FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

そんなはずは・・・

1940年5月。
ヒトラーはフランス侵攻作戦、いわゆる「黄色の場合」を発動します。

マンシュタイン将軍の発案によって、ドイツ軍は従来行動不可能と考えられていたアルデンヌ森林地帯を装甲部隊により突破するという大胆不敵の行動をとります。

オランダ、及びベルギーを突破してくるであろうと思っていたフランス軍は、主力をベルギー国境方面に貼り付けておりました。
当然大規模な装甲部隊は突破できないと思い込んでいたアルデンヌ森林地帯方面には、警戒のためのごく一部の部隊が配備されているだけでした。

当時装甲部隊の陣地突破には、重砲部隊が後続し、支援砲撃を行なうことが必要であると思われておりました。
戦車だけなら少数は突破してきても、陣地によってこれを防ぐことができ、時間を稼いでいる間に味方増援部隊が来援できると考えていたのです。

もちろんドイツ軍もアルデンヌ森林地帯の装甲部隊の進撃には問題があること、それ以上に重砲部隊は身動きが取れないであろうこともわかっていました。
そのために一度は無謀な計画として退けられたのですが、ある事件とヒトラーの冒険好きな性格とが相まってマンシュタインプランは採用されました。

ドイツ軍は身動きの取れない重砲部隊の代わりに、シュツーカを使うことでその問題を解決することにしました。
急降下爆撃はある意味ピンポイントで目標を攻撃できるため、重砲よりも目標を破壊できる確率は高く、近接支援任務にはうってつけでした。
ドイツ軍はこのシュツーカと装甲部隊という取り合わせで、突破不可能と信じられていたアルデンヌの森林地帯を突破してきたのです。

フランス軍はまったく対応できませんでした。
国境線は瞬く間に突破され、助攻として行なわれたオランダ、ベルギー侵攻に目を奪われ主力をそちらに差し向けているうちに後方を遮断されるという羽目に陥りました。
わずかな部隊だけが果敢にもドイツ軍に抵抗しましたが、それも蟷螂の斧。
フランスは1940年6月22日、ドイツ軍に降伏します。
ヨーロッパ随一の強国。
最大の陸軍国フランスはわずか45日で崩壊しました。

ドイツ軍の思いもよらない奇襲攻撃が最大の効果を上げてこういった結果をもたらしたわけですが、逆に言えばフランス軍の思い込みというか硬直した思考がフランスを崩壊させたとも言えるでしょう。

軍事に限らず、思考の硬直はいい結果を生まないということなんでしょうね。

[そんなはずは・・・]の続きを読む
  1. 2005/12/21(水) 22:30:50|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア