fc2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

冬戦争

雪がすごいですねぇ。
私の住む北の大地も本州に日本海側ほどではないのでしょうが雪が多いです。
おかげで道路は通常二車線確保できているところが、一車線状態となりすれ違うことさえ困難です。
雪かきをしても雪捨て場に困る有様。
本州の豪雪に悩まされている方々に改めてお見舞い申し上げます。

きっとこの豪雪は1939年にフィンランドに攻め込んだソ連軍兵士も同じようにうんざりしたんでしょうね。

のちに冬戦争と呼ばれたこの戦争は、ドイツがポーランドを降伏させ支配地を増やして行くのを見たスターリンが、レニングラードを大砲の射程内に収める位置にフィンランドの国境があるのは許せんとして、フィンランドに領土の割譲を求めたのが発端でした。

もちろんスターリンとて無償でフィンランドが領土割譲に応じるとは思っていません。
割譲される領土の約二倍もの土地を、ソ連北部の不毛な領土からフィンランドにくれてやると豪語します。

ところが当然ながらそのスターリンの太っ腹な都合の良い提案はフィンランド政府によって拒否されます。
怒ったスターリンは実力行使に出、ここに冬戦争が勃発します。

スターリンの元に寄せられていた報告では弱小といわれていたフィンランド陸軍は、鎧袖一触でソ連軍の大軍団に蹴散らされる予定でした。

兵員50から60万人。
戦車1500両。
航空機800機。
これだけの数を用意したソ連軍に対し、フィンランド軍は絶望的な戦力しか持ち合わせてはいませんでした。
兵員こそ約30万人ほどかき集めたものの、戦車は数十両、航空機も数十機しかなく、火砲もほとんど装備されていませんでした。

世界はポーランドと同様にフィンランドも軍事大国であるソ連に飲み込まれてしまうに違いないと思っていました。
ソ連軍もこの戦争はあっけなく決着が付くものと思い、さほど準備をせずに戦争に突入しました。
11月の30日に開戦だというのに、一部のソ連軍は夏服装備だったり、北のフィンランドで戦うというのに南部ウクライナ地方の兵士で編成した部隊を投入したりしていたのです。

一方フィンランドはマンネルヘイム司令官の下、ゲリラ戦術でソ連軍をあちこちで分断。
小部隊に分散させられたソ連軍は各地で撃破され、それ以上に寒さと雪によって凍死する兵士が続出しました。
フィンランド軍は村々を焼き、ソ連軍に休息する場所を与えませんでした。
ソ連軍は戦車部隊丸ごとや歩兵部隊丸ごとが雪の中で凍えながら死を迎えていったのです。

さすがのスターリンもこれには驚き、上層部を一新。
部隊を後退させて再編成し、再度侵攻します。

結局フィンランドは粘りに粘った挙句ソ連軍と講和。
講和条件は戦争前より厳しいものでしたが、フィンランドは受け入れざるを得ませんでした。

しかし、小国フィンランドの驚異的な粘りは世界に衝撃を与えると同時に、ヒトラーにソ連軍恐れるに足らずの意識を植え付けてしまったのです。

二年後、1941年にドイツ軍がソ連に侵攻した時、冬を迎えるに当たってドイツ軍はソ連軍が冬まで粘るとは思っていなかったし、ソ連軍はフィンランドに教えられた雪中のゲリラ戦を展開しドイツ軍を苦しめるという状況になりました。

もしかしたらこの冬戦争が無ければ、ドイツ軍はソ連に攻め込まなかったかもしれないんですね。

それではまた。

[冬戦争]の続きを読む
  1. 2006/01/08(日) 22:52:59|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

時計

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア