FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

グレイバー蛇足(1)

今日から四日連続でSSを一本投下いたします。

これは先日投下しました「グレイバー」の続編ですが、言ってしまえば蛇足です。

本来「グレイバー」はあれで完結したものでしたが、私自身が続きを妄想してしまったのと、多少の続きが見たいと言うリクエストをいただいたことで、つい形にしてしまいました。

あくまで蛇足ですので、お気に召さないところが有るかもしれませんが、楽しんでいただければ幸いです。

それではどうぞ。

1、
「チクショー!!」
苛立ちの声とともにテーブルに叩きつけられる拳。
セーバースーツを着ていないからいいようなものの、もし着ていたらあのテーブルは粉々に砕け散っていたに違いない。
「落ち着けよ政司(せいじ)! 秋奈(あきな)ちゃんは頭のいい娘だ。きっと無事にどこかで救出を待っているさ」
永戸(ながと)君がいらだつ粟端(あわはし)君を落ち着かせようとするけど、たぶんあれでは落ち着けないわ。
「落ち着けだって? もう秋奈がいなくなって一週間にもなるんだぞ! てめえよくそんなことが言えるなっ!」
今にも永戸君に掴みかかろうとする粟端君。
これではチームワークはズタズタだわ・・・
「政司、秋奈ちゃんがいなくなって苦しんでいるのはお前だけじゃない。このベースにいる誰もが心配しているんだ。警察だって優先的に動いてくれているし、このベースの警務部門も動いている。そのうち結果は出る。それまで待て」
私が口を開こうとした時、西下(にしした)君が静かに口を開く。
体格の大きさのせいもあるのか、どっしりと構えているようなところが頼もしい。
「とにかく、何らかの事件に巻き込まれたことは疑いないわ。ただ、それがルイン絡みであるという証拠はないし、捜査力を持たない我々が動いたところで得るものは少ないわ。粟端君、待つのも重要なことよ」
そう、二十歳そこそこの女性が行方をくらませるような事件はルイン絡みでなくても充分に起こりえる。
むしろ陵辱目的あたりで連れ去られたと考える方が正しいのかもしれない。
「盛逸(もりはや)司令・・・」
唇を噛んで拳を握り締めている粟端君。
無理もないわ・・・
秋奈ちゃんはたった一人の大事な妹ですものね。
私は秋奈ちゃんが今どういう状況なのかを憂えて、胸が苦しかった。

「そういえば、四釜(しかま)さんもここ二日ばかりいないんですね?」
私は西下君にうなずく。
「美智代(みちよ)ちゃんは体調不良でお休み中よ。彼女も秋奈ちゃんの失踪を相当気にかけていたから、きっとそのせいもあるかもしれないわ」
交代制とは言え、メインオペレータの二人がいない。
これはセーバーチームにとっても少なくない痛手だ。
もし、これがルインの手によるものだとしたら・・・
でも、彼女たちがセーバーチームのオペレーターであるということは第一級の機密事項のはず。
ルインに知られるということなど万が一にもありえるはずが・・・
「どっちにしても、何かあったときにはすぐに出動できるようにしていてちょうだい。あなたたちだけが世界を救う希望なんですからね」
私がそう言ってセーバーチームの面々を見渡すと、彼らは力強く頷いた。

「それじゃ、後はお願いね」
私はハンドバッグの中身を確認して立ち上がる。
「了解です。司令も少し休んでくださいね。お疲れのようですから」
副司令の神楽崎安奈(かぐらざき あんな)が少し心配そうに私の方を見つめている。
大丈夫よ。
まだまだ二日三日の徹夜ぐらいは大丈夫。
でも、気力は保てても、お肌にはよくないわよね。
「大丈夫よ。でも、家に帰って少し休むわ。何かあったら連絡をちょうだい」
「はい。お疲れ様でした」
安奈に手を振って、私はセーバーベースの司令室を後にする。
彼女はこの春に着任したばかりの若手士官。
防衛大のエリート教育を受けているけど、少し杓子定規というか臨機応変さが足りなく感じる。
規程に乗っ取って組織を運用することはもちろん重要だけど、そればかりでは足元をすくわれるかもしれない。
そのあたりを上手く教えてあげられればいいんだけど・・・

「お疲れ様でした。お気をつけて」
「ありがとう。それじゃお先に失礼するわ」
ゲートの警備員に見送られ、私はカモフラージュされた建物から外へ出る。
残業を終えたOLのような振りをして建物から出てきた私を気に留めるものなど誰もいない。
これこそがセーバーチームを安全に保つための工夫なのだ。
仰々しく護衛の車付きで送り迎えするのも悪くはないのかもしれない。
でも、それこそ目立つことこの上ないし、護衛を上回る戦力で攻められたらどの道意味がない。
目立たないこと。
一般人であること。
これこそが最大の防御になるはず。
もちろん最大限の注意は払う。
ハンドバックの中にはスタンガンや位置報知システムや通信機などが入っている。
何かあれば、すぐにでもセーバーチームに知らせが行くようになっているのだ。
さて、今日はどのように帰ろうか。

宵の口の街なかは人でにぎわっている。
そういえばもうすぐ七夕だわね。
私のふるさとは八月に七夕を行なうから、かえってちょっとぴんと来ないけど、デパートなどのショーウィンドウは浴衣や夏物衣料のマネキンで楽しげだ。
そろそろ冷たいものの美味しい季節。
秋奈ちゃんが無事に戻ったら、お祝いにみんなでビヤガーデンに繰り出すのもいいかもしれない。
私はそんなことを考えながら、駅前の大型書店に立ち寄った。

できるだけパターンにならないように、それでいて気まぐれに行き先を決めて帰り道のルートを分散する。
そのためにまっすぐ家に帰ることはほとんどない。
尾行などにもできるだけ気を付けて、人ごみの中を縫うようにして歩く。
書店に寄って出たばかりの小説を一冊買ってきたのもそのため。
尾行に気がつきやすく撒きやすい。

で、ケーキ屋の前にいるのは予定外中の予定外。
まずったわね。
この通りを通るんじゃなかったわ。
ここのケーキって美味しいのよ。
ついつい食べたくなっちゃうじゃない。
どうせ家に戻ったって、秋奈ちゃんの事もあるし休むに休めないわ。
仮眠を取るぐらいが関の山。
食事は司令部でサンドイッチをつまんだから問題ないし・・・
ケーキかぁ・・・
私は自分のスタイルが気になる。
こればかりは世の女性はみんな気になることよね。
普段から体力維持と体型維持を兼ねた運動をしているとは言え、少しでも気を抜くわけには行かない。
でも・・・
疲労回復のためにも甘いものの一つぐらいは・・・
決めた。
一個だけ買って、家でお茶にしましょう。
小説を読みながらお茶してリラックスすれば、少しは疲労も取れるでしょうしね。
うん、そうしましょう。
私は一人頷くと、ケーキショップの入り口をくぐっていた。

ふう・・・
近づいてくる私のマンション。
と言っても、半分以上はセーバーチームの予算から出されているんだけどね。
今日も何事も無く帰りつけたみたい。
マンションはセキュリティもしっかりしているし、まず問題ない。
この行き帰りの時間だけが危険といえば危険な時間。
でも、ルインが嗅ぎつけているとは思えな・・・
あれは?
マンションの玄関付近の植え込みの脇に放り投げられたように置かれたピンク色の携帯端末。
作動していることを示す赤いLEDが点滅している。
間違いない。
あのピンクの携帯端末は秋奈ちゃんの携帯端末だわ。
この近くに来ているの?
もしかしたら逃げてきて私に助けを求めに来たの?
私はすぐにそのピンク色の携帯端末に近づいた。

「こんばんは」
その声を暗がりの中から聞いた時、私は自分のうかつさに呪詛の言葉を吐きたくなった。
こんなのは罠に決まっていたのだ。
都合よく私の住むマンションの入り口近くに落ちていた秋奈ちゃんの携帯端末。
ちょっと考えればわかることだったのに・・・
私は暗がりの中の人影を確認することもなく飛び退る。
距離をとって逃げ出すのだ。
そしてすぐさまセーバーチームに・・・

だが遅かった。
振り向いた私の前に黒尽くめの女が立っていた。
のっぺらぼうのように目も鼻も耳もない。
その代わり、口元だけが黒一色の中から覗いていた。
その唇も黒いことに気が付いたとき、私は首筋に衝撃を受ける。
「あぐっ」
全身に痺れが走り、私はその場に崩折れた。
うふふという笑い声とともに足音が近づいてくる。
意識がどんどん遠くなっていく。
「ダメですよ、司令。いくらルートを変えたって、行き着くところは同じなんですから」
ああ・・・その通りだわ・・・
でもね・・・
ここを嗅ぎつけられるとは思っていなかった・・・の・・・よ・・・
  1. 2007/08/02(木) 19:12:45|
  2. グレイバー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ノモンハン7

訂正:ノモンハン6の記事中に、ソ連の友邦国である内蒙古含むという部分がありましたが、友邦国である外蒙古含むの誤りでした。
お詫びして訂正させていただきます。
(記事は修正しました)


ネルチンスク条約によって規定されていたロシアと中国(清朝)の国境線でしたが、ソ連はロシアを、満州国は中国をそれぞれ引き継ぐような形で、国境線については認識されておりました。

しかし、この国境線があいまいなものであることは今までも述べたとおりであり、特にソ連と接する満州国東北側国境と、ソ連の友邦国外蒙古(モンゴル人民共和国)と接する満州国西部ホロンバイル草原は国境線があいまいで、国境を示す境界標自体が少なく、またその境界標も勝手に動かされる有様であり、国境守備隊にとっても頭痛の種だったのです。

そのため、両軍の国境守備隊が、知らずに相手の主張する国境を越えてしまい、越境として攻撃を受ける。
そんな事態が数多く起こっておりました。

それでも、満州事変により満州国が成立した昭和7年(1932年)から、昭和9年(1934年)までの間は二年半で152件。
越境の規模も一人二人から数人が越境し、小銃を撃ち合う程度のものでした。
ところが、昭和10年になると、国境紛争が激増します。
わずか一年の間に136件。
しかもその中には、関東軍が騎兵集団を出動させた満蒙国境での「ハルハ廟事件」が含まれました。
これは国境紛争が激化の一途をたどり始める最初の例です。

さらに昭和11年(1936年)には203件の国境紛争があり、その中には関東軍が航空機と機械化部隊まで投入した「タウラン事件」「オラホドカ事件」など、大きな事件も含まれます。

こうした中、日本も決して手をこまねいていたわけではなく、日本政府はソ連に対して、日満ソ三ヶ国による国境紛争防止のための三国委員会設置が提案されています。
しかし、日本側がこれを機にソ連に実質的な満州国承認をさせようと目論む(国境線が決まるということは、相手を独立した国家だと認めることになる)のに対し、ソ連はあくまで満州国承認を拒むためにすでに国境線については中国(清朝)と確定済みとの態度を崩さなかったため、交渉は暗礁に乗り上げます。
結局、国境紛争に関してはそのつど、交渉で決するよりほかありませんでした。

そんな中、昭和12年(1937年)についに「カンチャーズ(乾岔子)事件」が発生します。
これは、ソ満の北部国境である黒竜江に浮かぶ小島が舞台でした。

黒竜江の中に浮かぶカンチャーズ島を含むいくつかの小島に、日満人が上陸したとして、ソ連側から満州国に抗議があったのが2月頃でした。
しかし満州国側はなんら手を打たなかったのか、ソ連側が埒があかないとみて、少数のソ連兵が上陸、実力で国境を保持しようとします。

それに対し、関東軍は一個師団を現地に派遣、ソ連軍を威嚇しました。
ソ連軍も黒竜江に砲艦や砲艇部隊を集め、関東軍ににらみを利かせます。
両軍はまさに一触即発の状態での対峙となりました。

驚いたのは日本本土です。
このままでは大規模軍事衝突になると考えた陸軍中央部である参謀本部は、カンチャーズ島などという小島は国力を傾注して争うようなものにあらずとして、事件の不拡大を図り、解決は外交交渉によるものとして、関東軍に自重を求めます。
しかし、現地の関東軍はこのような参謀本部の考えを弱腰と感じ、ソ連に一撃をすべしとしてソ連軍の砲艦を一隻撃沈してしまいました。

結局この事件はソ連側の譲歩によって事なきをえますが、現地軍に対する参謀本部の統制力の弱さを表わしたものとなったのです。

そして、翌昭和13年(1938年)「張鼓峰(ちょうこほう)事件」が発生します。

ソ連、満州、朝鮮の国境が入り組む満州東部は以前から国境線が不明瞭であり、いくつもの国境紛争が起きているところでした。
その一画、張鼓峰という標高150メートルほどの丘陵がこの事件の中心となります。

この近辺の丘陵は日ソ双方が満州事変以後お互いに取ったり取られたりという状態でしたが、昭和13年7月11日、約40名のソ連軍兵士が張鼓峰頂上付近に陣地の構築を始めたのです。

すでに日華事変以後の中国との戦争に入っていた日本は、この程度のことは無視してソ連と事を構えるつもりはありませんでした。
事実、この近辺の防備を担当する朝鮮軍(日本の朝鮮方面軍という意味)司令官小磯国昭(こいそ くにあき)大将は大本営(陸海軍を統率する部署。戦時に置かれるが、日華事変=日中戦争で昭和12年11月に設置)に対し、軍事行動は控える旨を表明しておりました。

しかし、大本営内部でもこの際ソ連が日中戦争に介入してくるつもりかどうかを確認する意味でも、ソ連と限定的戦闘を行い国境より排除するという考えを持つ者がいました。
さらには関東軍も張鼓峰に参謀を派遣し、ソ連に対して攻撃を主張するものが現れます。

そこで大本営では限定戦闘を本格的戦争に発展させないことを条件に、現地の第十九師団のみを使用するのであれば認めるという態度にでます。
そして、対外的な軍事行動に必要な天皇陛下のご裁可を得るために参内するのですが、外務省、海軍、そして何より天皇陛下ご自身がこれに反対。
結局、参謀本部は作戦行動の中止を命じました。

この命令は現地の第十九師団長尾高亀蔵(おだか かめぞう)中将には不満でした。
目の前でソ連兵が跳梁跋扈しつつある現在、師団としては断固これを撃滅したくなるのは当然のことだったかもしれません。
しかし、大局というものは目の前の出来事だけで計れるものではありません。
尾高中将は歯を食いしばりながらでも撤退するべきでした。

第十九師団の撤退が始まった7月29日、ソ連兵はその鼻先で張鼓峰北方沙草峰(さそうほう)の山頂にまで陣地を築き始めます。
尾高師団長は、これは張鼓峰での一件とは別物であると断じ、朝鮮軍司令部にもその旨を通達。
朝鮮軍司令部も大本営も沙草峰は別個として考慮することを了解するものの、師団が戦闘に入ることは禁じます。
しかし、尾高師団長はこれを無視。
独断で師団に攻撃命令を下しました。

7月31日、第十九師団の一個連隊が張鼓峰付近を占領。
後退したソ連軍は、8月2日になって航空機、戦車、重砲の支援の下で反撃に出ます。
単なる歩兵師団である第十九師団はたちまちのうちに苦境に陥ることになりました。

損害重なる第十九師団は厳しい状況に追い込まれますが、大本営は撤退など認めることはできませんでした。
全滅必至と思われた第十九師団でしたが、この状況を救ったのは日ソの外交交渉でした。
外務省の重光葵(しげみつ まもる)駐ソ大使とソ連のリトビノフ外相との間で停戦交渉が成立したのです。
ソ連側有利の状況でしたが、国際世論がソ連側によくない反応を示し始めていたので、ソ連としても引かざるを得なかったのでした。

結局第十九師団は20%という損害を受け、全滅に等しい被害を受けました。
一師団長の独断は師団の壊滅という事態を生んだのです。
しかし、尾高師団長の独断は不問に付されました。
限定戦闘を主張した参謀も朝鮮軍に戦闘を進言した参謀もなんら責任を問われませんでした。

そして、この張鼓峰事件は関東軍と参謀本部に異なった見解を受け付けてしまいます。
参謀本部は国境紛争については出来るだけ外交交渉で解決し、軍事力の行使を控えようという、きわめて健全な思考を持つに至りますが、関東軍は国境を侵されても逡巡する参謀本部を及び腰と考え、参謀本部は頼りにならず、おのれの実力でソ連軍を打ち砕くのみと考えるようになるのです。

しかも、両者に共通して言えたのが、この事件によってもたらされたソ連軍の実力を検討することをまったくしなかったということでした。

かくしてノモンハンの悲劇は満州の野に醸成されていくことになるのです。

その8へ


明日から四日間連続でSSを一本投下します。
たいしたものではありませんが、楽しんでいただけると嬉しいです。
  1. 2007/08/01(水) 19:30:35|
  2. ノモンハン事件
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア