fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

機雷なんて嫌いだぁ

のっけからくだらない駄洒落ですみません。m(__)m
まあ、機雷に当たって死んだりしたら、たいていはこう思うとは思いますが。(笑)

明治37年。
大日本帝国は北方の大国ロシア帝国と戦争状態に入ります。

大陸での戦争であったため、日本は陸軍の兵士や物資は日本海を越えて送り込まなければなりませんでした。
そのため、日本海軍はなんとしても日本海の制海権を確保しなくてはなりませんでした。

当時海軍戦力の中心は戦艦でした。
30センチクラスの主砲を持ち、一万トンを超える大型の戦艦の保有数がそのまま海軍力として計られる時代だったのです。

日本海軍は当時戦艦六隻を中心とした艦隊を一個備えておりました。
このワンセットを揃えるだけでも日本は国力のかなりの部分を傾注し、公務員の給料の一部を戦艦の建造費に当てたぐらいでした。

一方のロシアは戦艦中心の艦隊を二個保有しておりました。

一方は有名なバルチック艦隊。
ただ、最新鋭の戦艦を含んだこの艦隊は、遠くバルト海におりました。
つまり、ヨーロッパを相手にした艦隊でした。

もう一つが旅順艦隊。
旅順という良好な軍港と要塞に護られたこの艦隊もまた戦艦を中心とした日本艦隊に匹敵する艦隊でした。

艦隊の数は二対一。
つまりロシアの方が圧倒的に有利です。
しかし、これを各個撃破できれば、日本にも勝機が生まれます。
このため、日本はまず旅順艦隊を撃破することを考えました。

しかし、ロシア海軍はもちろん各個撃破されることなど望んではおりません。
旅順艦隊(ロシア太平洋艦隊)司令官スタルク中将は艦隊を温存し、やがて太平洋へやってくるバルチック艦隊と合流。
圧倒的艦隊戦力で日本海軍を撃破しようと考えます。

日本軍は駆逐艦の夜襲で敵艦隊を混乱させた上でおびき出し、旅順港外で一気に決着をつけるべく、開戦当初に奇襲を行ないました。

この攻撃で駆逐艦の魚雷により、ロシア海軍の戦艦数隻に損傷を与えたものの、ロシア艦隊はかえって出撃してこなくなってしまいます。

そこで日本海軍は今度は旅順軍港の口を閉ざそうとしますがこれも失敗。

しかし、一方的に攻撃を受けていたロシア艦隊は士気が低下しスタルク中将は解任されます。

後を継いだのが名提督と名高いマカロフ中将でした。

マカロフ提督は水兵からのたたき上げで、実績は抜群。
提督となったのも引き立てなどではなく実力でした。

また、二度の世界一周航海や北極圏の航海など海洋冒険家としても名高く、海洋学者としても著名でした。

さらに海軍戦術の大家であり、日本の東郷提督始め、主だった海軍軍人はその著書を愛読していたといわれます。

そんな実力家のマカロフ提督は、着任と同時にロシア艦隊を立て直します。
水兵たちはマカロフの着任を喜び、士気は瞬く間に上昇。
マカロフも艦隊保全よりも一戦交えることを計画します。

一方日本艦隊は旅順港内へ戦艦の主砲による間接砲撃を実施しておりましたが、港内を観測できる観測所が無いため、めくら撃ちにならざるを得ませんでした。
(この観測所が欲しいので陸軍に203高地を落として欲しかったんですね)

マカロフはこれに対しても、観測所を設けて逆に港内の戦艦群から間接射撃を行なって、日本艦隊を追い払います。

日本はここにいたり二回目の旅順閉塞作戦を行いますがこれも失敗。
ついに港の入り口に機雷を敷設することにしました。

明治37年4月13日。
偵察に出てきたロシア駆逐艦が機雷敷設支援中の日本の駆逐艦に攻撃を受け撃沈されます。

これにマカロフは怒り、巡洋艦を差し向けて日本軍の駆逐艦を蹴散らそうとしました。
一方日本軍も巡洋艦隊が応戦、マカロフはついに自ら戦艦群を率いて出港します。

日本軍はしめたとばかりに旅順艦隊を戦艦部隊の方へ引き寄せようと画策。
マカロフもそれに応じ、港外へ出撃。
日本軍の戦艦隊と遭遇します。

遠距離砲戦は双方ともに損害少なく、マカロフは避退のために旅順港へ戻ろうとしました。

無事に旅順港へ戻ってきたその時、マカロフの乗る旗艦ペトロパブロフスクが機雷に接触。
轟音とともに爆沈します。

マカロフの死はロシア艦隊に大衝撃を与え、以後旅順艦隊は旅順港から出なくなってしまいました。

この引きこもり状態のロシア艦隊を排除するために、旅順攻撃が行なわれることになるのですが、それはまたいずれ。

それではまた。
  1. 2006/10/06(金) 22:28:01|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア