fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

昼飯の時間だ

ドイツ陸軍Ⅵ号重戦車。
言わずと知れた「ティーガーⅠ」です。

日本ばかりではなく全世界の戦車ファンにとって、非常に人気のある同車ですが、舞方にとっても好きな戦車の一つですね。

前面装甲厚100ミリ。
側面&後面装甲厚80ミリ。
この側面&後面装甲厚ですら、4号戦車の後期型の前面装甲と同じです。

主砲は高射砲より転用された56口径88ミリ戦車砲kwk36。
無論その威力は折り紙付きでした。

1942年、レニングラード地区において初の実戦参加をしますが、当時のソ連軍の主力戦車たるT-34の76ミリ砲では、相当な近距離に至らなくては正面はもとより側面装甲でさえも撃ちぬけないものでした。

一方ティーガーの主砲の88ミリ砲は1000メートルの距離でT-34の正面装甲を撃ちぬく威力があり、まさに遠距離砲戦をする限りティーガーは一台も失わずにT-34を片っ端から撃破することが(あくまで理論上は)可能だったのです。

しかし、ソ連軍はすべての砲は対戦車砲であるという考えを持っている国です。
45ミリの対戦車砲から、76ミリの野砲、果ては122ミリや150ミリの榴弾砲までもが直接照準でティーガーを狙ってくるのです。

そこでティーガーのマニュアルには「敵に対するときには食事時にしなさい」と書いてありました。

これは敵の食事中に襲撃しろと言っているのではありません。
食事時、すなわち敵を10時半(朝食)1時半(昼食)4時半(間食)7時半(夕食)の方角に置くように車体を調整する、そうすることによってティーガーの垂直装甲は傾斜装甲と同じく敵弾を斜めに受けることになり、見かけの装甲厚が180ミリにも達するため、たとえ150ミリ砲といえども貫通は至難のわざとなるということなのです。

小林源文先生のマンガなどでも、「昼飯の時間にしろ」などというセリフがでてきますが、それはこういうことを意味しているんですね。

ティーガーは精密機械であり、運用にはさまざまな苦労があるのですが、ドイツ軍の戦車兵と整備兵は、それらの苦労をものともせずにこの猛獣を飼いならして使っていったのです。

わずか数両のティーガーは、戦場に姿を見せたとたんに伝説と化し、敵兵の心胆を寒からしめたものでした。

ただ、ティーガーはあまりにも高価に過ぎましたね。
パンター二台分の費用はやはり高かったのでしょう。
生産台数はわずかに1300両ほど。
数がモノを言う戦争という消耗の中では、あまりにも数が少なすぎました。

虎についてはいずれまた書きますね。
それではまた。
  1. 2007/02/03(土) 21:50:02|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア