fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

あの白い船の指揮官

一発単発ネタの短編創作中の舞方です。
数日中には掲載したいなぁ。

連載モノも書かねば。
もう少しお待ち下さいませ。
すみません。m(__)m

さて、先日久し振りに「銀河英雄伝説」のアニメを見るチャンスがあり、ちまちまと第一期を通して見てしまいました。

原作はもうあまりにも有名な小説ですので、いまさら内容については触れませんが、アニメで見るとまた違って見えますよね。

加藤直之氏のイラストをもとにした宇宙艦艇が多種出てくるのが魅力の一つで、機動性に富んだロボット兵器が出てこないのも艦艇の活躍を重視する身としては嬉しいものです。

帝国と同盟の各艦艇のデザインには明確なコンセプトがあり、それぞれのおかれている立場による兵器デザインというものが反映されているのも嬉しいところ。

帝国は貴族制による平民支配の武力的側面として、各艦艇による威圧というものも考慮されているために、大型艦のような一般的には大気圏突入をさせづらいような艦も大気圏突入能力を持っております。

艦列を組んでの大気圏への降下を見せ付けられれば、いやでも帝国の武力というものを見せ付けられるわけですね。

一方同盟のほうは、各艦艇に与えられた命題が帝国の同種艦艇と戦うという誠にすっきりしたものであり、虚飾を一切廃した実用的艦艇に仕上がっています。

必要のない大気圏突入などは行なわない方向であり、それゆえに乗員の搭乗などにはシャトルを使わなくてはなりませんが、できるだけコストを削減することが可能であり、また戦闘用に特化することで充実した火力を発揮できるようになっています。

まあ、デザイン面では空飛ぶシェーバーなどと揶揄されますが、有無を言わせぬ前面への砲門数はすごいものがありますよね。

初期において(架空歴史上ではなく作品で扱われた時期の)大敗を喫するために、同盟軍の艦艇の活躍するシーンというのは限られるのですが、孤軍奮闘のヤン艦隊は何度となく帝国軍と砲火を交えてくれます。

突っ込みどころ満載の作品ではありますが、好きな作品でありますよー。

それではまた。
  1. 2006/11/09(木) 22:14:15|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア