FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

三成に過ぎたるものが・・・

「三成に過ぎたるものが二つあり、島の左近と佐和山のお城」
と、歌に歌われた石田三成の家老が島左近清興(しま さこん きよおき)です。

島左近は大和の国(奈良県)出身(異説あり)の武将であり、代々筒井家の家老でした。

筒井順慶に仕える松倉右近重信とともに、「筒井の右近左近」と呼ばれ、有能な家老としてその名を知られた島左近でしたが、その筒井順慶の死で雲行きが怪しくなりました。

子の筒井定次が後を継ぐと、酒色に溺れるこの若当主に対し、左近は幾度となく諫言いたしますが、一向に聞き入れられず、ついに左近は筒井家を辞去します。

その後いくつかの家に仕官しますが、やはり家老というプライドが邪魔したのか長続きしません。

そんな折、左近に声をかけたのが、あの石田三成でした。

近江水口4万石の城主石田三成は、その所領の半分の2万石を持って招いたといい、秀吉も驚いたと言います。

事務官僚の三成は、自らが不得手としている軍事面の補佐として島左近の名声に惚れ込んだのでしょう。
左近もまた、家老として以前とほぼ同等以上の禄を得ることができ、さらに一花咲かせることができると思ったに違いありません。

こうして二人は主従となり、三成が佐和山城主となった頃、冒頭の歌がうたわれたのです。

秀吉の死後、世間が風雲急を告げてくると、三成と家康は対立します。
左近は家康そのものを除くことで脅威を取り除くことができると、家康暗殺を進言しますが、三成は受け入れませんでした。

しかし、左近は家康暗殺を謀り、その実行も行ないますが、家康に察知され暗殺は失敗。
決着は戦場に移りました。

関ヶ原の戦場で、島左近は勇猛果敢に戦い、東軍の心胆を寒からしめます。
しかし、銃弾が左近を襲い、ついに左近は討ち死に。
西軍も散り散りになって敗走しました。

司馬先生の「関ヶ原」でも主人公扱いされ、TVドラマ化されたときも三船敏郎さんが演じるなど、かっこよく書かれている方ですよね。
これほどまでに名を残せたことは、左近自身にとっても本望だったでしょう。

それではまた。
  1. 2007/07/09(月) 20:59:05|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア