FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

氷点下の北アフリカ戦

今日は平日でしたが、お互いに時間を合わせてのウォーゲームプレイです。
自宅に札幌辺境伯様をお迎えして「アフリカンキャンペーン」(コマンドマガジン日本版31号付録)をプレイ。
今日の札幌はとても寒く、まさに氷点下の中での熱砂の北アフリカ戦となりました。

両軍の初期配置としてはエジプトに侵攻したイタリア軍を、英連邦軍が迎え撃つ時点から開始されます。

今日は私が枢軸軍、つまりロンメルを。
札幌辺境伯様が英連邦軍、つまりオーキンレックやらアレキサンダーやらモンゴメリーやらというわけです。

初期の段階では、まだロンメル率いる独軍は盤上に現れてません。
しかも英軍の反撃から始まるので、イタリア軍はトブルクまで追い立てられてしまいます。

CIMG0004.jpg

イタリア軍は何とかトブルクを確保したままロンメルの登場を待ちたかったのですが、英軍の攻撃にトブルク周囲のイタリア軍はなすすべもなく壊滅。

CIMG0006.jpg

ロンメル率いる独軍がトブルク近辺にまでたどり着いたときには、すでにトブルクは陥落したあとでした。
(星条旗のマーカーは英軍支配の都市を示すために他ゲームより流用したもの)

こうなると、英軍は部隊の多さも手伝って内陸に戦線を張りながら進撃してきます。
包囲されないためには枢軸軍は思い切った後退が必要でした。

枢軸軍は海岸沿いに後退をしたものの、ベンガジの港を惜しんだ私の不徹底さによって、英軍にトリポリからの道路を遮断されてしまいます。

CIMG0009.jpg

あわや包囲によって壊滅かと思われた枢軸軍でしたが、第15第21の二つの装甲師団の攻撃により英軍も疲弊。
枢軸軍は何とか窮地を切り抜けます。

枢軸軍と英連邦軍との激しい攻防戦が続きましたが、先に根を上げたのは英連邦軍のほうでした。
英連邦軍は再度トブルク近辺に防衛線を張るために大幅な後退を決行します。

CIMG0013.jpg

こんどは再び枢軸軍がトブルクを包囲。
私はほぼ最後の攻勢に全てをかけました。

しかし無常にも枢軸軍の攻撃は空振りに終わり、トブルクは英軍が確保したまま確固とした防衛線を張られてしまいます。

増援も補充もなく力尽きた枢軸軍は来た道を再度戻ります。
しかし、英軍の部隊が先回りをして再び枢軸軍は海岸線で包囲下に。

CIMG0015.jpg

最後は完全に包囲された枢軸軍が部隊をすり減らし、救出の望みもなくなったということで終了。
1942年の7月のターンでした。

史実では1942年8月にエルアラメインの戦いがあるのですが、それより先に枢軸軍が力尽きてしまいました。
残念です。

それにしてもこのゲームは面白いですねぇ。
史実どおりには行かないですが、今日のプレイでも攻守が二度ほど入れ替わり、そのつど戦線が大きく東西にゆれました。
枢軸軍は補充も増援もままならないので、本当に苦しいのですが、15と21の装甲師団の威力は絶大でもあり英軍を各個撃破していくのも夢ではありません。
対する英軍も着実に与えられる補充を駆使して枢軸軍を地道にすり減らして行けば勝利はかなり近づきます。

勝利条件的な面で言えば厳しいので、枢軸軍が勝つのは至難の技でしょう。
ですが、私は今日枢軸軍をプレイしてとても面白いゲームでした。
このゲームはお勧めできるゲームだと思います。

それにしてもゲームをやりながらのさまざまな歴史談義は本当に楽しかった。
札幌辺境伯様、お付き合いありがとうございました。
こんどは入れ替え戦を楽しみましょう。

それではまた。
  1. 2008/01/21(月) 21:58:30|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア