FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

日本最多

2378両。
日本最多の生産数。

一万両という単位で生産されたM4やT-34に比べれば微々たる数ですが、それでも昭和11年から18年までの間、乏しい工業力をフル活動させ生産された日本最多の戦車が95式軽戦車でした。

日本最初の国産戦車89式中戦車は、確かに国産戦車として申し分ない実力を持った戦車でしたが、いかんせん速度が遅く、トラックに乗った歩兵に置いて行かれてしまうこともしばしばでした。

89式中戦車の行動力に合わせると、今度は機動性が阻害され、機動戦力としての能力を発揮できなくなってしまいます。

そこで大日本帝国陸軍は速度の速い機動戦車としての高速戦車を開発することにしました。

その結果試作されたのがのちの95式軽戦車です。

設計から試作までの時間が短かったわりには、この戦車は試験結果が良好で、機動性能も目標を超えるようなものでした。

しかし、重量が7・5トンを超えてしまい、日本の道路事情や港湾の荷揚げ能力などに負担が掛かってしまうため、一グラムでも軽くすることが命じられました。

日本はインフラが貧弱で重い戦車というのはそれだけで行動に制約を受けたのですね。

このため95式軽戦車も、速度、攻撃力を維持したまま軽くするとなると、装甲が薄い状態で我慢するしかありませんでした。

騎兵部隊の代表は、機動力を重視する騎兵部隊の偵察用車両としてならOKということでGOサインを出します。

しかし、戦車部隊の代表は、いくら機動力があっても、歩兵の支援や敵陣の突破には正面から敵弾を受けなければならないため、装甲を現状の最大12ミリから最大30ミリに増加して欲しいと願いました。

しかし、そうなると機動力は極端に悪くなり、重量もかさみ、経費もかかるため数を揃えられないというジレンマに陥ることになりました。

結局、ないよりはあった方がいいだろうという極端な判断により、装甲厚12ミリのまま95式軽戦車は正式採用となりました。

日中戦争においては、95式軽戦車は信頼性の高いエンジンやその高機動力と、中国軍の対戦車戦力の乏しさにより、予想以上の活躍を収めます。

太平洋戦争の緒戦においても、連合軍のアジアにおける戦車戦力の乏しさにより、マレー半島などでは猛進撃を行い活躍をしました。

しかし、主砲の37ミリ砲は火薬を減らした弱装弾しか撃てない上に装甲の薄さが致命的となり、連合軍が戦車戦力を充実させるにしたがって一方的に破壊されることが多くなってしまいます。

戦争後半はまさに鉄の棺おけ状態となり、いかに超人的な努力で神業的な技量を戦車兵が発揮しようとも、連合軍の戦車には歯が立たなくなってしまいました。

確かに装甲の薄さといい、攻撃力の貧弱さといい、日本戦車の弱い面の代表的な部分を持った戦車です。

しかし、95式軽戦車が正式採用された頃には、イギリスもドイツも機関銃装備型の戦車を配備していたことを考えると、決して開発当時は劣った戦車ではありませんでした。

装甲の薄さも日本やアジアの不足したインフラ状況では、運用面を考慮するとやむを得ない部分もありました。

そして何より空冷ディーゼルエンジンの信頼性の高さは、精密さを重視するあまり、芸術品になってしまいがちな日本の兵器としては、破格の稼働率を生み出しました。

95式軽戦車が背負った弱点というのは、ひとえに日本が背負っていた国力の弱点であり、95式軽戦車自体に帰すべきものではなく、その意味でも95式軽戦車は優秀な戦車ということができるでしょう。

惜しむらくは、日本の全ての兵器開発にいえることですが、後継兵器が開発できなくて、世代が変わっている兵器に立ち向かわなければならなかったということでしょう。

それもやはり国力という枷の問題だったのでしょうね。
それではまた。

[日本最多]の続きを読む
  1. 2006/02/04(土) 21:58:33|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア