FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

ポケットの中の戦艦

第一次世界大戦の終結後、ドイツはヴェルサイユ条約によって、軍備をすごく制限されることになってしまいました。

徴兵制が禁止され、航空機、戦車、潜水艦、航空母艦などは保有することができなくなりました。

さらに参謀本部の解散や、陸軍は総兵力を10万人以下にすること、海軍は戦艦6隻、軽巡洋艦6隻、駆逐艦12隻、水雷艇12隻までとすることも決められました

そして、戦艦の備砲は口径が11インチ(28センチ)以下、排水量は1万トン以下とまで制限されてしまったのです。

これでは無論まともな戦艦など作れるはずもありません。
戦勝国としては、ドイツにまともな戦艦を作らせないのが目的でしたから、その目的は充分に達せられたわけです。

ところがその後、ワシントン及びロンドンの両海軍軍縮条約により、1万トン以下の排水量の補助艦にも各国に制限がかけられます。

つまり、かつての戦勝国であっても、1万トン以下の軍艦は主砲が8インチ(20.3センチ)までという制限が課せられたため、単純に排水量1万トンの軍艦はドイツであれば11インチ砲が搭載できるのに対し、英仏は8インチ砲しか搭載できないという矛盾が起こることになったのです。

無論、英仏は1万トンをはるかに超える戦艦を保有できるのですから、ドイツがいかに1万トンの軍艦で優位に立っても問題ないという考えだったかもしれません。

そこでドイツは排水量1万トンの軍艦には無理としか思えないような能力を盛り込むことにしたのです。

主砲は11インチ砲三連装砲塔が前後に一基ずつ計六門。
速力は当時の高速戦艦(大体23ノットから24ノット)の上をいく28ノット。
防御力は重要部分に対しては8インチ砲弾を跳ね返せるぎりぎりの150ミリ装甲。

つまり、英仏の高速戦艦に対しては、こちらの速度の優位さを持って戦場を離脱し、相手の方が速度が速い重巡を中心とする補助艦艇に対しては圧倒的な砲撃力と、何とか耐えうる防御力を持って砲撃戦を挑み、撃破するという思想でした。

この思想は血の滲むような努力を持って現実の軍艦へと結実します。

英仏を刺激しないように「装甲艦」という艦種名を付けられた一番鑑「ドイッチュラント」は、速度こそ26ノットでしのんだものの、そのほかはほぼ要求どおりの能力を持っておりました。
ただ、排水量だけはどうしても1万トンに抑えることはできず、1万2千トンほどとなっておりました。

ドイッチュラントは当時の海軍常識を覆す軍艦でした。
英仏には事実上対抗できる軍艦がなかったのです。

マスコミはこの艦を「ポケット戦艦」と呼んでその驚きを伝えました。

フランスはすぐに対抗できる艦として戦艦「ダンケルク」級の建造を開始。
ドイツもまたそれに対抗する軍艦を・・・といういつの時代でも見られる建艦競走に入りました。

結局ドイツ海軍は1945年まで戦争はありえないと言っていたヒトラーを信じて、その線にそって軍備を進めていたのですが、1939年に戦争が始まってしまったことで、ほとんど準備のできていない海軍力で戦争をする羽目になりました。

少ない海軍力を有効に使う手段として、ドイツ海軍が取った作戦は通商破壊戦でした。

潜水艦はおろか、「ビスマルク」のような戦艦さえも通商破壊に駆り出したのです。

そんな中、ポケット戦艦の一隻「アドミラル・シェーア」が大西洋などで大きな活躍をした以外はあまり活躍できずに終わりました。

しかし、課せられた制限の中でいかにして有力なものを作るか。
この命題に挑戦した数ある物の中でも、ポケット戦艦は成功作の一つと言っていいのではないでしょうか。

それではまた。
  1. 2007/02/13(火) 21:48:27|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア