FC2ブログ

舞方雅人の趣味の世界

あるSS書きの日々

えーい、くれてやれ!

第二次世界大戦中にアメリカは自由世界の武器工場として、大量の武器弾薬、被服、食料などを同盟国に供与しました。
その供与先は多岐に渡り、イギリス、自由フランス、ソ連、中国国民党などがその恩恵にあずかりました。
中でも対ドイツ戦の勝敗の八割を担うと思われたソ連に対しては多大な供与を行い戦争を遂行させ続けたと言っても過言ではないでしょう。

レンドリース法を制定したアメリカはソ連援助のためにさまざまな物資をUボートの危険を顧みずに送り続けました。
もちろんリース契約であり、戦争終結後はソ連が相応の代価を支払うことになっていたのですが、冷戦が始まったことでうやむやになってしまったようです。

その援助はまさしくソ連の戦争経済を支えていたと言ってもよく、戦車、航空機、トラック、ジープ、銃、靴、軍服、ガソリン、食料、その他あらゆる物を送り込んでいたのです。
あるソ連軍部隊などは、ソ連製品は人間だけという部隊まであったとのことです。

もちろんその後の冷戦下のソ連では、これらのアメリカからの援助物資はさほどの量ではなく、ドイツを打倒したのはソ連製の兵器や物資であるといいました。
確かに戦車も航空機もソ連軍内の一割程度がアメリカ及びイギリス製であっただけであり、ソ連の言い分は一面の真実ではありますが、戦車や航空機以外の補助戦力を支えていたのはアメリカからの物資だったといえるでしょう。

一例を挙げれば、ソ連軍の物資輸送に使われたトラックはまずほとんどがアメリカ製であり、40万両以上が送られたのです。
そのためソ連の車両工場はトラックを作らなくてもよく、その分戦車を作ることができたんですね。

また鉄道用のレールは50万トン、その上を走る機関車多数、ソ連兵一人一人にいきわたる充分な量の食料そういったものが全てアメリカ製でした。
航空機を飛ばすための高オクタン価のガソリンもアメリカ製で、ソ連の航空機はほとんどアメリカの燃料で飛んでいたのです。

トラックや鉄道、さまざまな工作機械は大戦後のソ連の再建に多大な貢献をし、アメリカとの冷戦に臨むことができたのですね。

まあ、一時に送られたわけではありませんが、40万両のトラックということは、その運転手だけで40個師団を編成できるわけでして、アメリカの物量のすさまじさを垣間見ることができますね。

それではまた。

[えーい、くれてやれ!]の続きを読む
  1. 2005/11/12(土) 22:29:01|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

AquariumClock 2

プロフィール

舞方雅人

Author:舞方雅人
(まいかた まさと)と読みます。
北海道に住む悪堕ち大好き親父です。
このブログは、私の好きなゲームやマンガなどの趣味や洗脳・改造・悪堕ちなどの自作SSの発表の場となっております。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

ブログバナー


バナー画像です。 リンク用にご使用くださってもOKです。

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人にメールなどを送りたい方はこちらからどうぞ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ランキング

ランキングです。 来たついでに押してみてくださいねー。

フリーエリア

SEO対策: SEO対策:洗脳 SEO対策:改造 SEO対策:歴史 SEO対策:軍事

フリーエリア