FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

Uボートを狩る花たち

ツクダの「眼下の敵」のプレイイメージ想像のため(?)、昔読んだ文庫本を再度読み返しています。

タイトルは「地獄の輸送船団」 ブライアン・キャリスン著 ハヤカワ文庫。

これは大西洋をアメリカから英国まで向かう商船船団を描いた小説で、主人公はUボートでも英国護衛艦でもない、単なる商船の乗組員です。

英国商船「オリンピアン」は建造から二十年を経た老朽船。
その一等航海士デヴィッド・エリスはUボートの恐怖に苛まされながらも、黙々と英国へ向かう船団の一員としての任務に全力を尽くす。

幸運に恵まれた船団は、あと少しで英国軍哨戒機の範囲に入るところまで来ており、今晩をしのげば生き残る確率は格段に上がるはずだった。

だが、船団の行く手にはUボートの狼群が待ち構えているはず・・・
オリンピアンとエリスは生き残ることができるのか?

というストーリーなんですが、オリンピアンの所属する船団には商船が三十数隻配属され、それぞれが弾薬、食料、ガソリンなど様々なものを満載して英国に向かっています。
そのいずれもが英国が戦争を遂行する上で欠かせない重要なものですが、その三十数隻の船団を守る護衛艦はたった二隻。

その二隻のうち一隻は遠洋トロール漁船に網の代わりに爆雷投射機をつけたような武装トロール船。
そしてもう一隻が、それよりは大きいとは言え、捕鯨用のキャッチャーボートを基にした「フラワー級コルベット」です。

Uボートの損害著しい1940年ごろ、英国は船団護衛用艦艇の深刻な不足に悩まされていました。
とは言え、各造船所はすでに手一杯の軍艦建造に追われており、護衛用艦艇を建造する能力はありません。

そこで英国は民間造船所でも建造できる簡易型の護衛艦を建造して急場をしのぐことにします。

民間造船所の能力で建造できるように、船体は捕鯨用のキャッチャーボートをベースにし、そこに対潜ソナー(英国ではASDICアスディックと呼びました)を装備。
船首には10.2センチ砲一門。
船尾には爆雷投射機を舷側に向けて二基。
そして対空用に40ミリ機関砲や12.7ミリ四連装機銃のどちらかを装備。

わずか排水量950トンの小さなこの護衛艦が、英国商船団の命綱として船団護衛に付いたのです。

フラワー級というだけあって、船名には花の名がつけられまして、「アネモネ」「サンフラワー」「チューリップ」「カーネーション」などと名付けられたフラワー級コルベットが、大西洋上でUボートと死闘を繰り広げたのでした。

先ほどの小説にも「アップル・ブロッサム」という架空のフラワー級コルベットが登場しますが、それにしてもたった二隻の護衛艦ではいかんともしがたく、船団は次々とUボートに沈められていきます。

1943年になって、アメリカ軍の護衛艦艇が大量に投入されるようになるまで、こういった状況だったんでしょうね。

それではまた。
  1. 2007/07/31(火) 20:53:19|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア