fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

一石一城の主

まあお判りとは思いますが、表題は駄洒落です。
本来は一国一城の主ですねー。

ところで皆様も時代劇などで大名という殿様が出てくるのを見たことがあると思いますが、大名って何なんでしょう。

江戸期に限りますが、大名とは端的に言って一万石以上の所領を幕府によって認められた武家のことなんですね。
つまり一万石に満たない武家は大名ではありません。
(例外あり)

大は加賀前田家の百万石から、小は一万石の小大名まで千差万別の大名家がおよそ三百。
江戸期全国三百諸侯といわれるものです。

で、この石(こく)と言う単位。
よく時代劇などでも「当家は○○万石の大名家」とか、「×千石の旗本家」とか出てきますけど、いったい一石とはどのくらいなんでしょう。

まあ、ググれば早いわけなんですが、一石=十斗=百升=千合となります。
一合が一人当たりの一食分のお米とほぼ等しく、千合はほぼ一年分のお米の量となります。

また、一升がおよそ1・8リットルであるため、一石=百升=約180リットルとなります。
これをお米の重さにすると、約150キログラム。
一俵60キログラムのお米が約二俵半となります。

つまり、一万石だと約1500トンのお米になるわけですね。
大名家はそのお米を元に生計を成り立たせていたということになります。

ところで、大河ドラマなどで戦国時代の合戦を時たま見かけますよね。
両軍合わせて数万の人間が敵味方に分かれて戦いました。

では、一万石の大名はどれだけの兵士を保持できたのでしょうか?
これはその時々によっても違いますが、およそ二百五十人から三百人といったところでした。

これは大体以下のような計算になります。

先ほど述べたように、一石は一人の人間が一年間食べられるお米の量となります。
つまり、一石が一人を養うのです。

すると、石高=養える人口となりますので、一万石の大名だと、領地で一万人と言うことになります。

もちろん一万人の中には女性がいます。
戦闘に耐えられない子供や老人もいます。
およそ七割の七千人はそういった女性と子供、老人となります。

となると、戦に出られる成人男性は三割の三千人。
しかし、三千人全てを戦に連れて行ってしまっては、領地経営の基本である農業が成り立ちません。
田の面倒を見る人がいなくなってしまいます。

結局、実際に戦に連れ出せるのは三千人の一割。
約三百人ということになるのです。

関が原の戦いのとき、関が原戦場に布陣した石田三成の軍勢はおよそ六千。
三成の所領は近江佐和山十九万四千石。
一万石につき三百人とすると五千九百人ほどでほぼピッタリです。

宇喜田秀家も戦場に一万七千の軍勢を連れてきておりましたが、彼の所領も五十七万石。
ほぼピッタリとなるんですね。

兵士一万人を集めるには、約三十五万石が必要ということで、まさに加賀百万石の戦力の強大さがわかると思います。

まあ、徳川は旗本八万と豪語しておりますので、二百七十万石あったということなんでしょうね。

何となく一石と大名というものがわかっていただければ幸いです。
それではまた。
  1. 2006/10/13(金) 21:52:00|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア