fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

城を枕に討ち死に・・・できないじゃん

元禄十四年(1701年)三月十四日。

江戸城松の廊下において、赤穂藩藩主浅野内匠頭長矩が高家吉良上野介義央に刃傷。

浅野内匠頭長矩は即日切腹。
赤穂藩はお取り潰しとなりました。

赤穂藩は大混乱。
筆頭家老大石内蔵助良雄(おおいしくらのすけよしたか)を初めとする篭城派と、国家老大野黒兵衛(おおのくろべえ)を初めとする恭順派に分かれて論争となりました。

もちろん皆さんご存じの通り、その後大石内蔵助も恭順に賛成し、赤穂城は見事なまでに整理されて引き渡されました。

もっとも、赤穂城は篭城したくても篭城に耐えられる城ではなかったんですね。

赤穂にはもともと城はありませんでした。

浅野内匠頭の祖父浅野長直(あさのながなお)が赤穂へ転封されたときに、幕府に願い出て築城したものとのことです。

ところがこの城は城としては重大な欠点のある城でした。

築城された地は基礎地盤が堆積層ということで、井戸を掘っても水が出ない土地でした。

そのため赤穂城は水源を城の外に求め、その水源から水道を引いて城内に引き入れていたのです。

つまり、篭城したとしても、その水の手を断ち切られた場合、ほぼ確実に早期落城の憂き目を見ることは間違いなかったのです。

関が原から100年。
城も戦闘用ではなく、政庁としての役目しか求められなかったのでしょうね。

赤穂五万七千石は、この後森長直(もりながなお 森蘭丸の弟の子孫)が二万石で入り、幕末まで続くことになります。

それではまた。
  1. 2006/11/06(月) 21:21:20|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア