまま前方に躰を投げ出して行く。
着地したのは踏み切り板からかなり離れたところ。
寿美には天地がひっくり返っても到達し得ない場所だ。
すごい・・・
寿美は心の底からそう思う。
だが・・・
踏み切り板のところにいた女生徒が旗を上げた。
ファールだ。
ガッツポーズをしていた純玲がその揚がった旗を見てへなへなと崩れ落ちる。
思わず寿美は笑みが漏れた。
かっこいいのに、素敵なのに、どこかドジな純玲先輩。
寿美はそんな純玲がとても好きだった。

プルプルとポケットの中で何かが震える。
えっ?
思わず寿美はポケットに手を入れるとともに、周囲に気を配る。
マナーモードになっているから着信音はないものの、突然のバイブレーションは寿美をドキッとさせるには充分だった。
きっとぼんやりしていた自分を見て、珠恵ちゃんがメールでも送ってきたのだろう。
振動で授業に集中させようと思ったのかもしれない。
寿美はそう思って珠恵の方を見たが、肝心の珠恵は空腹を紛らわせるには寝るのが一番とばかりに机に突っ伏している。
あれ?
それじゃ摩子ちゃんかな?
彼女たち三人は一年の時から一緒のクラスだ。
二年生へは持ち上がりなので、今年になっても一緒のクラスは変わりがない。
三年生になれば進学組みや就職組みなど進路によってクラスが変わるが、今年一年は一緒にいられるのだ。
寿美は摩子の方を見るが、授業が楽しい摩子は寿美には注意を払っていない。
おそらくメールも彼女ではないだろう。
じゃ、誰かしら・・・
もしかして迷惑メール?
授業が終わった後に確認すればいいだけなのだが、寿美はなんとなく着信したものが気になった。
先生が黒板に向かった時を利用して寿美は携帯電話を取り出してみる。
開いてみると着信が一件入っていた。

差出人:mother@akumasin.com
件名:見つけたわ

「?」
寿美は首をかしげた。
迷惑メールはフィルターがかかっているから着信しないはず。
もちろんそれをかいくぐっての迷惑メールだってありえるし、開いたらやばいものもあるのはわかっていた。
だけど・・・
寿美はこのメールが気になった。
中を見たくて仕方なかったのだ。
見つけたというのは何を見つけたのか。
こういう場合はたいていいやらしいサイトを見つけたとかいう迷惑メールだと思うのだけど、寿美は何か得体の知れないものを感じてもいた。
怖いからこそ見たくなる。
まさにそういう状況だったかもしれない。
寿美は授業中であることも忘れ、メールを開いてみた。

「ひゃぁっ!」
思わず声を上げてしまう寿美。
携帯電話の液晶画面いっぱいに黄色く輝く眼が映し出され、それが彼女をぎょろりとにらんできたのだ。
さらに、機械の回路図のようなものが画面から湧き出して、携帯電話の赤いボディに広がっていく。
寿美は授業中であるにもかかわらず、携帯電話を放り出してしまったのだった。

しんと静まり返った教室。
一瞬後教室に忍び笑いが広がっていく。
「睦月さん」
あきれたような表情で寿美を見ている日本史の教師。
親しみやすいという評判の真奈美先生でも、授業中に携帯電話をいじっていたら怒るに決まっている。
寿美は自分が何をしてしまったのかに気が付き、うなだれた。
「す、すみません」
「もうすぐお昼で授業に身が入らないのはわかるけど・・・携帯をいじるなんてだめじゃない」
真奈美先生は苦笑している。
寿美は何も言えなかった。
まさか携帯電話に眼が表示されたからだなんて言えるはずが無い。
「ふう・・・もうだめよ。携帯を拾ってしまっておきなさい」
「はい」
寿美は席を立ち、放り出してしまった携帯電話を取りに行く。
床に転がった携帯電話はいつもと変わった様子は見受けられない。
全体に広がった回路図のようなものもきれいさっぱりと消えていた。
なんとなくホッとして寿美は携帯電話に手を伸ばす。
「!」
携帯電話に触れた寿美の手にピリッと小さな痺れが走る。
一瞬顔をしかめた寿美だが、真奈美先生が見ている以上再度放り出すこともできず、すぐに携帯電話をポケットに放り込んだ。

                        ******

「それで? 今はどうなんですか?」
心配そうに摩子が寿美の顔をうかがう。
お昼休みの校舎の屋上。
寿美たちは春の温かい風が吹くこの屋上でお昼を食べていたのだ。
「うん、今はなんとも無いよ。待ち受け画面もお気に入りのやつだし」
寿美がわざわざ携帯電話の待ち受け画面を二人に見せる。
そこには以前三人で撮った写真が表示されていた。
本当はこっそり撮った純玲の写真を待ち受け画面にしたいのだけど、さすがに恥ずかしくてそれはできなかった。
「ふうん、でも妙だね。着信したメールって消えちゃったんだろ?」
「そうなの。着信したはずなんだけどなぁ」
それは寿美が一番不思議に思ったことだった。
確かにあの時メールは送られてきていたのに・・・
『見つけたわ』と件名も入っていたというのに・・・
「まあ、そういうこともあるってことじゃないの? 携帯会社の新企画とかさ」
「そういうことも考えられますわね。最初にドッキリさせておいて迷惑メール対処には月額何百円のセットをどうぞって」
摩子の言葉に珠恵がうんうんとうなずいている。
確かにそんなこともあるかもしれない。
でも、あれはそんなものじゃないと思う。
もっと・・・
もっと恐ろしい何かが・・・
寿美は表示されたあの眼を思い出しぞっとした。
  1. 2008/02/14(木) 20:05:43|
  2. 魔法機動ジャスリオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

サキとルリカ

今日はバレンタインデーですね。
私はココロのボウルを捜してあげたら、ココロがチョコくれましたよ。
ココロのチョコ

なんかうれしいですねー。

さて、100万ヒット記念第一弾として、本当に久しぶりですが「ホーリードール」をお送りします。
ほったらかしにしてすみません。
何とか結末まで持って行くつもりですので、応援よろしくお願いいたします。

25、
「とにかくこうしてはいられないわ」
麻美は明日美を病院に連れて行こうと決心する。
傷口は青あざのような感じだが、肉が盛り上がっていたり血がにじんでいたりするところもあり、このままにしておくことなどできはしない。
とにかく病院で診てもらわなくては・・・
麻美は戸棚から保険証を用意して身支度を整える。
そして車のキーを取り出して、明日美に病院に行くことを告げようとした。
「えっ?」
突然室内に光が走る。
「な、何?」
まばゆい光に麻美は手をかざして目を閉じる。
やがて、徐々に目蓋を通しても光を感じなくなるのがわかり、麻美はゆっくりと目を開く。
「ええっ?」
驚いたことに、そこに明日美の姿は無かった。
その代わりに赤いミニスカート型のコスチュームを身に着け、ブーツと手袋を嵌めた少女が立っていたのだ。
麻美にはその少女が明日美には思えなかった。
姿は同じでも、明日美とは違う。
麻美には違うとしか思えなかったのだ。
「あなたはいったい? 明日美は・・・明日美はどこなの?」
麻美は目の前の少女にゆっくりと近づいていく。
アニメに出てくるような少女のようだが、何か得体の知れないものを彼女は感じていたのだ。
「・・・・・・」
少女は無言で麻美を見上げている。
その目は冷たく、そしてガラス玉のように無機質だった。
まるで人形の目だわ・・・
麻美がそう思った瞬間、少女の手に細長い杖が現れ、その先端が向けられる。
「あっ!」
麻美の意識はそこで途切れた。

「ただいまぁ」
玄関を潜り抜ける一人の男性。
この家の主人である浅葉竜巳(あさば たつみ)だ
浅葉グループ傍流とはいえ、いくつかの企業群の会長をしているため、今日のように深夜帰宅ということも珍しくは無い。
「ふう・・・もうすぐ一時か・・・みんな寝ちゃったかな」
明日美の寝顔が見たいな・・・
そう思いながらリビングに向かう。
「おや?」
リビングからは明かりが漏れていた。
「麻美はまだ起きているのか?」
待っていてくれたのかなと、少しうれしい気分でリビングに入る竜巳。
だが、彼を出迎えたのは妻ばかりではなかった。

「明日美・・・まだ起きていたのか?」
リビングには赤いミニスカートの衣装に身を包み、室内だというのにブーツを履いて手袋をはめ、両手に余るような杖を持って立っている娘の姿があったのだ。
その後ろには彼の妻がぼうっとした表情で立っている。
「麻美、寝かせなきゃだめじゃないか。今何時だと・・・えっ?」
いきなり明日美の持つ杖の先端が竜巳に向けられる。
「明日美、何を? えっ?」
グニャリと世界が歪んで行く。
めまいがするような感覚に陥り、自分が立っているのか座っているのかさえわからなくなっていく。
「・・・はい、ゼーラ様。人間からの干渉を排除しました・・・」
意識を失う直前、竜巳は娘の抑揚の無い言葉を確かに聴いていた。

黒く塗られた柔らかそうな唇。
その唇にもう一つの漆黒の唇がそっと触れる。
抱きしめられた黒の少女ののどが動く。
口付けられた唇から流れ込む魔力が、少女ののどを潤し躰に力を与えていく。
苦しげだった表情に安らぎが浮かび、その様子にそばに立っていたレディアルファは胸をなでおろした。
「これでいいわ。後は少し休んでいれば大丈夫」
愛しい娘を抱きかかえるようにして、そっと寝かせるデスルリカ。
すでにレディベータは規則正しい寝息を立て、安らかな表情を浮かべて寝入っていた。
「ありがとうございます、デスルリカ様」
「気にすることは無いわ。あなたたち二人は私の可愛いしもべたち。助けるのは当然のことよ」
レディアルファの礼に微笑むデスルリカ。
そう・・・
可愛い二人を苦しめる者は赦さない。
闇の広がりを阻む者は赦さない。
光の手駒どもにはいずれ相応の報いを与えてやらなくてはね・・・
デスルリカはぎゅっとこぶしを握り締めた。

「さて・・・いつまでもここにはいられないわ。あなたはレディベータと一緒にここにいなさい。私はかりそめの世界に戻るとするわね」
「はい、デスルリカ様。お気をつけて」
レディアルファに微笑みで応え、デスルリカは闇の世界を後にする。
大いなる闇のしもべデスルリカである時間は終わった。
これからは退屈な荒蒔留理香に戻る時間。
本来ならこのような時間を過ごしたくは無い。
人間などに戻るのは耐え難いもの。
だが、留理香には一つの楽しみがある。
紗希とともに過ごすこと。
その楽しみがあるからこそ、人間の姿になることも耐えられるのだ。
今日はベータのことがあったので紗希をほったらかしにしてしまった。
もう夕食はとっくに食べ、お風呂も済ませて自室に行っちゃったころだろう。
宿題をやっているかどうか確かめて、やっているようならココアでも淹れてあげようかしら。
ココアに喜ぶ紗希の顔を思い浮かべ、留理香は闇の世界から自宅の玄関に姿を現した。

リビングには紗希の姿は無い。
留理香は階段を上り、紗希の部屋をノックする。
「紗希、入ってもいいかしら?」
娘の反応を待つ留理香。
だが、紗希の返事が無い。
「紗希? いるんでしょ? 遅くなって悪かったわ。ちょっとどうしても抜けられない用事があったのよ」
ノックを繰り返す留理香。
だが、紗希の返事は無い。
「紗希、開けるわよ」
何か心配になった留理香は紗希の返事を待たずにドアを開ける。
「紗希!」
紗希は部屋にいた。
風呂上りに着替えたのであろうパジャマ姿で机に向かっている。
だが、机の上には何も広げられてはいない。
それどころか、紗希は奇妙なものをかぶっていたのだ。
青く輝く光のレースで編まれたヘルメットのようなもの。
そんな奇妙なものを紗希はかぶって笑みを浮かべていたのだった。

青く淡い光。
ヘルメットが放つ温かみのある光。
だが、それは留理香に吐き気を催させるほどの嫌悪感を覚えさせる。
「光の・・・光のアイテム? 紗希、あなたいったい?」
留理香の中に驚愕と怒りとが綯い混ざる。
娘が光に犯されてしまったのだ。
「紗希! それを脱ぎなさい!」
紗希に駆け寄ろうとする留理香。
だが、一瞬早く紗希の躰が光に包まれる。
「くぅっ」
まばゆい光を手をかざして遮る留理香。
次の瞬間、留理香の目の前には、青いミニスカート型のコスチュームに身を包み、青い手袋とブーツを嵌めサークレットを飾った姿に変身した紗希の姿があった。
「光の・・・手駒・・・」
留理香は唇をかみ締める。
可愛いレディベータを傷つけた光の手駒が今目の前にいるのだ。
しかもそれは娘の紗希を光で犯して作り上げた代物だったのだ。
「人間の干渉を排除します」
すっと留理香に向けられる青い少女のレイピア。
そこから魔力を放出してくるのは明白だ。
「赦さない」
留理香は自らの姿を変貌させる。
闇の女デスルリカに変わるのだ。
留理香の周囲に闇が広がり、その闇の中から鋭い槍斧が突き出された。

「えっ?」
一瞬戸惑いを見せるホーリードールサキ。
留理香という人間の記憶を封じ、干渉をしないように仕向けるだけのはずだったのだ。
それがいきなり闇の手駒との戦いとなるとは予測していない。
このような狭い場所では戦闘にも不向き。
ホーリードールサキはそう判断すると、槍斧を避けるように後ろへジャンプし、背中で窓を破って外へ飛び出す。
「待ちなさい! 光の手駒!」
闇の中から姿を現したデスルリカが、その手に漆黒の槍斧デスハルバードを携えてホーリードールサキを追う。
近くの住宅の屋根に飛び移ったホーリードールサキは、デスルリカを迎え撃つためにレイピアを構えた。

「よくも紗希を光に染めてくれたわね。赦さない。紗希は闇こそがふさわしいのよ!」
ホーリードールサキと対峙するように屋根に降り立つデスルリカ。
その手のデスハルバードがかすかに震えている。
デスルリカの怒りによって震えているのだ。
「闇の広がりを食い止め浄化するのが私たちの使命。あなたも浄化する」
冷たい眼でデスルリカをにらみつけるホーリードールサキ。
それは母と娘の交わす視線ではない。
「黙れ! 紗希を返しなさい!」
踏み込みざまにデスハルバードが一閃する。
それをぎりぎりでかわし、後ろに跳び退るホーリードールサキ。
そして下がったところにあるビルの壁をとんと蹴り、レイピアをかざしてデスルリカに飛び掛る。
「くっ」
レイピアの切っ先を払いのけるデスルリカ。
だが、レイピアはおとりに過ぎず、ホーリードールサキの左手が魔力に輝く。
「させるか!」
すぐさまデスルリカも左手を翻し、闇を広げる。
ホーリードールサキの光の魔力とデスルリカの闇の魔力が交差してはじきあった。

はじかれた二人はお互いに再度距離をとって対峙する。
だが、ホーリードールサキの姿を青い光が包み込んだ。
「何?」
デスルリカが見ている前で光は収縮し、やがて消えてなくなった。
「逃げた・・・か・・・」
そう思ったデスルリカから力が抜ける。
手にしたデスハルバードが足元に落ちる。
「紗希・・・どうして・・・どうして光なんかに・・・」
デスルリカの胸には悲しみだけが残った。
  1. 2008/02/14(木) 19:59:14|
  2. ホーリードール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア