FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

アメリカ南北戦争概略その33

ジョンストンとの一連の戦いの後、シャーマンは自軍をいったんアクワースという町に後退させました。
休養と再編成、さらに物資補給のためでした。

南軍の司令官ジョンストンは、シャーマンの後退が再編成と更なる進軍のための準備であることは当然わかっていましたので、少しでも地保を確保するためにシャーマンの北軍に向かって前進します。
そして、アクワースの南に連なる丘陵地帯に陣を敷きました。

休養と再編を終えたシャーマンは、ジョンストンの南軍と決着をつけるべく、南軍陣地の弱点を探りにかかります。
折りしも1864年6月14日、南軍陣地の中央部パイン山において南軍首脳陣により陣地の状況視察が行なわれておりました。
それを知ったシャーマンはすぐさま砲兵隊に射撃を命じました。
砲弾がパイン山に降りそそぎ、南軍のポーク中将が戦死します。
南軍はまたしても大事な指揮官を失いました。

南軍はポーク将軍を失ったあと、丘陵地帯を放棄して後退します。
結局ケネソー山まで後退したあと、ここで北軍を迎え撃つことにしたのでした。

ケネソー山の防御陣地は強固なものでした。
しかし、シャーマンは今までとは違い、この強固な陣地を正面攻撃で突破するつもりでした。
6月の雨が周辺をぬかるみにしており、迂回行動が難しかったのです。

6月27日、シャーマンは五千五百の兵に陽動攻撃を行なわせ、斜面を登らせます。
激しい銃撃が頂上付近の南軍陣地から浴びせられ、北軍の攻撃は阻まれました。
シャーマンは南軍が陽動攻撃に引き付けられたと見るや、南側で攻撃を開始します。
勇躍突撃する北軍兵士八千。
しかし、ここでも陣地攻撃は損害ばかり多く、得るものは少ないということを実証したに過ぎませんでした。
南軍は秩序だった射撃を北軍兵士に浴びせかけ、北軍は三千の損害を出して追い払われました。
南軍はポーク将軍に対する北軍の砲撃を謀殺同然と感じ、憎しみを抱いていたのです。

シャーマンは陣地攻撃をあきらめ、再び迂回することにしました。
7月に入り、道路事情が改善したのを受け、シャーマンは北軍を南下させます。
ジョンストンはまたしても何度かの陣地変更の後、シャーマンの正面に陣を敷きましたが、そこはもはやジョージア州アトランタの目前でした。

南部諸州同盟大統領ジェファーソン・デイビスは度重なるジョンストンの陣地変更とそれにともなう後退により、これ以上土地を失うのは耐え難いと考えていました。
すでに北軍は大都市アトランタまで来たのです。
アトランタが陥落するような事態はなんとしても防がねばなりませんでした。

7月17日、デイビスはついにジョンストンを解任。
ジョン・ベル・フッド将軍を司令官に任じます。
どうもデイビスは、フッドといいブラッグといいあまりいい指揮官ではない人物に惚れ込むことが多いようで、周囲の評価の良くないフッドを指揮官にしたのは、結果的に誤りだったといわれても仕方ないかもしれません。

ともかくデイビスの信任厚いフッドが指揮官となった時、北軍はアトランタの北を流れるピーチツリー川まで前衛が達していた頃でした。
ピーチツリー川を北軍が越えた時点で反撃をする。
ジョンストンが考えていたこの作戦をフッドは採用します。

フッドは配下の軍団長ハーディー、チーザム、スチュアート(騎兵指揮官のJEB・スチュアートとは別人)に攻撃作戦を指示し、7月20日の午後一時をもって戦闘開始と定めました。
しかし、シャーマンの別働隊の存在を気にしたフッドは、せっかく攻撃配置についていた軍団をずらした挙句、再配置完了の午後4時まで攻撃をできなくしてしまいました。
その時にはピーチツリー川を渡った北軍前衛のフッカーとニュートン隊は防御のための陣を築き、南軍の攻撃を待ち構えていたのです。

南軍の攻撃は激しいものでしたが、やはり防御側が有利であることは疑いありませんでした。
北軍は陣地を支えきり、ピーチツリー川に追い落とされることを防ぎました。
北軍の損害は二千。
南軍は約四千の損害を出して攻撃は頓挫します。

アトランタの運命は風前の灯でした。

その34へ
  1. 2007/05/11(金) 20:41:27|
  2. アメリカ南北戦争概略
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア