FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

えっ? 航空戦艦?

昭和17年(1942年)。
ミッドウェー島沖において大日本帝国海軍の誇る南雲機動部隊に所属する航空母艦「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」の四隻は、まさに奢りとも言うべきミスによって失われました。

空母戦力を失った日本は商船改造や水上機母艦の改装などで必死に空母戦力の増強を図ります。

航空機が戦力の中心となったこの時期、戦艦の価値は半減し、もはや戦力の中心とはなれなくなってしまっていました。

そこで日本海軍は思い切って戦艦を改装し、空母の補助として使用することを決めました。

その第一弾として選ばれたのが伊勢型戦艦でした。

36センチ砲を十二門も搭載した超弩級戦艦として建造された伊勢型は日本戦艦の中でも屈指の砲撃力を持っていましたが、そのうちの後部砲塔を撤去し、飛行甲板を取り付けて彗星艦爆を発艦だけさせることにしたのです。

発艦し、攻撃をしたあとは味方の空母に帰還することになっていましたが、結局彗星の搭載はあきらめ、瑞雲水上攻撃機を搭載する計画に変更になります。

しかし、その瑞雲も完成が遅れに遅れ、結局飛行甲板は搭載機を乗せることがほとんどできませんでした。

飛行甲板の設置とともに行なわれた対空防御装備の増加により、対空艦としての能力を買われた伊勢型は、レイテ沖海戦において小沢中将のおとり機動部隊の一員として参加します。

航空機の無い機動部隊は小沢中将指揮の下、アメリカの機動部隊をひきつけます。

猛烈な空襲下で小沢中将の座上する瑞鶴をはじめ、航空母艦はすべて沈没。

しかし、その猛烈な対空砲火に恐れをなしたのか、伊勢と日向は生き残りました。

その後終戦までほとんど浮き砲台と化してしまった二隻は、大破着底して戦後を迎えます。

計画と実際のずれが浮き彫りになったような二隻の運命ですが、これもまた当時の日本のおかれていた状況の悪さだったんでしょうね。

それではまた。

[えっ? 航空戦艦?]の続きを読む
  1. 2006/02/05(日) 23:35:52|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア