FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

圧倒的じゃないか、我が軍は・・・

いつものごとく先輩とゲームの日。

今日のお題は「ウクライナ44」(コマンドマガジン日本版70号)。
ソ連軍に包囲されつつある戦場から、ドイツ軍は第一装甲軍を中心とした反撃で脱出路を確保するというゲームです。

ゲーム終了時に盤端の補給源に補給線がつながらないドニエストル河以北のドイツ軍ユニットは、そのステップ数がソ連軍の得点となり、一方つながっていればドイツ軍の得点になるという勝利条件のため、ソ連軍はドイツ軍の補給路を切って包囲を完成させようとするのに対し、ドイツ軍はどうにかして包囲されるのを防ごうという動きになります。

先輩はソ連軍を受け持ち、私はドイツ軍を受け持ちました。

史実では、包囲されないように南方へ向かったドイツ軍をソ連軍が追いかけ、充分に南方にソ連軍をひきつけたところでドイツ軍が西へ向かって進路を変え、薄くなっていた包囲網を食い破って脱出するという鮮やかな脱出戦をドイツ軍は戦います。

この史実を頭の片隅に置きながら、私は基本的に前線で粘りつつ南方ルートを確保して、上手く行けば西方から後半にやってくる増援と呼応しての西方突破も視野に入れるというよくわからない作戦を取ります。
まあ、言ってみれば行き当たりばったり作戦といえましょうか。(笑)

先輩のソ連軍は、序盤、数の圧倒的有利さを生かして東方に配置された歩兵師団が全面攻勢をかけてきます。
独軍はかなりの損害を出しますが、このゲームの恐ろしいところは、攻撃したほうも何らかの損害を受けること。
ソ連軍は攻撃力はあるものの、防御力に不安がある部隊ばかり。
それらが軒並み損害を食らってさらに防御力が落ち込みます。

ドイツ軍は強力なソ連軍の戦車部隊を無視して、装甲師団によりソ連軍歩兵師団を集中攻撃。
ドイツ軍の装甲師団の前にソ連軍歩兵は次々と蹴散らされて行きました。

ソ連軍はテルノポリに篭もるドイツ軍守備隊を、その強力な戦車部隊で包囲しますが、脇を固めるはずの歩兵師団が次々とドイツ軍の装甲師団に蹴散らされ、ついに後方に回られて補給線を切られます。

本来ソ連軍が切るべき補給線を、逆に切られて先輩の表情が曇ります。
結局テルノポリは失ったものの、ソ連軍は補給切れで後退。
南方を進撃する戦車部隊も、東方に突破したドイツ軍の装甲師団が補給線を断ち切り万事休す。
後退せざるを得なくなりました。

最後は盤上にあったソ連軍歩兵ユニットの大半が除去されるという大番狂わせの結末。
ドイツ軍が圧勝してしまいました。

いやぁ、初めてのプレイとは言え、ここまで一方的な展開になるとは想像もしませんでした。
ソ連軍歩兵は防御に回るとまったく役立たずという状態で、ドイツ軍の装甲師団に歯が立ちません。
ソ連軍は強力な戦車部隊を都市攻撃などに使わずに、ドイツ軍の装甲師団をすり潰すのに使ったほうがよかったのかもしれません。
それにしても一方的な展開に驚きました。
ルール間違ってないよね?

先輩もこんなはずは・・・ということで少し研究してみるとのこと。
また再戦を行なうつもりです。
今度も負けないぞ。


現在「海」祭り開催中です。
会場はリンク先から行けますので、どうぞ足を運んで下さいませ。

現在一般の方々のご参加も受付中です。
ぜひぜひ皆様の作品をお寄せ下さい。
お待ちしております。

それではまた。
  1. 2007/10/13(土) 19:04:27|
  2. ウォーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア