fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

夢の不沈艦

北緯41度46分、西経50度14分。

地図を見ていただくとわかると思うんですが、この位置は北大西洋でも結構南寄りです。

英国本土よりはるかに南であり、ニューヨークの沖合いと言っていい位置ですが、ここがあのタイタニックの沈没位置なんですね。

と、言うことは、このあたりまで氷山が流れてくるということです。

そう、氷の塊が、です。

1940年。
フランスはドイツの電撃作戦の前に敗れ去りました。
ドイツはフランスの港という大西洋への出口を得たことになったのです。

そのため、1940年後半より、ドイツのUボートは大西洋での通商破壊活動に猛威を振るうことになります。
英国は非常に苦境に立たされました。

島国である英国は、当然のごとく船舶により必需品を運んでいます。
Uボートはそれら商船を無差別に襲撃して、英国を干上がらせるのです。

原子力潜水艦と違い、当時の潜水艦は可潜艦です。
比較的浅い水深を潜るUボートにとって、一番の脅威は航空機でした。

英国は航空機によってUボートを空から封じ込めたいと考えましたが、当時の英軍の航空機では、航続距離などの関係でどうしても大西洋の中央部には航空機の届かない大きな穴ができてしまいます。

航空母艦があればいいのですが、当時の英国はまだまだ護衛空母もなく、艦隊空母は数が少なくて商船護衛などに振り向けることはできません。

英国はどうにかして北大西洋の中央部に長距離哨戒機を飛ばせる航空基地が欲しかったのです。

そんなときにチャーチルのもとに一つのアイディアが持ち込まれました。

発案者はジェフリー・パイク。
アイディアとは、氷を使って洋上に航空基地を作る。
つまり「氷山空母」を作って、そこを拠点に航空機を飛ばそうというものだったのです。

氷と言っても、普通の氷ではありませんでした。
「パイクリート」と呼ばれるおがくずを一割ぐらい混ぜた水を凍らせたものでした。

これは通常の氷に比べて固く溶けにくいという性質を持っており、これをベースに建造物を作ることは可能と考えられたのです。

計画は「ハバクック(ハボクック)」と呼ばれ、具体的には金属の骨組みにパイクリートでできたブロックを積み上げて行くというものでした。

全長600メートル、最大幅100メートル、排水量200万トンという凄まじく巨大な氷と金属の建造物は、上面が平らに整備され、滑走路として使われます。
もちろんパイクリートと言えども溶けないわけではないため、冷気を循環させて低温を維持するといった工夫もなされる予定でした。

計画では推進器も備えられ、約18ノットの速度で移動し、100機以上の航空機を搭載する海上航空拠点となるというものでした。

アイディアはチャーチルのゴーサインを得て、1943年にカナダで実際に試験が行なわれたそうです。

しかし、当然のごとくいろいろな問題が噴出し、さらには米国の参戦で護衛空母が数多く配備されることなどから、計画は中止。
氷山空母は幻となりました。

ただ、その稀有壮大な着想が仮想戦記などではもてはやされ、小説上では活躍していることもあるようです。

SF好きとしては、地球上ではなく宇宙空間を行く氷の宇宙船であれば溶けることをそれほど心配しなくてもいいのになと思います。

それではまた。
  1. 2007/02/14(水) 21:45:20|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア