FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

熱くなるのもほどほどに

2月に入り、そろそろスポーツシーズンに向けて動き出す時期となってきましたね。

昨年のプロ野球の覇者北海道日本ハムもキャンプに入りましたし、サッカーのコンサドーレも練習に汗を流しています。

ともに熱狂的なファンがいるスポーツですが、とりわけサッカーは世界的にもファンが多く、中には熱狂のあまり、暴力的な行為に走る人もでる場合がありますね。

一人や二人なら何とかなっても、集団の力は怖いものです。
ましてやそれが国家規模になれば・・・

1969年。
今を去ること38年前になりますが、この年、翌年開催が控えていたサッカーメキシコワールドカップの予選が中南米で行なわれておりました。

狭き門である本選出場枠を巡る予選の熱狂は今も変わりません。
ホンジュラスとエルサルバドルという二国も、本選出場をかけて熱い戦いを繰り広げておりました。

一戦目はホンジュラスで行なわれ、ホンジュラスサポーターがエルサルバドル選手の泊まるホテルの前で大騒ぎを行い、一睡もさせなかったために1-0でホンジュラスの勝利となりました。

二戦目はエルサルバドルで行なわれ、今度はエルサルバドルサポーターがホンジュラス選手を眠らせないという行動にでました。
試合は3-0でエルサルバドルの勝利。

ついに三戦目はメキシコという双方とは関係の無い国で行なわれ、ここで3-2でエルサルバドルが勝ちました。

その後エルサルバドルはハイチにも勝利し、ついに本選出場を獲得します。

面白くないのはホンジュラスでした。

前々から、国境線が確定していなくて小競り合いがあっただけではなく、ホンジュラス国内にエルサルバドルの労働者が入り込み、不法滞在と仕事の奪い合いという問題が激化していた折でした。

サッカーの試合に負けたホンジュラスはついにエルサルバドルに国交断絶を通告。
ホンジュラス国内のエルサルバドル人を追放しにかかります。
さらにホンジュラスの国内ではエルサルバドル人に対する暴力も激化。
ついにエルサルバドルは、自国民保護のためにホンジュラスに攻撃を開始します。
史上名高い、「サッカー戦争」の勃発でした。

戦争そのものはやはり血なまぐさく激烈なもので、米州機構や国連が仲介に乗り出し停戦するまでの四日の間に双方で数千人規模の死者がでたそうです。

この戦争ではなんと、ベトナムではF-4ファントムやMigが飛び交い、ミサイルで戦っていたというのに、ホンジュラス空軍のF-4Uコルセアと、エルサルバドル空軍の同じくF-4UとP-51ムスタングという第二次大戦のレシプロ(プロペラ)戦闘機同士が空戦を行い、エルサルバドルのF-4UとP-51が撃墜されたとのことで、この「サッカー戦争」が現在のところ最後のレシプロ機同士の空戦ということになっています。

ホンジュラスとエルサルバドルの険悪な状況はその後も続き、国際司法裁判所の提示した国境線を双方が受け入れて確定したのは、2006年4月のことでありました。(なんと昨年です)

もともと状況的に険悪だった国同士だったのですが、サッカーがきっかけで戦争という状況になってしまったのは悲しいことですね。

くれぐれも熱くなり過ぎないようにしたいものです。

それではまた。
  1. 2007/02/09(金) 20:54:32|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア